人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

【第29回】今日の一枚『可夢偉のKCMGをピット上から撮影!今年こそSF初優勝を!』

撮影日2019年7月14日
イベント2019年スーパーフォーミュラ第4戦
観戦記https://motorsport-photography.net/2019-super-formula-round4/
場所富士スピードウェイ
カメラキヤノンEOS5D MarkⅣ
レンズキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
シャッタースピード1/160
F値F5.0
焦点距離164mm
ISO100

今日の一枚は、2019年の富士スピードウェイで行われたスーパーフォーミュラ第4戦で、ピットロード出口でスタート練習に向かう小林可夢偉選手を、ピットビルB棟の屋上から撮影した写真です。

小林可夢偉選手は歴代日本人F1ドライバーの中で唯一自動車メーカーのバックアップがなくF1チームと契約したドライバーで、そのザウバーで魅せた走りは、多くの日本人F1ファンに感動を与え、日本人初の優勝ドライバーになるのではと夢を与えてくれました。

そんな可夢偉選手も政治的な部分でF1に残ることができず、現在はトヨタのWECとともにスーパーフォーミュラに参戦しています。

そのスーパーフォーミュラでは新興チームのKCMGに所属し、可夢偉選手の速さは随所に見ることができますが、チームのミスもあり優勝まであと一歩のところでまだ勝てていません。

早く可夢偉選手の勝利を見たい!と思いながら、もう6年目に突入しました・・・。

今年はチーム体制を強化し2台体制に・・・今年こそは!

新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されているスーパーフォーミュラですが、先日8月末にツインリンクもてぎで開幕することが発表されました。

早くまた、ドライバー同士の真剣勝負が観たい、と思いながら開幕を指折り数えながら待つことにします。

『今日の一枚』一覧は下のボタンをクリック

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS