人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

【日記17】スーパーGT第5戦のチケットをLoppiで10時打ち!果たして結果は?

昨日の日記で書いたとおり、急遽知ったスーパーGT第5戦のチケット発売が9月17日という事実。

しかも販売方法も種類も違い、短い時間の中で戦略を立てる。

で、チケットは、グランドスタンド2階指定席(自由席エリア入場可能)にすることにした。

理由は、いつもは観戦券のみで入場できる1階席が今回は有料なので、だったらいつも有料の2階席で楽しもうということにした。

まあ、スタート後数周でGRスープラコーナーに移動すると思うが・・・。

私はレーシングマシンの撮影をメインにしているため、観戦メインのグランドスタンドにあまり留まることがなく、ましてや通常のレースでも有料の2階はまったくと言っていいほど無縁だったからだ。

ということで決戦の朝!

いつもは仲良くさせていただいているツイッターのモータースポーツ民も、この日ばかりはライバルと化す!

9時55分、ローソンに到着。

9時57分、Loppiの操作開始。

9時59分、フライングで、『販売は10時から』という警告。

10時01分、無事購入し各種入力完了後、レジのお兄ちゃんに渡して、チケットが手元に来た。

席は1コーナー側から、B(1人掛けが数十席)から順番に→C(1人掛けが数十席)→D(1人掛けが数十席)・・・と発行されていき、私の割り当てられた席がGブロック!

発売後1分ほどで購入できたにもかかわらず、凄い競争率だったことが伺える!

そして12時過ぎ、ツイッターのフォロワーさんから『完売』とのツイートが!

あらためて10時に購入して本当に良かった。

暑かった夏も終わりを告げ、季節はもう秋に変わろうとしているが、遅くなった今年最初のモータースポーツ観戦を存分に楽しみたいと思ったのであった。

最後に。

今回木曜日のチケット販売ということで、仕事や学校でどうしてもチケットを購入できなかったモータースポーツファンのみなさん。

諦めるのはまだ早い!

9月19日(土)午前10時から追加販売を予定しているとのことなので、ぜひチャレンジしていただきたい。

基本は『10時打ち』ですよ!

詳しくは下記、富士スピードウェイの公式ページよりご確認を!

https://www.fsw.tv/motorsports/ticket/super-gt/2020-sgt-rd5.html

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

21人の購読者に加わりましょう

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS