キヤノンEOS R5/R6を発表!【EOS R5/R6 vs. EOS5D MarkⅣ/7D MarkⅡ】スペック比較

カメラ機材オタクのぴぴと申します。

7月9日にキヤノンからバケモノスペックのミラーレスカメラ、EOS R5とEOS R6が発表されましたね。

兼ねてから開発発表は行われていましたが、あらためてスペックを確認するとやはりスゴいカメラで、私とてもソニーα7RⅢはもとより、モータースポーツ用カメラのEOS5D MarkⅣの代替えも検討してみようと思います。

そこで今回は、私が現在所有するEOS5D MarkⅣおよび多くのレースカメラマンが使用するEOS7D MarkⅡと、EOS R5およびEOS R6を比べてみて、EOS R5とEOS R6がモータースポーツなどの動きモノに対応できるのかをスペックから考えてみたいと思います。

※EOS R5は動画性能が特に進化していますが、今回はスチール撮影をクローズアップします。

【EOS R5/R6 vs. EOS5D MarkⅣ/7D MarkⅡ】外観比較

左上がEOS R5で左下がEOS R6、右上はEOS5D MarkⅣで右下がEOS7D MarkⅡですが、EOS R5 R6はミラーボックスが無いため右の一眼レフのようなセンター部分の突き出しがありません。

しかし全体的に丸みを帯びた外観は、EOSの血を引いていることがよくわかります。

左がEOS R5で右がEOS5D MarkⅣですが、EOS R5のボタン配置はキヤノンEOS 5D MarkⅣなどEOSの中級機以上の機種と基本的に同じで、ジョグダイヤルも使いやすい位置に搭載されています。

EOS R5のモードボタンは、MODEボタンを押した後に上面液晶を見ながらダイヤル変更するタイプで、少し慣れが必要でしょうか。

流し撮り時に親指AFを多用する私としては、EOS1DX MarkⅢに搭載されていたAF-onボタンのスマートコントローラーがEOS R5にも搭載されることを望んでいましたが、さすがにそこまでは・・・ね。

【EOS R5/R6 vs. EOS5D MarkⅣ/7D MarkⅡ】秒間連写性能比較

EOS R5EOS R6EOS5D MarkⅣEOS7D Mark
12コマ12コマ7コマ10コマ

モータースポーツの流し撮りは連写を多用する方が多いと思いますが、EOS R5/R6の秒間12コマは大きな武器になりそうです。

やはりミラーの開閉が無いミラーレスは、機械的な動きが少ないため、連写性能も有利に働くようです。

【EOS R5/R6 vs. EOS5D MarkⅣ/7D MarkⅡ】映像エンジン比較

EOS R5EOS R6EOS5D MarkⅣEOS7D Mark
DIGIC XDIGIC XDIGIC 6+DIGIC 6

映像エンジンはEOS R5・EOS R6ともにキヤノン一眼レフの最高峰であるEOS1DX MarkⅢと同様のDIGIC X。

EOS 5D MarkⅣの発売から4年、EOS7D MarkⅡの発売からは5年以上経過しており、映像エンジンは大幅な進化を遂げました。

【EOS R5/R6 vs. EOS5D MarkⅣ/7D MarkⅡ】センサーと暗所性能比較

EOS R5EOS R6EOS5D MarkⅣEOS7D Mark
4500万画素2010万画素3040万画素2020万画素
EV-6EV-6.5EV-3EV-3

EOS R5のセンサーはもちろん35mmフルサイズで、新開発の約4,500万画素の高画素センサーを搭載し、EOS5D MarkⅣから1500万画素も増え、ソニーから端を発したミラーレスの高解像化ですが、キヤノンもやっと本気を出してきたか、と思います。

富士スピードウェイなどのランオフエリアが広いサーキットでは500mm級の超望遠レンズのテレ端でも足りないことが多く、4500万画素もあればクロップを多用するにも有利です。

そしてEOS R6はEOS1DX MarkⅢをベースとした約2,010万画素のセンサーを搭載し、1画素あたりの面積を広げることで光を多く取り入れ暗所性能を強化して、EOS R5との差別化を図ります。

低輝度合焦限界はEOS R5がEV-6までに対してEOS R6がEV-6.5とより優れており、常用ISO感度もEOS R5が51,200までに対しEOS R6は102,400まで上げることができます。

【EOS R5/R6 vs. EOS5D MarkⅣ/7D MarkⅡ】手ぶれ補正

EOS R5EOS R6EOS5D MarkⅣEOS7D Mark
ボディ内手ぶれ補正

レンズ手ぶれ補正
ボディ内手ぶれ補正

レンズ手ぶれ補正
レンズ手ぶれ補正レンズ手ぶれ補正
最高8段分最高8段分レンズ性能によるレンズ性能による

EOS R5とR6はEOSシリーズ初となるボディ内5軸手ぶれ補正が搭載されました。

しかもレンズ手ぶれ補正(IS)付きのRFレンズと組み合わせることで、協調制御ISが可能になり、なんと最高8段分の手ぶれ補正を実現しました。

・・・正直8段分の手ぶれ補正って、もう三脚はいらないですね!

ところでこの8段分の手ぶれ補正は、流し撮りの時にも有利になるのでしょうか?

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す