マッチ監督10年ぶりの優勝! 2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.2

こちらの記事はvol.2になります。

vol.1はこちら

マッチ監督10年ぶりの優勝! 2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年7月11日

スーパーフォーミュラスタートはグランドスタンドから

本日のメインイベントである、スーパーフォーミュラの決勝がまもなく開催される。

今回は久々に、グランドスタンドのポールポジショングリッド近くに陣取り、緊張のスタートの瞬間を、カメラではなく私の眼で確認することにした。

ポールからスタートするニック・キャシディ

フロントロースタートのポイントリーダー山本尚貴

予選3番手は昨年のチャンピオン石浦宏明

予選4番手はル・マン優勝の中嶋一貴

前戦で好走した小林可夢偉は後方からのスタート

わかってはいることだが、彼らの職場はまさにココ、いつもトークショーなどでみるドライバーの様子とは明らかに違い、見ているこちらも緊張感が増してくる。

スタートの瞬間を凝視していたが、ポールポジションのキャシディは順当、2番手の山本は明らかに遅れた、驚きだったのが3番手の石浦で蹴り出しがよく、まさにロケットスタートだった。

ポールポジションの真横からスタートの瞬間を見る

テレビで見る正面のアングルではなく、横方向からのアングルだと本当にわかりやすいと思った。

数周グランドスタンドで観戦した後、猛ダッシュで電チャリを漕ぎ、コカコーラコーナへ移動する。

コカコーラコーナー

スーパーGTやWECなどの耐久レースと違い、スーパーフォーミュラ はスプリントレースのため、場所移動を迅速に行わないとどんどんレースが進行していってしまう。

そのため富士スピードウェイでは、電動自転車が本当に重宝する。

ちなみにこの電チャリ、鈴鹿サーキットには持ち込みできず、徒歩のみの移動となる。

シャッタースピード1/30秒で流し撮る

同じく1/30秒で コカコーラコーナーは車速が速くスローシャッターは難しい

少しコーナー手前に移動しマシン後方を撮影したかったが、AFは走り去るモノには合焦しにくい

ヘアピンコーナー

ヘアピンはあまり好きな撮影場所ではないが、コカコーラコーナーから最終セクションへ向かう通り道のため、少しだけ撮影する。

レクサスコーナー

最後はやっぱり最終セクションへ。

ダンロップコーナーと迷ったが、この日まだ撮影していない、レクサスコーナーに向かうことにした。

トップ快走のニックキャシディ 1/30秒のスローシャッターで撮影

同じく1/30秒で関口雄飛を撮影 気合が走りに現れる彼のドライビングが私は好きだ

ホンダ勢トップは山本尚貴 SS1/20秒でかっこよく撮れた

いいところが無かった小林可夢偉だったが、最後はタイヤスモークをあげてオーバーテイク

優勝はニックキャシディ 絵になるガッツポーズをありがとう!

最後に

今回のレースは、KONDO RACINGが2008年以来の優勝を飾り、近藤真彦監督が実に嬉しそうな表情を浮かべていたのが、印象的だった。

今まで幾多の芸能人がモータースポーツの世界に足を踏み入れ、数年で消えていった。

しかし近藤真彦は、1984年にモータースポーツの世界に入り、実に三十余年の間この世界と関わり続け、ここでも完全にその地位を確立させた。

その彼が表彰台で心から喜ぶ姿を目の当たりにし、レース人近藤真彦がまた好きになった一日だった。

 

モータースポーツ観戦記はこちら

2018 スーパーGT 第5戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年8月10日

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1 予選編

2018年5月5日

SUZUKA Sound of ENGINE 2017 観戦記

2017年11月23日

2017 WEC富士 観戦記 前編

2017年10月16日

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS