【日記21】2020年スーパーGT第5戦の観戦スケージュールを考える

最近はスーパーGT第5戦のことばかりを書いているが、本日もその話題。

だって新型コロナウイルスの影響で10ヶ月以上待った観戦だから、当然気合も入るでしょ!?

ということで今回は発表されているタイムスケジュールを見ながら、私の観戦(撮影)スケジュールを考えて行こうと思う。

まずは土曜、予選日のタイムスケジュールがこちら。

時間イベント
4:30ゲートオープン
8:20~8:50FIA-F4 公式予選
9:15~10:45スーパーGT 公式練習(GT500・GT300)
10:45~10:55スーパーGT 公式練習(GT300)
10:55~11:05スーパーGT 公式練習(GT500)
12:30~FIA-F4 第1戦(14周または30分間)
14:00~14:10スーパーGT 公式予選Q1 GT300 A組
14:18~14:28スーパーGT 公式予選Q1 GT300 B組
14:33~14:43スーパーGT 公式予選Q1 GT500
14:53~15:03スーパーGT 公式予選Q2 GT300
15:11~15:21スーパーGT 公式予選Q2 GT500
16:00~FIA-F4 第2戦(14周または30分間)

FIA-F4の予選が始まるのが8時20分だが、予選は観なくてもいいかな。

必ず観たいのが9時15分からのスーパーGTフリー走行なので、これに間に合うよう9時前には駐車場に到着しておきたい。

ダンロップコーナー

そのスーパーGTフリー走行は、まずダンロップコーナーで今回1番の目的であるGRスープラの前面からの写真を撮りたい。

スープラコーナー

1時間ほど撮影した後、GRスープラコーナー(旧レクサスコーナー、旧の旧ネッツコーナー・・・このコーナーの名称はよく変わるなあ)に移動して、スローシャッターで思いっきり流し撮りをしよう。

その後はイベント広場で各ブースを回りながら展示マシンのチェック。

そして例年夏の富士スピードウェイでのレースでは、エアレースパイロットの室屋義秀選手がデモ飛行をするのだが、今回もまた観ることができる。

時間は発表されていないが、タイムスケジュールの時間からおそらく12時前後と推測できるので、その時間は必ずグランドスタンド2階の指定席で観たい。

その後はランチの買い出しをし、グランドスタンド2階でランチをしながらFIA-F4の決勝を観ることにする。

そしてこの日のメインイベントであるスーパーGT公式予選も、グランドスタンドでピエール北川アナウンサーの実況を聞きながら盛り上がろうと思う。

やはり予選は1台1台タイムを出すたびにファンが一喜一憂するので、必ずグランドスタンドで観たい。

16時からのFIA-F4第2戦は気が向いたら観ることにして、帰宅の途につく。

そして日曜、決勝日のタイムスケジュールがこちら。

時間イベント
9:45~FIA-F4 第3戦(14周または30分間)
12:10~12:30スーパーGT ウォームアップ走行
12:30~13:30スーパーGT スタート進行
13:30~スーパーGT 決勝レース(300km/66周)

日曜日は10時ごろにサーキットに到着する。

イベント広場をぶらぶらし室屋義秀選手のデモ飛行は12時前後と予測するので、それまでにグランドスタンド2階に移動。

1・2コーナー

その後から開始される20分のウォームアップ走行を、土曜日に行けなかったお気に入りの1・2コーナー内側で撮影し、終わったらすぐにグランドスタンド2階に戻りスタート進行。

そのまま13時30分のスタートから15周ほどグランドスタンド2階で観覧し、レースが落ち着いてきたらダンロップコーナー→GRスープラコーナーと撮影し、グランドスタンドに戻ってレースフィニッシュを観る。

2019年第2戦のフィニッシュシーン(グランドスタンドから)

今回はブログで書くことでもないのだが、待ちに待った今年初めての観戦が楽しみでならないので少し書かせてもらった。

さあ、あと1週間!

来週の今はサーキットでスーパーGTのマシンが走行しているところを観戦できると思うと楽しみで仕方がない!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す