人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

ミニカーで振り返るF1マシン

1950年からはじまったF1世界選手権は2020年に70周年を迎え、その長い歴史の中で多くのレーシングマシンがグランプリに参戦した。

このページでは、そのF1マシンのミニカーを本物のように撮影し、現役時代を振り返った記事をまとめてみた。

写真をクリックすると詳しい記事にジャンプします。

チーム別

フェラーリ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イタリア1950年-16回15回

F1を代表するコンストラクターで、F1がはじまった1950年から唯一参戦しているチームで、コンストラクターズおよびドライバーズタイトルの獲得数は最多。

ミニカーの世界でももっとも人気があり、当ブログでも多くのモデルを紹介している。

赤いボディカラーが特徴だが、年代によりその色は変化している。

マクラーレン

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1966年-8回12回

F1界ではフェラーリに次いで名門のマクラーレンは、1966年からF1に参戦している。

長年マールボロカラーが定番であったが、1997年からウエストカラーに変更し、その後特徴的なミラーカラーになり、現在はチームカラーのパパイヤオレンジに戻している。

ウィリアムズ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1977年-9回7回

長くフェラーリマクラーレンとともに3強と言われたウィリアムズ。

現在はテールエンダーのウィリアムズだが、新興勢力として台頭した1978年から1984年のサウジアラビア航空カラーの時代、1985年から1993年までのキヤノンカラーの時代、1994年から1997年までのロスマンズカラーの時代はグランプリを牽引しており、特に当時のモデルに人気が集中している。

ロータス

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1958年-1994年7回6回

1958年から1994年までF1に参戦したロータスは、創設者のコーリン・チャンプマンの手により数々のエポックメイキングなマシンを登場させたチームとして知られた。

日本においては、F1初の日本人フルタイムF1ドライバーである中嶋悟がデビューしたチームとしても有名。

メルセデス

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
ドイツ1954年-1955年
2010年-
7回9回

2014年からはじまったパワーユニット時代最強のチームとしてF1界に君臨するメルセデス。

デビューは古く1954年の第4戦フランスグランプリからだが、1955年のル・マン24時間での大事故でその年を最後にF1を去ったが、2010年からコンストラクターとして復活して現在に至る。

ベネトン

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イタリア1986年-2001年1回2回

1986年にトールマンを買収して参戦した、アパレルブランドが母体のチーム。

長くトップ4の一役を担っており、1990年代中盤はミハエル・シューマッハとともにチャンピオンを獲得したが、2001年を最後にルノーにチームを明け渡した。

ティレル

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1970年-1998年1回2回

1970年からF1に参戦し、ジャッキー・スチュワートとともに2度のドライバーズタイトルを獲得したティレルは、6輪車やハイノーズなど、野心的技術の先駆者でもあった。

中嶋悟や片山右京、高木虎之介などが在籍し、日本とも縁が深いチームだった。

ジョーダン

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1991年-2005年0回0回

1990年代にデビューした中ではもっとも成功したチームのひとつで、通算4勝をあげた。

ヤマハ、無限、ホンダ、トヨタといった、多くの日本製エンジンの供給を受けたチームとして、日本人にも馴染みがあった。

トロロッソ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イタリア2006年-2019年0回0回

レッドブルのセカンドチームとして2006年にデビューしたイタリアのトロロッソ。

チーム唯一の勝利は2008年イタリアグランプリで、セバスチャン・ベッテルにより記録された。

2017年を最後にマクラーレンと決別したホンダを結果的に救ったチームとして日本では馴染みがある。

レッドブル

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
オーストリア2005年-4回4回

1995年からザウバーのスポンサーとしてF1と関わっていた飲料メーカーのレッドブルだが、2005年よりジャガーを買収してF1に参戦する。

鬼才エイドリアン・ニューウェイを起用し、2009年にレギュレーションが大きく変更されるとトップチームに躍進し、翌2010年から4年間コンストラクターズとドライバーズタイトルの4連覇を達成した。

2019年からはホンダパワーユニットを搭載し、日本でもっとも人気の高いチームとなった。

スチュワート

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1997年-1999年0回0回

3度のF1チャンピオンであるジャッキー・スチュワートと、息子のポール・スチュワートが興したチームで、1997年から3年間、フォードの大きなバックアップを得てF1に参戦した。

1999年にはジョニー・ハーバートが、チーム唯一の勝利をあげている。

ルノー

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
フランス1977年-1985年
2002年-2011年
2016年-
2回2回

自動車メーカー系コンストラクターとしては、もっとも長くF1に参戦している。

デビューは1977年で、F1にはじめてターボエンジンを導入したチームとして有名。

トヨタ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
日本2002年-2009年0回0回

日本が誇る大企業トヨタは、2002年から2009年までF1に参戦した実績がある。

ドイツ・ケルンのTMGを母体として多くの資金を投入してマシンを製作したが、8年間の参戦で優勝を手にすることはできなかった。

ホンダ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
日本1964年-1968年
2006年-2008年
0回0回

日本メーカーとしてもっとも早くF1に参戦したホンダのF1参戦は、1964年から1968年の第1期、1983年から1992年の第2期、2000年から2008年の第3期、2015年から2021年(予定)の第4期に分けられ、第1期と第3期(2006年から2008年)はフルコンストラクターとして参戦した。

コローニ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イタリア1987年-1991年0回0回

イタリアに本拠を置くレーシングチームで、F1参戦は1987年から1991年。

1990年にスバルが1億円でチーム株式の半分を買い取り、スバル・コローニとしてエントリーし、V型が主流のF1エンジンの中にあり、水平対向12気筒を搭載して参戦した。

ザウバー

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
スイス1993年-2018年※0回0回
※BMWザウバー含む

モータースポーツが禁止されているスイスを拠点にする数少ないレーシングチーム。

1993年からF1に参戦し、2005年から2009年はBMWに買収されBMWザウバーとして参戦するが、ふたたびチームを買い戻し2010年から2018年まで参戦した後、2019年からはネーミングライツによりコンストラクター名をアルファロメオとして参戦している。

マーチ

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス1970年-1978年
1981年-1982年
1987年-1992年※
0回0回
※レイトンハウス 含む

フォーミュラカーからスポーツカーまでさまざまなレーシングマシンを生産・販売しているイギリスのレーシングチーム。

F1には1970年から参戦したが後に撤退し、1987年に日本のレイトンハウス のバックアップを受けて復活した。

1990年から1991年にかけてはコンストラクター名をレイトンハウス として参戦した。

ブラウンGP

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス2009年1回1回

2008年にホンダのF1撤退により、ホンダの旧首脳陣であったロス・ブラウンが1ポンドで買い取り2009年にF1参戦したチーム。

デビューレースでワンツーフィニッシュをし、その後も快進撃がつづき、デビュー年にドライバーズとコンストラクターズの両タイトルを獲得した。

ブラウンGPとしては2009年の1年で活動を終了し、その後メルセデスに売却された。

ロータスF1

チーム国籍参戦年度コンストラクターズ
タイトル
ドライバーズ
タイトル
イギリス2012年-2015年0回0回

ルノーを前身とし2011年にロータスルノーGPとして参戦し、2012年から2015年までロータスF1チームとして参戦した。

マシンカラーはチームロータス全盛期のJPSカラーを彷彿とさせる黒地にゴールドのラインが特徴だった。

※ロータスF1チームとチームロータス、ロータスレーシングの関係については下記を参考にされたし。

ロータスが2チーム!?2011年に起きたロータスブランド問題!

年代別

2010年代

2000年代

1990年代

1980年代

1970年代

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS