1/43 ロータス 99T ミニカーコレクションvol.1

ミニカー収集暦

第二次F1ブームに乗っかり、80年代後半よりモータースポーツにハマったワタクシぴぴですが、当時のF1ミニカーはまだまだ子供の玩具の様相が強く、物欲を掻き立てる出来ではありませんでした。

F1雑誌の広告には、『ONYX』のF1モデルが販売されていましたが、大人の観賞用としては作りがチープすぎたと記憶しています。

時は2000年、何気なく入店した近所のミニカーショップで当時のモデルカーの出来栄えを見て、一気に収集欲が湧き上がりました。

あれから18年、『マテル』『ミニチャンプス』『IXO』を中心に集めた1/43のF1ミニカーは実に172台を数えるに至りました。

まだまだ増えるミニカー・・・ 今回よりそのコレクションを紹介していきます。

テーマは1/43ミニカーを実車の様に写し撮る!です。

日本人フルタイムF1ドライバーの誕生

記念すべき第1回目で取り上げるのはロータス99Tです。

このマシンは、日本人初のF1フルタイムドライバーである中嶋悟が、故アイルトンセナとともに1987年のF1グランプリを戦ったマシンです。

日本人としては中嶋悟のデビューマシンという印象が強いマシンですね。

エンジンは前年のルノーV6ターボから、当時最強を誇ったホンダV6ターボに変更されました。

しかし、アクティブサスペンションの未成熟と、見た目からも分かる通り空力が弱点で、影響が少ないモナコグランプリとアメリカグランプリでの2勝という結果に終わりました。

ミニカーの出来

今回のモデルはデアゴスティーニより発売されている、『F1マシンコレクション』の第2号で、製造は『IXO』が行なっています。

『IXO』というと、『ミニチャンプス』や『マテル』などのメーカーと比べると少し落ちる印象がありますが、最近のものは非常に良くなってきています。

当時のF1マシンのモッサリした感じがよく再現されて、ホイールやサスペンション、ラジエターなど細かい部分も良くできでいます。

ただ一つ難点を言うとタイヤの出来が・・・。

本物のマッドな印象がなく、テカテカに光ってしまっています。

実は今私が記事を書いているパソコンを置いているテーブルが、F1のグルーブドタイヤを使用しているんです。

目の前の本物のF1タイヤと比べると・・・あまりにも違います。

撮影

それでは1/43ロータス99Tを撮影してみます。

テーマは実車のように撮る!

 

同じ時代を戦った、ウイリアムズFW11B、フェラーリF187とともに。

最後に

今回初めてミニカーの撮影をしましたが、同じレーシングマシンの撮影でも、いつも撮っている本物とは全くカメラのセッティングが違います。

カメラアングルは、10cmほどのミニカーは通常上から見たアングルになりがちですが、それは実車では考えられないような高い位置、マシンレベルでの高さを心がけます。

また絞り値は、本物の撮影では開放付近での絞り値を意識しますが、ミニカーではボケすぎてミニチュア感がモロに出てしまいます。

そこでレンズ最大の分だけ絞ると、今度はミニカーやレンズに付いた埃が目立ってしまいます。

埃を丹念に取り除き、使ったことのない三脚を取り出して、使ったことのない長時間露光で・・・。

 

そんなことで悪戦苦闘のミニカー撮影でしたが、まだまだ大量のミニカーが眠っています。

皆さんに1台でも多く紹介したい、そこで今後ミニカー撮影をシリーズとして扱っていきたいと考えております。

今後登場するミニカーとともに、撮影テクニックの向上にも注目ください。

テーマはあくまでミニカーを実車のように撮る!です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ミニカーコレクション一覧は下のボタンをクリック

関連記事(一部広告含む)

SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS