人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

WEC富士開幕!5メーカーがひしめくハイパーカークラスは日本ゆかりのドライバーや元F1ドライバーも多く参戦!

今年もWEC富士が開幕しましたね。

2012年の新生WEC開催から全ての富士スピードウェイでのレースを観戦している私。当然今回も行きますよ。日曜日だけですが。

今回の見所は何といってもトヨタvs.フェラーリ。

不可解なBoPがあったものの、50年ぶりに復帰したフェラーリは100回記念のル・マン24時間を制覇し、大盛り上がりしたことが記憶に新しいですね。

ただ2023年のWECシリーズは、今までのところル・マン24時間以外は全てトヨタが制しているんです。

2023年WEC
  • 第1戦 セブリング トヨタ7号車
  • 第2戦 ポルティマオ トヨタ8号車
  • 第3戦 スパフランコルシャン トヨタ7号車
  • 第4戦 ル・マン フェラーリ51号車
  • 第5戦 モンツァ トヨタ7号車

さらにトヨタは地元富士でめっぽう強く、新生WECが開幕した2012年以降の9開催で8度の優勝を飾っています。あのアウディやポルシェが強かった時代も、ここだけは速いんです。

やっぱり優勝の大本命はトヨタ。ただ個人的にはフェラーリとの僅差のレースを期待したいと思っています。

その他にも昨年話題になった羽根なしプジョー9X8や、今年から参戦するLMDh勢のキャデラックとポルシェも参戦。今年のハイパーカーは実に豪華ですね。

ということでWEC富士のハイパーカーのエントリーリストがこちら。

No.チームマシンドライバー
2キャデラックレーシングキャデラックVシリーズ.RE.バンパー
A.リン
R.ウエストブルック
4ヴァンウォールレーシングチームヴァンウォールヴァンダーヴェル680E.グエリエリ
T.ヴォーティエ
JP.デ・オリベイラ
5ポルシェペンスキーモータースポーツポルシェ963D.キャメロン
M.クリステンセン
F.マコヴィッキ
6ポルシェペンスキーモータースポーツポルシェ963K.エストレ
A.ロッテラー
L.ヴァントール
7トヨタガズーレーシングトヨタGR010 HYBRIDM.コンウェイ
小林可夢偉
J.マリア・ロペス
8トヨタガズーレーシングトヨタGR010 HYBRIDS.ブエミ
B.ハートレー
平川亮
38チームジョタポルシェ963A.フェリック・ダ・コスタ
W.スティーブンス
Y.イーフェイ
50フェラーリAFコルセフェラーリ499PA.フッコ
M.モリーナ
N.ニールセン
51フェラーリAFコルセフェラーリ499PA.ピエール・グイディ
J.カラド
A.ジョヴィナッティ
93プジョープジョー9X8P.ディ・レスタ
M.イェンセン
J=E.ベルニュ
94プジョープジョー9X8L.デュバル
G.メネゼス
S.バンドーン
99プロトンコンペティションポルシェ963
(LMDh)
N.ジャニ
G.ブルーニ
H.ティンクネル

参戦リストを見ると元F1ドライバー(青ライン)のエントリーも多く、さすが世界選手権、ドライバーラインナップはトップレベルです。

記憶に新しい元F1ドライバーとしては一昨年までアルファロメオに所属していたアントニオ・ジョヴィナッツィ選手(フェラーリ51号車)でしょう。

またブレンドン・ハートレー選手(トヨタ8号車)やストフェル・バンドーン選手(プジョー94号車)も最近までF1に参戦してましたね。

またポール・ディ・レスタ選手(プジョー93号車)やセバスチャン・ブエミ選手(トヨタ8号車)も長くF1に参戦していたので、記憶にあるファンも多いかもしれません。

その中でも参戦ドライバー中F1でNo.1の実績を誇るのが小林可夢偉選手(トヨタ7号車)で、彼は唯一F1で表彰台を獲得しており、今回もトヨタ7号車の牽引役として大活躍してくれることでしょう。

・・・ただね、WEC富士で彼を見れないのは残念でした。ジャック・ヴィルヌーヴ選手。

2023年のWECシリーズは、数年前のフェルナンド・アロンソ選手以来のF1世界チャンピオン参戦で話題となりましたが、ブランクが長すぎたのか多くのミスをして第3戦終了後に所属するヴァンウォールを解雇・・・。富士で見たかったなあ。

また、日本ゆかりのドライバー(赤ライン)もトップカテゴリーに多く参戦しています。

トヨタから参戦する小林可夢偉選手(トヨタ7号車)や平川亮選手(トヨタ8号車)はもちろんのこと、スーパーGTに参戦中のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手(ヴァンウォール2号車)もエントリー。

また、かつてフォーミュラニッポン(スーパーフォーミュラ)やスーパーGTに長く参戦を続けていたアンドレ・ロッテラー選手(ポルシェペンスキー6号車)や、ロイック・デュバル選手(プジョー94号車)も来日します。

国内モータースポーツも大好きな私としては彼らの活躍にも期待したいです。

ということで、明日は6時間のレースを様々なコーナーで観戦&撮影をし、存分に楽しんできたいと思います。

その模様は後日『観戦記』という形でこのブログにアップしますので、興味のある方はまた覗いて見てください。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。