人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

2023年スーパーフォーミュラ第7戦 大荒れも王者野尻智紀だけが安定のレースで見事優勝!

最近のマイブームはスーパーフォーミュラ。

今シーズンはリアム・ローソン選手の参戦でスーパーフォーミュラに注目しているのですが、いやー、じっくり観るとあらためてこのカテゴリーは面白い。

そんな私に天使の声?

私のブログを読んでくれている会社の先輩から、「第7戦もてぎ戦のチケットがあるよ」へっ?行っちゃう!?

いやいや、言われたのは予選が行われている真っ最中。さすがに日曜日に静岡市からもてぎに行って、そのまま帰ってくることは、ねえ・・・。

でも、数時間だけ真剣に考えてしまいました。

誘惑にはなんとか打ち勝ちましたが、決勝はJ SPORTSでじっくり観戦しましたので、その感想をつらつらと書いていきますので、興味のある方だけどうぞ。

今回は野尻智紀選手が復活のポールトゥウィンで完勝!いやー、強かったですね。

ただ、その後方は大荒れでした。

スタートを決めたリアム・ローソン選手が、オープニングラップの2コーナーでアウト側から野尻選手に仕掛けてコースを横断しながらスピン。そこに団子状態のマシンが突っ込み、大惨事になりました。

ローソン選手のあのスピンは、みなさんどのように思いました?

私はローソン選手が踏ん張りすぎて体勢を崩した彼のミスだと思います。

ローソン選手は当初、野尻選手の幅寄せを主張していたようですが、映像で観ていると縁石部分も含めて1台分残しているので、野尻選手に非はないと私は思います。

ローソン選手と野尻選手はレース後に話をしたそうですが、両者一応納得したとのこと。レース審査委員会もこの件について特に問題としておらず、レーシングアクシデントとなりました。

チャンピオンシップを争うローソン選手は、あの場面では引くべきでしょう。マックス・フェルスタッペン選手やルイス・ハミルトン選手ならばスピン状態を回避するか、一歩引いて様子を見るだろうけど、やっぱりそこは若さ故かな。

その結果煽りを被ったのが後続車。牧野任祐選手と関口雄飛選手は避けきれず、ローソン選手に乗り上げて宙に舞いました。

結局オープニングランプのアクシデントで松下信治選手を含む3台が走行不能に。このような大きな事故は久々でしたが、オープニングラップでトップがスピン状態になり、後続が巻き込まれたにも関わらず、大きな怪我をする選手がいなかったことは不幸中の幸いでした。

ただ、関口雄飛選手は今シーズン何度目の貰い事故か、本当にツキのないシーズンになっています。お祓いにでも行ってきた方がいいかも??

結局、事故の原因をつくったリアム・ローソン選手はピットに戻り修復作業をして見事復帰。

スーパーフォーミュラでは赤旗中のピットインや修復作業は禁止されているため、レース中にドライブスルーペナルティを受けるのですが、あのチーム無限の作業は2021年ハンガリーグランプリのレッドブル(偶然同じレッドブルカラー)を見ているようで鳥肌ものでした。

お祓いと言えば小林可夢偉選手も呪われているかも??

日本人が世界に誇るスーパーフォーミュラ最年長ドライバーは、日本トップフォーミュラで未だ未勝利。意外でしょ?

まあ、スーパーフォーミュラを長年追いかけている方ならばご存知の通り、彼の所属チームは新興のKCMGだから。

可夢偉選手の実力ならば、トムスなどトップチームに所属していれば、今までに優勝はもちろんのこと、チャンピオンをも獲得できていただろうと思います。

そんなKCMGが今回もやってくれました・・・タイヤ交換失敗・・・。

優勝を狙える位置にいると、決まってタイヤ交換でミスが。うーん、この光景、何度見たのだろう・・・。

レース後の談話で心が折れそうと話をした可夢偉選手。その気持ち痛いほどわかります。

引退前に1シーズンでもいいから、トムスに乗ってもらいたい。。。

レース終盤は実力者の山本尚貴選手と平川亮選手の接触がありました。

タイヤ交換を引っ張りレース後半でフレッシュタイヤに交換した両者。交換したばかりでペースが上がらない平川選手は、直後の山本選手の猛追を受けます。

そして、ダウンヒルストレートからの90度コーナーでインを守る平川選手に対し、山本選手はさらにインに。そして両者は引かず、接触・・・。

うーん、どっちが悪いんだろう。

山本選手はタイヤのアドバンテージがあるうちに抜きたかったから、あれが実質ラストチャンスかも。でも完全に抜き切っていないから、どちらかというと山本選手に非があるか?

でも、レーシングドライバーならば行くでしょ!

あそこで抜きにかかるから、スーパーフォーミュラは面白いんです。

ただレース前日に山本尚貴選手と星野一義インパル監督(平川亮選手が所属)が登壇して、トークショーをしていた動画を見ていたのですが、両者は終始和気藹々。

挙げ句の果てに山本選手が星野監督に対し、「いいレースしたら食事を奢ってください」と。

すかさず星野監督も「チューしてあげる」と返していましたが、レース後のふたりの関係変化は如何に??

ということで、スーパーフォーミュラ第7戦の結果はご覧の通り。

順位ドライバーチーム
1野尻智紀無限
2平川亮インパル
3大湯都史樹TGM GP
4宮田莉朋トムス
5阪口晴南セルモ
6小高一斗KONDO
7小林可夢偉KCMG
8大嶋和也ルーキー
9山下健太KONDO
10国本雄資KCMG
11C.ブリュックバシェTGM GP
12笹原右京トムス
13L.ローソン無限
14福住仁嶺スリーボンド
15R.ハイマンB-Max
16佐藤蓮ナカジマ
R山本尚貴ナカジマ
R太田格之進ダンディライアン
R坪井翔セルモ
R関口雄飛インパル
R牧野任祐ダンディライアン
R松下信治B-Max

大湯都史樹選手は今シーズン何度も好レースを見せていましたが、リタイヤ続きのシーズンでした。しかし今回は鎖骨骨折の影響からか、暴れん坊は影をひそめ、しっかりと3位表彰台を獲得。おめでとうございます!

宮田莉朋選手は鬼門と言われているもてぎでスタート失敗。やはり今回も、と思われましたが、後方から抜きまくり、終わってみたら僅差の4位。選手権トップを快走する若手は、今回も素晴らしいレースを見せてくれました。

あっ!優勝した野尻智紀選手のことをほとんど書きませんでした・・・。

だって、彼だけ盤石のレース運びで、オープニング以外ほとんどテレビに映らないんだもん。

まあ、これぞディフェンディングチャンピオンのレースですね。

はい、では最後に第7戦終了後のドライバーズポイントランキングを見てみましょう(トップ10)。

順位ドライバーチームポイント
1宮田莉朋トムス94
2L.ローソン無限86
3野尻智紀無限84
4平川亮インパル51
5坪井翔セルモ50
6牧野任祐ダンディライアン37
7山下健太KONDO30
8大湯都史樹TGM GP22
9佐藤蓮ナカジマ17
10小林可夢偉KCMG16

レースは残り最終ラウンド鈴鹿での2戦を残すのみ。

野尻選手が加わり、三つ巴となった2023年のチャンピオン争いはどうなるか?

いやー、最終戦が楽しみでなりません!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。