1/43 ベネトン B190 ミニカーコレクションvol.5

こんにちは、モータースポーツ中毒者のぴぴです。

目を引く極彩色マシン

久々のミニカーコレクション、今回はベネトンB190を取り上げたいと思います。

ベネトンといえばイタリアのアパレルブランドですが、1986年から2001年にかけてF1に参戦し、その長い間4強の一角を占め、1994年・1995年にはミハエルシューマッハがドライバーズタイトルを奪取した強豪チームでした。

またこのベネトン、速いだけでなくアパレルブランドがオーナーを務めるチームだけあり、特に参戦初期の頃は目を引くカラーリングも特徴のひとつでした。

今回取り上げるB190も参戦5年目の1990年にF1グランプリを駆け抜けたマシンで、カラフルな色使いが特徴的な一台です。

ちなみに翌年1991年以降はタバコマネー(CAMELその後MILD SEVEN)がスポンサードするようになり、ベネトンらしいカラフルな色使いが残念ながら消えていきます。

そんなことでB190は、『最後のイタリアンアパレルブランドであるベネトンらしいF1マシン』と言っても良いかもしれませんね。

またこのB190のトピックといえば、ネルソンピケが日本GP・オーストラリアGPの最終2戦を2連勝したことでも記憶に残っていますよね。

他のライバルチームがマルチシリンダーで甲高い音色を奏でる中、大ベテランネルソンピケが3.5LV型8気筒の重低音を響かせて巧みにレースをまとめ上げるチカラは流石だと、若かりしワタクシぴぴも感心していました。

ミニカー紹介

今回撮影に登場するミニカーは以下になります。

ベネトンB190 #20 ネルソンピケ

デアゴスティーニより発売されている『F1マシンコレクション』の第40号で、『IXO』製になります。

マクラーレンMP4/5B #27 アイルトンセナ

同じくデアゴスティーニの『F1マシンコレクション』の第25号、『IXO』製です。

フェラーリ641/2 #1 アランプロスト

F1マシンコレクションvol.2で特集した『MATEL』製です。

1/43 フェラーリ 641/2 ミニカーコレクションvol.2

2018年6月10日

撮影

それでは1/43のベネトンB190を撮影していきます。

今回もテーマは『実写のように撮る!』です。

フロントサスはプッシュロッドを採用したことによりノーズは王蟲のクチバシのようです。

デザイナーのロリーバーンが移籍し、新たに加入のジョンバーナードが手直しをし、オーソドックスなデザインに。

前年B189はサイドポンツーン上にあったエアインテークですが、B190はオーソドックスなドライバー上部へ変更。

タイヤがテカっていてミニカーっぽさを感じさせてしまってます・・・。

ちなみに絞り開放だとスケール感が出てしまい、ご覧のとおりミニカーっぽさが全開になってしまいます。
よって、実車に近づけるために絞りは最大で撮影しています。

1990年のF1グランプリを戦った、マクラーレンのセナ・フェラーリのプロストとともに。

予選での一発の速さは無かったB190ですが、せっかくなのでポールポジションの位置に。

日本のオートポリスがベネトンを大々的にスポンサード。
その後の転落を見てきただけに、今また国内の主要レースが開催されていることを嬉しく思います。

以上、ベネトンB190の撮影でした。

最後に

ベネトンは翌年、メインスポンサーとしてR.J.レイノルズタバコカンパニーのキャメルが付きイエローが主体のオーソドックスなマシンカラーになり、ドライバーはミハエルシューマッハをジョーダンより引き抜き、チーム体制を強化していきます。

そして1994年、メインスポンサーが日本たばこ産業に変わり、マイルドセブンの水色のカラーリングで念願だったドライバーズチャンピオンを獲得、翌1995年はドラーバーズチャンピオンに加えコンストラクターズチャンピオンも獲得、名実ともにチャンピオンチームへと生まれ変わりました。

しかし強さと引き換えにマシンカラーなど、遊び心が消え失せていきました。

1990年のベネトンB190は、F1がまだ遊び心が残っていた最後の時代に登場した、個性ある色彩が特徴のマシンでした。

久々のミニカー撮影でしたが、実写のように撮れていた写真はあったでしょうか?

いつもは流し撮りがメインのワタクシぴぴですが、今回はカメラに装着する一脚は三脚に付け替え、絞り値は最大にし、慣れない長時間露光の撮影で悪戦苦闘でした。

まだまだ・・・ですね!

エンジンは左からV10・V8・V12、デザインも色彩も千差万別、まだまだ個性があった時代でした。

1/43 ティレル P34(1976) ミニカーコレクションvol.12 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年3月22日

1/43 ブラウンGP BGP001 ミニカーコレクションvol.11 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年3月1日

1/43 メルセデス MGP W01 ミニカーコレクションvol.10 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年2月18日

1/43 トヨタ TS050ハイブリッド 2017 ミニカーコレクションvol.9 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年1月29日

1/43 ホンダ RA106 ミニカーコレクションvol.8 〜実車のように撮り実車を語る〜

2018年12月20日

1/43 BMWザウバー F1.08 ミニカーコレクションvol.7 〜実車のように撮り実車を語る〜

2018年9月27日

1/43 マクラーレン MP4/5B ミニカーコレクションvol.6

2018年9月10日

1/43 ベネトン B190 ミニカーコレクションvol.5

2018年9月2日

1/43 フェラーリ F92A ミニカーコレクションvol.4

2018年6月12日

1/43 ティレル P34 (1977) ミニカーコレクションvol.3

2018年6月11日

1/43 フェラーリ 641/2 ミニカーコレクションvol.2

2018年6月10日

1/43 ロータス 99T ミニカーコレクションvol.1

2018年6月9日

ミニカーではなく本物志向の方はこちらをどうぞ

F1マシンの購入をお考えの方必見! 中古F1マシンの相場を公開します!!

2018年5月20日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS