関東のモータースポーツ好きに朗報 2020年より富士スピードウェイが新東名と直結!!




こんばんは、モータースポーツ中毒のぴぴです。

富士スピードウェイ名物の帰路渋滞

みなさん、富士スピードウェイへレース観戦に行ったことあります?

静岡県や関東に在住のモータースポーツ好きなら、一度は足を運んだことがあると思います。

鉄道が発達していない富士スピードウェイは、交通手段はもっぱらクルマですよね。

ただ・・・ 帰りの渋滞、大変だったでしょう・・・。

思えば2016年ゴールデンウィークのSUPER GT、ワタクシぴぴはニスモ完勝の表彰台を満喫し、気分良く帰路に向かうためクルマへ乗り込みました。

しかし、富士スピードウェイの駐車場からも脱出できないのに、ぴぴさんのナビからは

「2時間経ちました そろそろ休憩しませんか?」

おいナビのお姉さん、進んだのは80メートルだぞ!

そう、富士スピードウェイは富士山を背にする立地のため、環状に道路を張り巡らせることができなく、大イベントでは渋滞が付き物なんです。

また御殿場ICを降り、富士スピードウェイに向かう道中も、特にモータースポーツ に関する立地も見当たらず、唯一存在したレーシングパレスも数年前に閉鎖し、淡々とサーキットに向かうのみ。

その光景はレースが地域に根付いている鈴鹿サーキットとは雲泥の差です。

トヨタグループが発表 富士SW近隣にモータースポーツビレッジ

ワタクシぴぴのバイブル、『auto sport web』で先日こんな記事が載っていました。

富士スピードウェイも属するトヨタグループと、富士スピードウェイの所在地である小山町が、2020年に開通を予定している新東名の小山パーキングエリアと小山スマートICから富士スピードウェイを結ぶエリアを、モータースポーツビレッジ化するとのことです。

具体的なことは今後発表されるとのことですが、27ヘクタールという大きな敷地に自動車メーカーのガレージや国内のレーシングチームのガレージなどを招聘するとのことです。

その他モータースポーツファン向けの施設開発も計画しているとのことです。

この記事を読んだワタクシぴぴの正直な意見はこうです。

自動車メーカーやレーシングチームのガレージ?

勝手に作ってください。おいぴぴ!なんだその偉そうな上から目線は!!)

モータースポーツファン向けの施設?

大歓迎です。

冒頭にも書きましたが、静岡県民のぴぴさんが鈴鹿サーキットに遠征すると毎度のように思うことですが、鈴鹿は様々な年齢層や性別の観客が見に来ており、モータースポーツが地域文化として根付いているように感じます。

SUZUKA Sound of ENGINE 2017 観戦記

2017年11月23日

それに比べると我が富士スピードウェイは・・・ 正直まだまだ県民には根付いて無いんです。

静岡県民のモータースポーツ熱が高まるような施設、期待してます。

新東名から富士スピードウェイが直結

でもね、ぴぴさんがこの記事を読んで一番嬉しかったのは、これから延長される新東名のスマートICが富士スピードウェイの目の前にできるということ。

通い慣れた富士スピードウェイに到着する直前、新東名の工事区間を横切る度に、「ここにインターチェンジが出来てくれたら、さぞかし楽になるのに」と思っていました。

行かれた方はわかると思いますが、まさに目の前を通るんですよ。

そのぴぴさんの願望がホントに現実になるなんて・・・。

最後に

モータースポーツイベントに限らず、休みの日のビッグイベントは、如何にその場所に速く行けるかが決め手となるはず。

そんな中富士スピードウェイは、2020年より日本の大動脈である新東名に直結し、行きも帰りもストレス無く移動できる素晴らしい環境が整います。

東京より1時間・名古屋より2時間30分、より身近になる富士スピードウェイに今後日本のモータースポーツ文化の発展を、ワタクシぴぴは心より願っています。

超満員のグランドスタンドを夢見て・・・。

2018 スーパーGT 第5戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年8月10日

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS