ピエール・ガスリー凱旋! しかし…

明日は、スーパーフォーミュラの最終戦の決勝が鈴鹿サーキットで行われる。

なんといっても今回のハイライトは、
『ピエール・ガスリー、チャンピオンをかけ日本に凱旋! F1アメリカGPは欠場へ』
2017年7月9日 CANON EOS5D MarkⅣ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM + 1.4×Ⅲ 露光量1/100(f/8.0) 焦点距離476mm ISO250
オートスポーツの表紙に使われそうな文体だ…。
と思い、そのオートスポーツWebに目をやる。
『スーパーフォーミュラ最終戦 台風接近で中止 石浦のチャンピオン決定!』
本物の記者様は、私の文章など比べようも無いほどのインパクトを持っていた…。
私の日曜日の最大の楽しみが…。
いや、私の事などどうでも良い、スーパーフォーミュラのチャンピオンを取るため、F1を欠場してまで来日したガスリーの事を思うと、非常に気の毒でならない。
2017年7月9日 富士スピードウェイ スーパーフォーミュラ ピットウォークにて配布
 
2017年7月9日 CANON EOS5D MarkⅣ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM + 1.4×Ⅲ 露光量1/20(f/13) 焦点距離476mm ISO100

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す