キヤノンEOS R5購入記【vol.2】キヤノンがバケモノスペックミラーレスを発表!

カメラ機材オタクのぴぴと申します。

今回もキヤノンの新型ミラーレスカメラ『キヤノンEOS R5』の購入記を書いていきたいと思います。

キヤノンEOS R5購入記【vol.1】はこちらから。

キヤノンEOS R5購入記【vol.1】ソニーα7RⅢに代わるミラーレスを探す!

2020年7月28日

キヤノンがバケモノスペックの『EOS R5』の開発を発表!

ソニーαシリーズの躍進によりキヤノンからマウント変更をするアマチュアカメラマンが続出し、2020年2月13日キヤノンは本気のミラーレスカメラの開発を発表することになります。

それがキヤノンEOS R5。

蛇足

最近のカメラ業界で使われるこの『開発発表』という言葉、本来は極秘に進めたい新製品の開発をメーカー自らが開示しています。

流れとしてはこんなイメージ。

開発発表

発売発表

発売

メーカーが正式に開発を発表することで、他社への流出を防ぐ効果があると思われ、私たちユーザーとしても安心してその製品の発売を待つことができます。

2月13日キヤノン発表

キヤノンはEOS R5のスペックを少しずつ開示していきます。

まずは2月13日に以下を発表。

  • メカシャッターで最高秒間12コマ電子シャッターで最高秒間20コマ
  • 8K動画の撮影
  • ボディ内手ぶれ補正をキヤノンとして初搭載

EOS5D MarkⅣでレーシングマシンを流し撮りするときの数少ない不満点が秒間7コマの連写ですが、EOS R5では一眼レフ機と違いミラーを動かす必要がないため連写には有利で、秒間12コマと申し分ない速さ。

高速連写機として売り出したEOS7D MarkⅡの秒間10コマをも超えています。

しかもキヤノンのレンズ交換式カメラとして、初めてボディ内手ぶれ補正が搭載されます。

この時点ですでに購入を決めました!!

3月13日キヤノン発表

3月13日キヤノン発表では主に動画性能についてでした。

  • 8K動画撮影フレームレート29.97fps
  • 8K動画撮影水平方向クロップなしでの撮影可能
  • 8K動画撮影全モードでデュアルピクセルCMOS AFが可能
  • 犬・猫・鳥の全身・顔・瞳オートフォーカスに対応

スチール撮影中心で動画はほぼ撮影しない私は、この8K撮影可能との発表から4000万画素以上の相当な高画素機が期待できると断定でき、大きくクロップしても画質が落ちる心配もなく、きれいなレースクイーンのおねえさんもより高精細に撮影できます。

少しずつ内容が明らかになるにつれて、その仕様がキヤノンが本気でソニーαシリーズを凌駕していることがわかり始めます。

もう心は決まっています!

買います!

買います!

買いまーす!

4月21日キヤノン発表

4月21日の発表では、以下のとおり。

  • 4K動画でフレームレート119.88fpsに対応
  • 8K動画でフレームレート29.97fpsに対応
  • RAW動画撮影に対応
  • ボディ内5軸手ぶれ補正がレンズ手ぶれ補正との協調制御に対応

すでに発表されていたとおりボディ内手ぶれ補正が搭載されますが、それにプラスしてレンズの手ぶれ補正との協調制御をおこなってくれるとのことで、手ぶれ補正は最大で8段分!とのこと。

カメラ業界初の機能で、もはや三脚も要らなくなるのでは?

いやーすごいカメラだ!!

キヤノン EOS R5がついに発表!

そして2020年7月9日、キヤノンは満を辞してEOS R5の発売を発表しました。

発売を前にして試作機がさまざまなメディアに貸し出され、動画や雑誌を介して新たな情報が入ります。

モータースポーツカメラマンがもっとも気にするオートフォーカススピードは、世界最速の約0.05秒!

ボディはEOS上級機では標準となるマグネシウム合金を採用し、雨のレースでも安心の防塵防滴仕様で、EOS Rで省略されていたマルチコントローラーもEOS5D MarkⅣ同様に装備されます。

コレならばソニーα7RⅢからの代替えはもちろんのこと、EOS5D MarkⅣを売却し、EOS R5の一本化も十分に考えられます。

ということで、発表日の2020年7月9日に地方の味方であるカメラのキタムラネットショップで購入ボタンをクリック!

46万円余りをワンクリックと考えると恐ろしいのですが、買わない選択はないため躊躇することなくすんなり購入ボタンを押せました。

ただでさえスマートフォンに押され気味で不況のカメラ業界ですが、突然世界を席巻した新型コロナウイルスによる不況も大きな打撃となり、カメラ業界は風前の灯。

そんな中EOS R5だけはとんでもなく注文が入っているらしい・・・ということは発表日に購入した私のEOS R5も2020年7月30日の発売日に手にすることはできないのかも!?

EOS R5スペック表

タイプミラーレス
マウントキヤノンRFマウント
有効画素数4500万画素
撮像素子36mm×24mm
CMOS
撮影感度標準:ISO100~51200
拡張:ISO50、102400
連写撮影メカシャッター:秒間12コマ
電子シャッター:秒間20コマ
シャッタースピードメカ:1/8000秒~30秒
電子:1/8000秒~0.5秒
ファインダー形式有機ELカラー電子ビューファインダー
ファインダー視野率(上下/左右)100/100
液晶モニター3.2インチ
210万ドット
専用電池型番LP-E6NH
スロットダブルスロット
CFexpressカードTypeB / SDカード

ということで今回はEOS R5の注文までを書いてみました。

さて、次のページでは購入したEOS R5の到着を待ち、レビューをしてみたいと思います。

2020年7月30日の発売日に来てくれー!!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す