人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

静岡の“超定番”新幹線撮影スポット紹介【まとめ】

のぞみ号に無視された県として有名な静岡だが、自然豊かな当地は、のぞみをはじめとした東海道新幹線の撮影スポットが多く点在する。

特に、富士山や茶畑を背景にした撮影など、有名スポットが点在する静岡は全国各地の撮り鉄が憧れてやまない。

そこで今回は、静岡県在住の撮り鉄であら私が、静岡の超定番新幹線撮影スポットを紹介してみたいと思う。

新幹線と富士山【富士市藤岡】

静岡県といえば富士山。

その富士山を背景に新幹線を撮影できる場所といえば、富士市藤岡の東部市民プラザ近くのこのスポットだろう。

上の写真は、そこから数十mほどの場所から撮影したのだが、東海道新幹線を紹介するポスターなどで、多くの方がこのアングルの写真を見たことがあると思う。

天気の良い週末になると、道路沿いには多くのカメラマンが三脚を設置して撮影に励んでいる、静岡一いや東海道新幹線No.1の撮影スポットだ。

一年を通じて撮影ができるが、富士山に雪が積もる秋から翌春までがおすすめで、特にレンゲが咲く4月や田んぼに水が張る5月がより写真映えするだろう。

35mm換算で70mmから120mmほどの焦点距離のレンズでの撮影が一般的だ。

撮影スポットへのアクセス

最寄駅は岳南電車の岳南富士岡駅で、駅から南下し徒歩で約18分で撮影スポットに到着する。

東海道本線の最寄駅は吉原駅で35分ほど歩く。

詳しい記事

富士市藤岡の撮影スポットについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照願いたい。

富士川橋梁を渡る新幹線と富士山【富士市中之郷】

富士山をバックに新幹線を撮影できるスポットとして、最初に紹介した場所とともに有名な撮影地といえば富士川橋梁だ。

場所は、富士川の西側河川敷から河原に降りたところから、広角寄りのレンズでの撮影がもっともポピュラーで、上の写真のように富士川橋梁を渡る新幹線の下に富士山を入れるのが、もっとも一般的な構図になる。

その他にも、やや離れて鉄橋の上に富士山を入れる構図も絵になる。

鉄橋に近づいて撮影するのなら広角域の焦点距離を、離れて撮影するのならば標準から望遠のレンズを使用すると良いだろう。

撮影スポットへのアクセス

最寄駅は東海道本線の富士川駅で、徒歩で20分ほど歩けば到着する。

またこの場所は富士川河川敷にあるため、駐車場にも困ることはないため、クルマでのアクセスも容易だ。

詳しい記事

富士川橋梁の撮影スポットについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照願いたい。

用宗の急カーブ【静岡市駿河区用宗】

東海道新幹線の下り列車に乗り、静岡駅を過ぎて安倍川を渡った先に、『左富士』と呼ばれる富士山を左側の窓から見られる有名なポイントがあるが、その先の急カーブも有名な新幹線撮影スポットだ。

アングルはさまざまあるが、一番有名な場所はカーブの先にあるトンネルの脇からの撮影で、上の写真のような構図になる。

ただし下り列車は架線柱が邪魔をする影響で、超望遠レンズが必須となる。

しかしトンネル脇のこの場所は雨の日など非常に滑りやすいため、安全を考慮するのであればトンネルの上を走る道路で撮影するのがおすすめだ。

空気の澄んだ日には富士山が見えることもあるため、この場所でも新幹線と富士山を同時に写真に収めることができる。

トンネル脇での撮影では300mmから400mm(35mm換算)の超望遠を、上の道路からの撮影では50mmから70mmの標準やや望遠よりのレンズを持っていくと良いだろう。

撮影スポットへのアクセス

最寄駅は東海道本線の用宗駅で、途中から山を登り15分ほど歩くと撮影地に到着する。

菊川のお立ち台【菊川市堀之内】

静岡県はお茶の生産量で全国第1位を誇るが、中でも特にお茶の生産が盛んなのが牧之原台地。

その牧之原台地の茶畑をバックに撮影できるのが、菊川のお立ち台(堀之内のお立ち台)で、東海道新幹線の撮影地として撮り鉄のあいだでは知らぬ者がいないほど有名なスポットだ。

小高い丘が線路脇にあり、その丘がひな壇状になっており、低い位置から高い位置までさまざまなアングルでトンネルを抜けた新幹線を最後尾まで画角に収めることができる。

収容人数は10-15人ほどだが、有名撮影地だけありドクターイエローの通過時にはかなりの人数になるため、早めの現地入りが望まれる。

使用レンズは中望遠から望遠域の焦点距離のものがいいだろう。

撮影スポットへのアクセス

最寄駅は東海道本線の菊川駅。そこから徒歩で20分ほどで撮影地に到着する。

詳しい記事

菊川のお立ち台について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照願いたい。

駅撮影の超定番浜松駅【浜松市中区砂山町】

気軽に新幹線を撮影できる場所は何と言っても駅だろう。

猛スピードで走り去る新幹線を一瞬で仕留める沿線での撮影よりも、ゆっくりと向かってくる駅での撮影は楽で、構図に十分気を配ることができる。

そんな東海道新幹線での駅撮影で、もっとも有名なのが浜松駅だ。

浜松駅の線形は、侵入から駅構内まで、新幹線としてはかなり急な半径2200mのカーブになっている。

そのため16両編成の長さを強調した写真に仕上がる。

また通過線では、ややスピードを落としながらも猛スピードで駆け抜ける新幹線を、大迫力で見ることができるのだ。

私のおすすめは上りホームの両端。

レンズは圧縮効果を狙って超望遠で撮影したい。

詳しい記事

浜松駅での作例など、詳しくは下記の記事をご覧いただきたい。

まとめ

ということで、今回は静岡県の新幹線撮影スポットを紹介してみた。

富士山や茶畑など、自然が豊富な静岡県は、新幹線撮影スポットが至るところに点在するため、鉄道写真を趣味とする方は、ぜひともこの静岡で新幹線を撮影してみてほしい。

ちなみに新幹線でお越しの際は、ひかりかこだまにご乗車ください。

静岡にとってのぞみは乗車するものではなく、撮影するものなので・・・。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

53人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS