ソニーα7RⅢ 購入記 vol.1 キヤノンさんもう待てません! ミラーレス購入検討

こんにちは、ぴぴです。

ワタクシ、物欲が溢れ出て止まりません。

ポートレート撮影でピントが甘い

私の被写体は基本的にレーシングマシンですが、時には子供やレースクイーンも撮影します。

一昨日、とあるポートレートの撮影会に参加し、1年半ほど使用し操作もすっかり慣れたキヤノンEOS5D Mark4を手に、3000枚以上を撮影してきました。

帰宅し、Lightroom classic CCにて現像作業を行い、いつものように2倍表示にし確認すると、なーんかピントが甘いモノがチラホラ。

炎天下で重いEF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMを使い、手がプルプルしてたせいかなとか、ワンショットAFでなくAIサーボで取ればよかったのかなと考えたが、やはり私の腕のせいだろうという結論に達しました。

瞳AFが気になる

腕をカバーするにはどうすればと考えた末に、ふと瞳AFのことが気になり始めました。

瞳AFとは、被写体の瞳にピントが合い続けてくれるという、我々腕の無いアマチュアカメラマンには画期的な機能なのです。

いや試したことはないので、どれ程の実力なのかはわかりませんが…。

反面、楽すぎて腕が落ちると言われていますが、もともと腕が無い私にとってそんなことはどうだっていいのです。

ポートレート用カメラを検討

そこで、ポートレート用のカメラの買い足しを検討することにしました。

購入するにあたり、絶対に譲れないポイントは以下のとおりになります。

  • 瞳AF
  • 35mmフルサイズセンサー
  • 3000万画素以上の高画質

当然、今回の検討の主な目的である瞳AFは絶対条件。

また、現在私の主力機であるキヤノンEOS5D Mark4並の高画質で残したいため、フルサイズセンサー装着と同等以上の画素数も確保したいと考えます。

あっ、勿論動きモノに絶対の信頼がある一眼レフ機、キヤノンEOS5D Mark4は、モータースポーツ撮影のために残しますよ。

ポートレート用カメラの候補選定

そこでまず、瞳にオートフォーカスを合わせてくれる機種を調べてみると、以下のカメラでした。

ソニーα7シリーズ

ソニーα9

キヤノンEOS Kiss M

オリンパスOM-Dシリーズ

パナソニックGH5

各社名称は異なりますが、これらの機種が瞳にオートフォーカスを合わせてくれる主なカメラになります。

これらの中で、フルサイズセンサー装着機はソニーαシリーズのみとなります。

そのソニーαシリーズの最新機種は以下になります。

ソニーα7Ⅲ

ソニーα7RⅢ

ソニーα9

この中で、3000万画素以上の機種はα7RⅢのみで、ダントツの4360画素を誇ります。

瞳AFの追従性は、他の2機種に若干劣るようですが、この画素数はなんとも魅力的ですよね。

ということで、購入候補はソニーα7RⅢに決定しました。

長年のキヤノン党がソニーを購入するのか、それとも今後もキヤノンEOS5D Mark4の1台でいくのか・・・。

今後の展開に乞うご期待!

ソニーα7RⅢ 購入記 vol.2 αEマウント購入か? それともキヤノンミラーレスを待つ?

2018年7月1日

今回登場したカメラ

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




8 件のコメント

  • コメントを残す