明日はスーパーGT富士戦 昨年のレースを少しだけ振り返る

明日から富士スピードウェイでスーパーGT第2戦が行われます。

このイベントはゴールデンウィークということもあり、モータースポーツ好きが全国各所から集まり、スーパーGTシリーズの中で一番の観客動員を誇るレースになります。

私の住む静岡市は現在(前日20時)大粒の雨が降っており、80km程しか離れていない富士スピードウェイも同じく大雨だと思います。

そこで天気予報を確認するど、予選日午前中のフリー走行は雨が残りそうですが、それ以降は大丈夫そうですね。

昨年のトップ3を写真で振り返る

それにしても去年のGTからもう一年が経ったんですね。

では、昨年2017年の結果を撮影した写真とともに紹介します。

昨年の優勝者はこちら、

優勝者ZENT CERUMO、圧巻の走りでしたね。

そして2位が、

蛍光ピンクが鮮やかなLEMANS WAKO`Sでした。

3位は、

レッドブルカラーが新鮮だったKeePerTOM`Sでした。

今年はレッドブルのスポンサー料が減ったのか、紺色のかっこいいラインからKeePerの鮮やかなブルーに戻ってしまいました。

この写真はちょっとブレブレですが、1/10秒の超スローシャッターで写してみました。

昨年は開幕からレクサスのLC500がむちゃくちゃ強く、開幕に続き第2戦のこの富士スピードウェイでも表彰台を独占してしまいました。

今年は混戦必至! 誰が勝つかわからない第2戦の富士

しかし今年2018年は開幕から各車混戦の様相で、LC500・GT-R・NSX-GTどれが優勝するか予想がつきません。

2018年スーパーGT開幕! ジェンソンバトン開幕戦から表彰台獲得!

2018年4月9日

そんな中、私はNSX-GTに乗るジェンソンバトンのチーム国光を応援したいと思います。

 

それでは、明朝に富士スピードウェイへ向け出発しますので、本日は早く寝たいと思います。

おやすみなさい・・・。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
 
ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS