人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

サザンオールスターズ聖地巡礼の旅【茅ヶ崎編】

日本を代表するロックバンド、サザンオールスターズ。

日本人の誰もが知る超人気バンドは茅ヶ崎市と深ーい縁で繋がっています。そう、ボーカルでほぼすべての作詞作曲を手がける桑田佳祐さんの出身地が茅ヶ崎市なのです(まあみなさん知ってますよね)。

そのため、サザンオールスターズの多くの歌詞に当地の地名や名所が使われ、同級生も多く在住。

ということで今回はサザンオールスターズ聖地巡礼の旅茅ヶ崎編と題し、茅ヶ崎市でサザンオールスターズや桑田佳祐さんのゆかりの地を巡ってみたいと思います。

発車メロディは『希望の轍』茅ヶ崎駅

まず降り立ったのは茅ヶ崎駅。

JR東海圏内に住んでいると発車メロディの概念がありませんが、JR東日本では各駅で発車メロディなるご当地ゆかりの音楽が流れます。

そして茅ヶ崎駅は・・・『希望の轍』サザンオールスターズの楽曲です。

当地は冒頭でも書いた通り桑田佳祐さんの出身地。サザンオールスターズが市民に愛されていることがわかりますね。

桑田佳祐ゆかりの店が並ぶサザン通り商店街

茅ヶ崎駅の近くからサザンビーチまで続く商店街がサザン通り商店街。

通りの街灯には歴代のサザンオールスターズのナンバーの看板が掲げられていて、本日は3連休の中日ということもあり、多くのファンが写真を撮っていました。

No.1のサザンファン!?サザンサブレが人気のエトアール製菓店

桑田さんの母校 茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校の正門の向かいにあるのがエトアール製菓店さん。

あとで紹介する茶商小林園さんで聞いたのですが、店主のパティシエさんはサザンオールスターズの超大ファンとのこと。

ご許可をいただき撮影させてもらいました

一番の人気は?と聞くとサザンサブレとのことでもちろん購入。

こちらがサザンサブレ。烏帽子岩を模ったのかな?

味は絶品!本当に美味しかったです。

その後はパティシエさんとお話しさせていただきましたが、話は面白くとっても気持ちのいい方でした。

ご許可をいただき撮影させてもらいました

グッズも購入し棚を見るとサザングッズがズラリ!

ファンの方から頂いたものらしく、置ききれないと嘆いでおられました。

どちらから?の問いに静岡からと伝えると、娘さんから焼津の高級旅館をプレゼントされて行ってきましたよ、とお話ししてくれました。

きっと良いお父さんなんでしょうね。

お話しとっても楽しかったです!

桑田佳祐が結婚指輪を購入した時宝堂

エトアール製菓店から数十m先にあるのが時宝堂さん。

桑田さんが原さんと結婚する時に結婚指輪を購入したのがこのお店です。

宝飾品とは縁がないので中に入りませんでしたが、そのレプリカが展示されているそうです。

桑田佳祐の中学野球部時代の先輩が経営する茶商小林園はサザンファン必見

桑田さんの中学時代の野球部の先輩が経営するのが茶商小林園さんです。

人気の商品を聞くと茶山(サザン)とのことで購入しました。

こちらのお茶は初のサザン茅ヶ崎ライブが行われた2000年の前年にできた商品で、ライブを記念して命名したそうです。

桑田ご夫妻はもちろんのこと、天皇陛下や安倍元総理大臣もお飲みになられたそうです。

ご許可をいただき撮影させてもらいました

こちらが茶山(サザン)を桑田ご夫妻に送った際に、原由子さんから送られたお礼の直筆の手紙です。

由緒正しい佇まいのお店ですが、店主さんに話をしてみるとむちゃくちゃ気さく。

原由子さんから頂いた様々な手紙のアルバム(すべて直筆!)を見せていただいたり、ライブの裏話を話してくれたりと、とってもいい方でした。

どちらからです?と問われたので静岡からとお答えると、親?が静岡(富士市)出身とのこと。なるほど、なのでお茶屋さんなんですね。

サザン通り商店街の会長をされていたそうで、桑田さんの同級生やゆかりのある方が経営されている様々なお店を教えていただき、商店街のマップももらいました。

茅ヶ崎でサザン聖地巡礼をするならば、必ずこのお店に寄りましょう。

楽しいお話し、ありがとうございました!

御朱印がもらえるかも!?サザン神社

茶商小林園さんの筋向かいにあるサザン神社はサザンファンの聖地。

ご許可をいただき撮影させてもらいました

こちらは小林園さんが所有する神社です。

ライブビューイングに行った話をしたらその時の日付で御朱印をいただきました。

右がその御朱印です。

もちろん正式な神社ではありませんが、小林園店主さんの達筆な筆捌きでサザンファンにとっては特別なアイテム。

小林園さん、本当に『ありがとね!』。

神社では次もライブビューイングが当たるよう、しっかりとお願いしてきましたよん。

『I AM YOUR SINGER』のジャケットでお馴染みのサザンCは必見!茅ヶ崎サザンビーチ&烏帽子岩

サザン通り商店街を南に下り、少し歩くとサザンビーチちがさきに到着。

こちらの見所はなんと言っても『I AM YOUR SINGER』のジャケットでも使われたサザンCのモニュメント。

ちなみに上の写真をLightroomで『I AM YOUR SINGER』のジャケット風に現像してみると・・・

どう?そっくりでしょ??

このモニュメント、Cの空いているとこにカップルで立つと円(縁)になり恋が成就するらしく、この日は連休ということもあり多くのカップルが訪れていました。

そしてモニュメントの先には烏帽子岩が見えます。

が・・・今回は広角単焦点のリコーGRⅢしかもっていなかったので、烏帽子岩がほぼ見えないのがちょっと残念でした・・・。

訪れたのは2月。真冬だというのにウェットスーツを着たサーファーさんがわんさか。

多くの海水浴客で賑わう夏のサザンビーチも見てみたいものです。

茅ヶ崎ライブの聖地 茅ヶ崎公園野球場

サザンビーチちがさきから国道134号線を挟んで建つのが茅ヶ崎公園野球場。昨年、サザンオールスターズ茅ヶ崎ライブ2023が行われたファンにとっての聖地です。

私も昨年ライブビューイングを観覧しましたが、開催の地に訪れることができて超感慨深い。

そんな茅ヶ崎公園野球場では2000年、2013年、2023年と、3度サザンオールスターズのライブが行われていますが、野球場の周辺はお世辞にも広くなく周りには民家も多いのに、このような場所であれだけの規模のライブを行うには周辺の理解が必要です。

きっと地域に愛されるサザンオールスターズだからこそ実現できたイベントなんでしょうね。

パシフィックホテルの跡地パシフィックガーデン茅ヶ崎

茅ヶ崎公園野球場から国道134号線を東に1.2kmほど歩くとパシフィックガーデン茅ヶ崎に到着します。

こちらは2000年に発売されたサザンオールスターズの『HOTEL PACIFIC』のモデルとなったパシフィックホテル茅ヶ崎の跡地です。『夏をあきらめて』の2番の歌詞でも出てきますね。

現在はパシフィックガーデン茅ヶ崎というリゾートマンションが建っています。

ちなみにパシフィックホテルは茅ヶ崎育ちの加山雄三さんとそのお父上である上原謙さんが共同オーナーだったホテルで、建設された1960年代では最新鋭のリゾートホテルだったそうです。

その後、運営会社が倒産して所有者が転々と変わり、1998年の秋ごろまで存在していたそうですがその後取り壊され、1999年にこの高級マンションが建設されたそうです。

桑田佳祐の初恋の人は何処?ラチエン通り

1979年発売のサザンオールスターズの楽曲『ラチエン通りのシスター』でおなじみのこちらラチエン通りは、パシフィックガーデン茅ヶ崎まで続く市道です。

ご覧の通りなんてことない市道に見えますが、実は歴史ある通りらしいです。

そして振り返ると遠くに烏帽子岩が見えました(広角レンズしか持ってなかったので写真ではよくわかりませんね)。

ちなみにシスターとは桑田さんの中学時代の先輩で初恋の人。ラチエン通り近くに住んでいたそうです。

今回撮影したカメラ

今回撮影に使ったカメラはリコーGRⅢ。

小さいボディなのでポケットからスルッと出せて速写性抜群。そして吐き出す絵はAPS-Cセンサーを搭載しているだけあり申し分なしです。

今回はネガフィルム調で撮ってみたので、ちょっと懐かしさの残る写真に仕上がりました(サザンCのモニュメントのみRAW撮影)。

最後に

今回はサザンオールスターズ聖地巡礼の旅茅ヶ崎編と題し、茅ヶ崎市でサザンオールスターズや桑田佳祐さんのゆかりの地を巡ってみました。

MY LITTLE HOME TOWNで『🎵夕方CHIYAMA集合』と歌われた、幼少期の桑田さんが通った伝説のレコード店CHIYAMA(現在は閉店)にも行ってみたかったのですが、歩きだったのでヘトヘトで断念。

最後のもう一度寄った小林園さんでそんな話をすると、レンタサイクルを用意しているとのこと。なるほど、平坦な茅ヶ崎ならば自転車で巡った方がいいかもしれませんね。

ということでサザンオールスターズを堪能した素晴らしい休日になりました。他にもまだまだ聖地があるかも?

ぜひ知っている方は下のコメント欄で教えてくださいね。

茅ヶ崎ライブ2023 Amazonリンク → https://amzn.to/3HUdlVQ

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。