人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

キヤノンRF100-500mm F4.5-7.1L IS USM購入記【Part1】レース撮影用超望遠レンズを選ぶ

キヤノンEOS R5を所有する私は、モータースポーツ撮影用のレンズとしてEFマウントレンズのキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMにマウントコンバーターを介して装着使用してきた。

しかし、さまざまな理由から、この度キヤノンRF100-500mm F4.5-7.1L IS USMを購入した。

そこで今回から数回に渡り、EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMからRF100-500mm F4.5-7.1L IS USMに代替えした経緯と、RF100-500mm F4.5-7.1L IS USMとEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMの比較について書いてみたいと思う。

この記事が、RF100-500mm F4.5-7.1L IS USM購入を迷われている方の参考になれば幸いだ。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMでは焦点距離が足りないことも

私の趣味は写真撮影。

このブログでも私が撮った多くの写真を掲載しているが、その中でもレーシングマシンの撮影は私がもっとも得意とする。

コロナ禍前は毎月のように富士スピードウェイへ出向き、多くのマシンを流し撮りしてきた。

そのモータースポーツでの流し撮りで活躍するのが望遠レンズ。

特にエスケープゾーンが広い富士スピードウェイでは、他のサーキットに比べて長い焦点距離のレンズ、いわゆる超望遠レンズが必要となる。

そんな私が使用する超望遠レンズがキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMだ。

2016年の購入以来、このEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMに1.4のエクステンダーを装着してテレ端560mmとして、じつに10万回以上撮影してきた。

しかしこのテレ端560mmでも、富士スピードウェイのAコーナーやヘアピンコーナー、鈴鹿サーキットの1コーナーや逆バンクなど、焦点距離が足りないことがある。

『写真は足で稼げ』という名言があるが、サーキットでは安全のためのフェンスがありコースに近づくことができず、邪道とも言われるトリミングを多用する・・・。

レンズ買い換えたいなあ・・・。

カメラはEFマウントからRFマウントへ

私がEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを購入した時のメインカメラはキヤノンEOS 7D MarkⅡ。

連射速度は秒間10枚と、当時サーキットでもっとも人気のあるカメラだった。

そしてEOS 7D MarkⅡはAPS-Cのため、EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMと1.4エクステンダーの組み合わせで、35mm換算896mmと焦点距離は申し分なかった。

その後フルサイズ機に興味を持ち、キヤノンEOS 5D MarkⅣに乗り換えた。

EOS 5D MarkⅣはオートフォーカス性能や描写性能でEOS 7D MarkⅡを凌駕していたが、フルサイズのためにEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM+1.4エクステンダーでも焦点距離は560mmと、サーキットでは物足りない。

2020年、時代はミラーレスになり、EOS 5D MarkⅣとともにRFマウントのキヤノンEOS R5も購入した。

そのEOS R5をマウントコンバーターを介してEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMに装着し、2020年のスーパーGT最終戦に投入したところ、ミラーレス機でも問題なく撮影できることがわかった。

私のモータースポーツ用カメラは、RFマウントのEOS R5になったが、EOS 5D MarkⅣ同様にフルサイズ機のため、焦点距離問題は克服できないでいた。

560mmでは足りないんだよなあ・・・。

次第に拡充する超望遠RFレンズ

何度も書くが、時代はミラーレス機。

ミラーレスは一眼レフに比べると動き物に弱いと言われていたが、それは過去の話し。

私の所有するEOS R5も、ミラーレス最大の難点とされたEVFの遅延は気にならなくじつに自然だ。

キヤノンも動き物に強いEOS R3を投入し、一眼レフからの代替えを本気で狙っており、同時にスポーツ撮影で多く使われる超望遠レンズも続々と発売されている。

私が欲しい焦点距離は、EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMのテレ端400mmを超えるレンズ。1.4のエクステンダーを付けて、35mm換算で600mmいや700mm以上で運用したい。

となると最低でもテレ端500mmは欲しい。

現在のRFマウントでテレ端500mm以上のレンズは4本(2021年12月現在)あるのだが、それらを1本ずつ見ていくことにしよう。

キヤノンRF600mm F4L IS USM

現在、超望遠RFマウントレンズの王様といえば、このRF600mm F4L IS USMで、焦点距離が600mmでありながら、F値がF4.0のとんでもない明るいレンズになる。

こんな明るいレンズならばフェンスを消しての撮影も可能になる。

このレンズに1.4のテレコンバーターを装着すれば、F5.6ながら840mmの焦点距離になり、マシンの背景を思いっきりぼかした撮影も可能だ。

またこのクラスならばオートフォーカス性能も爆速だろうし、モータースポーツ撮影では理想のレンズなのだ。

ただしこのレンズ、2つの大きな欠点がある。

1つ目はデカくて重い。

このレンズの長さは472mmで、カメラを入れると総延長500mm・・・そう50cm以上になる・・・。

また重さは・・・へっ?

3kg超え??

このレンズを持ってのイベントブース巡りは容易ではない・・・。

2つ目の欠点は値段。

価格.comで調べてみると、なんと160万円超!

マジで新車買えます・・・。

デカくて重く、バカ高い当レンズを買う勇気は私にはない。

キヤノンRF600mm F11 IS STM

RF600mm F11 IS STMは、600mmの超望遠レンズながらも930gと軽量で小型な単焦点レンズで、沈胴式構造を採用し、高い携帯性を備えている。

EFマウントのレンズにはなかったコンセプトのレンズだ。

しかしF値はF11と相当に暗く、エクステンダー1.4を装着すると開放F値はとんでもなく暗くなる・・・。

またキヤノンが本気で開発するLレンズではないため、EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMの描写性能には劣ることが考えられ、代替え機にはなり得ないだろう。

面白いコンセプトのレンズだが、これはパスだな。

キヤノンRF800mm F11 IS STM

RF800mm F11 IS STMも上記のRF600mm F11 IS STMと同様のコンセプトのレンズだ。

焦点距離が800mmもあるため、エクステンダーを装着する必要はないが、やはり描写性能でEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMには敵わないだろう。

ということで私が求めるレンズはこれではない。

キヤノンRF100-500mm F4.5-7.1L IS USM

RF100-500mm F4.5-7.1L IS USMは、現在ライナンナップされている500mmを超える超望遠RFマウントレンズの中で唯一のズームレンズで、100mmから500mmまでをカバーする。

エクステンダー1.4を装着するとテレ端700mmの焦点距離になる。F値が少々暗いのが気になるが、焦点距離と金額を考えると想定の範囲内だ。

またこのレンズはキヤノン本機のLレンズのため、描写性能も申し分ないだろう。

何よりこのレンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMの後継機と目されており、同レンズをターゲットに徹底的にブラッシュアップされている。

まさに私のような者を想定したレンズなのだ。

これ、買おうかな・・・。

ということで、EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMの代替え機としてRF100-500mm F4.5-7.1L IS USMに照準を絞った。

このレンズがEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMを大幅に上回るものならば代替えしようと思い、徹底的に調べてみることにした。

次回につづく

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。