2017アメリカGP ナショナリズム溢れるリバティメディアF1の演出!




すごい演出だ!

昨日の未明、F1アメリカGPが行われたが、そのスタート前セレモニーと表彰式は見応えがあった。
マーチングバンドとチアガールで観客を盛り上げ、有名司会者の紹介で、ドライアイスが噴出したゲート奥よりドライバーが登場。
ホームストレート上、レッドカーペット上にドライバーが整列、ハミルトンとベッテルだけは優勝カップを挟み対面する。
そして、アメリカ合衆国 国歌。
最後は空から落下傘がやってきて、星条旗を広げる。
 
さすがバーニーから興行権を買収したリバティメディアの地元開催、あまりにもベタすぎ、これぞ こてこてのアメリカ節だ! やるぜヒゲのおっさん。
レースはハミルトンが快勝、もう現実的にはチャンピオンは決まりだ。
 
極め付けは、表彰台プレゼンターにクリントン元大統領、そしてインタビュアーはなんと世界最速男ボルト。
 
いや〜、まいった…
 
2017年アメリカGPはリバティメディアF1による、新しいナショナリズム溢れるF1を見させていただいた。
 




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS