TOYOTA ル・マン24時間耐久レース挑戦の歴史




本日フランスではル・マンがスタートを切りますが、今年はトヨタが圧倒的有利の中開催されます。

そこで1985年から始まったトヨタのル・マン24時間耐久レース挑戦の歴史を、振り返ってみたいと思います。

1985年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 85C / 2台 / 12位

1986年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 86C / 2台 / リタイヤ

1987年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 87C / 2台 / リタイヤ

画像はwikipediaより

1988年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 88C / 2台 / 12位

1989年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 89C ・ TOYOTA 88C / 3台 / リタイヤ

画像はwikipediaより

1990年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 90C-V / 3台 / 6位

画像はwikipediaより

 

1992年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS010 ・ TOYOTA 92C-V / 5台 / 2位

画像はwikipediaより

1993年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 93C-V TOYOTA TS010 / 5台 / 4位

2017年11月19日撮影 SUZUKA Sound of ENGINEにてデモランするTS010

1994年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA 94C-V / 2台 / 2位

画像はwikipediaより

1995年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA Supra GT-LM / 2台 / 14位

1996年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA Supra GT-LM / 1台 / リタイヤ

1998年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS020 / 3台 / 9位

画像はwikipediaより

1999年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS020 / 3台 / 2位

画像はwikipediaより

2012年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS030 HYBRID / 2台 / リタイヤ

2012年10月14日撮影 WEC富士スピードウェイにて走行するTS030 HYBRID

2013年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS030 HYBRID / 2台 / 2位

2013年10月19日撮影 WEC富士スピードウェイにて ピットインするTS030 HYBRID

2014年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS040 HYBRID / 2台 / 3位

2014年10月12日撮影 WEC富士スピードウェイにて ホームストレートを走行するTS040 HYBRID

2015年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS040 HYBRID / 2台 / 6位

2015年10月11日撮影 WEC富士スピードウェイにて ネッツコーナーを走行する2台のTS040 HYBRID

2016年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS050 HYBRID / 2台 / 2位

2016年10月16日撮影 WEC富士スピードウェイにて この年よりカラーリングを一新したTS050 HYBRID

2017年

参戦マシン名 / 台数 / 総合最高順位

TOYOTA TS050 HYBRID / 3台 / 8位

2017年10月14日撮影 WEC富士スピードウェイにてライバルポルシェの前を行くTS050HYBRID

最後に

本日2018年6月16日、フランスで2018年のル・マン24時間耐久レースがスタートを切ります。

昨年ライバルであったポルシェがワークス活動を撤退し、2018年はトヨタが圧倒的有利と目されています。

しかし今回、挑戦した30年以上の歴史を紐解いてみると、あらためて24時間レースは何が起こるか全くわからないと感じました。

唯一のメーカー系ワークスチームとして、また唯一のハイブリッドマシンとして、速さではライバルを大きく上回っています。

しかし24時間レースは、マシンの総合的な耐久力やレーシングアクシデントに見舞われない運が、非常に大きなファクターとなります。

総合順位2位が5回、今までトヨタに足りなかった“運”を手に入れ、悲願のル・マン初制覇はなるか・・・。

今年から全24時間生放送を敢行するJSPORTSにて、ワタクシぴぴも24時間耐久観戦に挑みます。

2017 WEC富士 観戦記 前編

2017年10月16日

2017 WEC富士 観戦記 後編

2017年10月17日

F1王者アロンソがトヨタガズーレーシングよりWECレギュラー参戦!  〜着々と進行する世界三大レース制覇への夢〜

2018年2月11日

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次のページ

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS