人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

Apple Watch SE(第2世代)がやってきた!

高校時代は野球部に所属し、甲子園を目指して・・・いやレギュラーを目指して後に甲子園に行くことになる監督のもと、日々キツいトレーニングを行なっていました。結構なスポーツマンだったんです。

しかし高校卒業と同時に運動は皆無。ランニングさえも一切やらなくなってしまい早30年。

気が付いたら身長177cmにして体重80kgの大台を超えてしまい、完全なおじさん体型。

そこで一大決心をして、4ヶ月ほど前から朝6時前に起床してランニングに励んでいます。

運動不足が祟って最初は1kmを走るのもやっとでしたが、最近では2kmをそこそこのスピードでランニングできるようになりました。

『早起きは三文の徳』という使い古された言葉ですが、まさにそのとおりで、朝から達成感を感じながら一日が始まる今のサイクルが結構気に入っています。

そして『もっと速く、もっと長く走りたい』という気持ちが芽生えてきました。

でも、iPhoneでは距離や速度を気軽に測れない。ということでスマートウォッチを購入したい衝動に駆られて、早朝ランニング3ヶ月を記念して購入することにしました。

Apple Watchの製品比較

まあスマートウォッチと書きましたが、アップル信者の私が購入するのはもちろんApple Watch一択。今まで走ったデートをiPhoneから簡単に移行できるのも嬉しいポイントです。

そんなApple Watchは2022年9月に最新バージョンが発売されたらしく、今が買い時(購入したのは11月)!

シリーズ展開は大きく分けて3種類で、上級バージョンから『Ultra』『Series 8』『SE2』があり、『Series 8』『SE2』にはそれぞれに『GPSモデル』と『GPS+セルラーモデル』が設定されています。
※『Ultra』は『GPS+セルラーモデル』のみ

『GPSモデル』と『GPS+セルラーモデル』の違いは、『GPSモデル』がiPhoneを経由して通信をするのに対し『GPS+セルラーモデル』は単体での通信が可能。私的には常にiPhoneを所持しているので、本体が高く月々の料金がかかる『GPS+セルラーモデル』にする意味はなく『GPSモデル』一択です。

さて、一番高価な『Ultra』が124,800円(税込)で一番リーズナブルな『SE2』が37,800円と大きな差があるApple Watchですが、違いを簡単に比較してみましょう。

SE2Series 8Ultra
ケースサイズ40mm or 44mm41mm or 45mm49mm
ケース素材アルミアルミorステンレスチタン
ディスプレイ種類Retina
1,000ニト
常時表示Retina
1,000ニト
常時表示Retina
2,000ニト
ディスプレイ広さSE2より20%広いSE2より27%広い
耐水性能50m50m100m
バッテリー最大18時間最大18時間
高速充電
最大36時間
高速充電
価格(税込)37,800円から59,800円から124,800円

ケースサイズは『SE2』『Series 8』がそれぞれ40mmか44mm、41mmか45mmを選択できますが、男性の太い指ならば大きい方を選ばないと使いづらいでしょう。

店舗で『Series 8』の45mmを付けてみましたが、大きさ的に特に違和感はなく感じました。49mmの『Ultra』は店舗にはありませんでしたが、小柄な方にはちょっとゴツく感じるかもしれませんね。

ケースの素材はそれぞれのグレードで違いますが、見た目もさることながら強度の違いです。ただアルミニウムのモデルでもアップルが販売しているので、個人的には問題がないのではと思います。

ディスプレイの明るさについては『SE2』と『Series 8』の1,000ニトで十分。屋内ではまったくもって問題ありませんでした。ただランニングウォッチとして屋外で使用することが多い私の場合、外では大丈夫か分かりません。また『Series 8』と『Ultra』の常時表示はちょっと魅力的かも。尚且つ『Ultra』はフラットディスプレイでさらに見やすいようです。

ディスプレイの広さに関しては数値上『SE2』よりも『Series 8』と『Ultra』の広さに魅力を感じますが、店舗で見てみると意外にも『SE2』ののベゼルの幅広さが気にならず、ディスプレイの狭さもあまり感じませんでした。

耐水性は・・・50mもあれば十分でしょうし、バッテリーも1日持てばまったく問題ありませんね。

その他、『Series 8』と『Ultra』では血中酸素ウェルネスアプリや心電図アプリが使用でき、皮膚音センサーも計測されるようですが、まだ健康なので今入りません。

そんなわけで、私はApple Watch入門機の『SE2』を購入。

Apple Watch SE(第2世代)を開封!

それでは購入したApple Watch SE(第2世代)を開封してみましょう。

比較的リーズナブルなモデルですが、そこはさすがアップル製品。パッケージにはまったく手を抜いていませんね。

パッケージを開封すると色とりどりのApple Watchの絵が描かれ、さらにワクワク感を演出します。

そして長細い2つの箱に入っているのが本体とバンド。

一つ目の箱を開封すると本体と充電ケーブルが入っていました。

本体はiPhoneなどのように剥き出しで開封と同時に登場するのではなく、保護紙に包まれた状態でちょっとだけ残念!?

もう一つの箱はバンド。最初から付属されるバンドはシリコン素材のシンプルなタイプ。ちなみに私はシルバー(未塗装のアルミ素材そのままかな?)の本体を購入したので、バンドはホワイト。バンド色は本体色に準ずるようです。

はい、そしてシルバー塗装の本体が登場!

リーズナブルな『SE2』ですが、そこはさすがアップル製品。安っぽさはまったく感じません。

裏蓋はデザイン上の演出なのか機能的なものなのかは分かりませんが、腕時計らしい雰囲気でかなり好感が持てます。いいっすねえ!

右側はリューズとボタン、

そして左側にはボタンがなく、スピーカーらしき穴(定かではありません)のみが空いています。

付属のスポーツバントを装着。やや安っぽさがあるものの、私が主に使う予定のランニングウォッチとしては汗を吸わない理想的なシリコン製のバンドが理想でしょう。

電源を入れるとお決まりのAppleマーク。購入後すぐに使えるのもApple製品のいいところです。

iPhoneを近づけなさい、とApple Watchに言われたので、

近づけると、

ベアリング開始。

はい、完了しました。

Apple Watch SE第2世代を1ヶ月間使用して

あれから1ヶ月が経過。朝のランニングだけでなく、朝から晩までずっとこのApple Watchを装着して生活していましたが、第一の感想は買ってよかったという一言に尽きます。

まず朝はワークアウトアプリの屋外ランニングを起動してランニングを開始。走りながら途中でApple Watchを見てリアルタイムで走った距離を確認できるし、リアルタイムの心拍数を教えてくれるのも便利。少しペースを上げると心拍数もそれに釣られて上がっていきます。

そして設定した距離まで到達すると振動でゴールを教えてくれるため、コースを変えてもいつもと同じ距離を走れるのもiPhoneとは違い便利です。

朝のランニングが終わるとApple Watchと連携されているiPhoneのフィットネスアプリでその日のデータを確認。

歩数や距離、合計タイムやペースの推移はもちろんのこと、消費カロリー、平均心拍数やその推移もデータ化。さらに高低差(高度)の推移や、上下動の推移、歩幅の長さも確認ができ、オタク気質が強い私はこれらのデータを見ているのが実に楽しい!

今まで朝は1分でも長く寝ていたいと思っていましたが、毎朝のランニングが楽しみで、夜は早く床に着くようになり、生活リズムも改善されました。

その他、iPhoneにかかってきた電話にApple Watchで受信し会話することも可能だし、iPhoneの電話帳と連動しているので電話をかけるのこもできます。まあちょっとApple Watchのスピーカーが微妙なので聞き取れない時もありますが、相手にはかなりクリアに聞こえているようです。

メールやLINEの確認も可能なので、わざわざiPhoneをバックの中から取り出す手間も減りました。

最後に

見た目がオシャレなだけでなく、これだけの機能が詰まって価格は3万円台からとかなりリーズナブル。おそらくAppleはiPhoneからの離脱を防ぐために価格設定を抑えめにしているのでしょう。

ということでiPhoneを愛用する方でランニングウォッチをお探しの場合、SE第2世代はそんなに高くないので、一度購入して使ってみては?私は自信を持ってお勧めします!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

120人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




4件のコメント

手術して2ヶ月でコロナにもなってからというもの、Apple Watchは気になっていたんですよ。近くに使ってる人が居ないので…。
実際購入された方の選び方や利用状況が聞けて良かったです。参考にさせていただきます。

indigoさん、参考にしていただきありがとうございます。

私はデータを見ることが好きなので、毎日のランニングがより楽しくなりました。

様々なスポーツにも対応しているようなので、ランニングの他にも試してみたいと思います。

この1ヶ月ほど日常でも装着しているのですが、スポーツをやられている方に何度か声を掛けられました。

結構興味を持っている方が多いようですね。

個人的にはかなりオススメですよ(Apple社とは無関係ですが)!

他のスマウォも調べたんですが、どうも胡散臭くて苦笑
初心者中の初心者ならSEでも?と思って一度見に行ってスゴスゴ帰宅したワタシなので、参考に出来て嬉しいです。

まだ購入するかは決めかねてますが、術後の体調管理とか睡眠管理も必要かな、と。

懐とも相談して考えます!!

健康管理にもApple Watchは最適ですね。

じっくり考えてみてください!そしてお身体お大事に・・・。

コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。