1/43マクラーレンMP4/8 ミニカーコレクションvol.18 実車のように撮影し実車を語る

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

1/43のミニカーを実車のように撮影し、実車の現役時代を紹介するこのコーナー、今回はマクラーレンが1993年F1グランプリに投入した、MP4/8を取り上げていきたいと思います。

マクラーレンMP4/8の外観チェック

まずはマクラーレンMP4/8の外観をチェックしてみます。

ドニントンパークでの伝説のオープニングラップ

マクラーレンMP4/8は伝説のF1ドライバーであるアイルトン・セナが、マクラーレンで最後に乗ったマシンです。

MP4/8を語る上で欠かせないエピソードといえば、ドニントンパークサーキットで行われた雨の1993年ヨーロッパグランプリです。

4番手グリッドからスタートしたセナは、スタートに失敗し1コーナーを5番手で通過しますが、シューマッハ・ベンドリンガー・ヒル・プロストをオープニングラップで抜き去り、実況の三宅アナウンサー曰く、「鬼神のような走り」で、オープニングラップをトップでコントロールラインを通過しました。

雨に翻弄されたレースは、7回のタイヤ交換が行われた末、当時最強を誇ったウィリアムズFW15Cを駆るライバルプロストをラップダウンして、セナのMP4/8が優勝を飾ったレースでした。

マクラーレンMP4/8を実車のように撮る!

それではマクラーレンMP4/8を撮影していきます。

もちろんテーマはいつものように、『実車のように撮る!』です。

カーナンバー8はアイルトン・セナのマシン。

マクラーレンMP4/8の横には、1993年の最強マシンであるウィリアムズFW15C。

ウィリアムズFW15Cのドライバーはアラン・プロスト。

この年限りでプロストが引退したため、最後のセナプロ対決となった。

タバコ広告禁止国では、Marlboroロゴの代わりにチームロゴやストロボマークが描かれていたが、現在発売されるミニカーではそれすらも禁止されているのか、かなりのっぺりとした印象になってしまいます。

以上、マクラーレンMP4/8を実車のように?撮影してみました。

今回登場したミニカー

今回撮影に登場したミニカーを紹介します。

【ixo製】マクラーレンMP4/8

デアゴスティーニF1マシンコレクションの第19号で、IXO製です。

【ixo製】ウィリアムズFW15C

2017年2月に発売されたデアゴスティーニF1マシンコレクションの第3号で、IXO製になります。

1/43ウィリアムズFW15C ミニカーコレクションvol.17 実車のように撮影し実車を語る

2019年12月7日

【マテル製】フェラーリF93A

マテル製の特別バージョンで、2013年前後に発売されたモデルだったと記憶しています。

おそらく現在は絶版だと思います。

1/43フェラーリF93A ミニカーコレクションvol.16 実車のように撮影し実車を語る

2019年12月2日

マクラーレンのその後

1988年から、ホンダとアイルトン・セナとともに黄金期を迎えていたマクラーレンでしたが、1992年を最後にホンダエンジンを失い、この1993年シーズンでアイルトン・セナもチームを離脱します。

この年フォードのカスタマー契約問題など翻弄したエンジンについては、1994年からランボルギーニなども候補に上がりますが、プジョーと契約するも1年で決別。

そして1995年からメルセデスエンジンを搭載し、1996年には鬼才エイドリアン・ニューウェイ氏を獲得することにより、徐々に速さを取り戻していきます。

その結果、大きくレギュレーションが変更した1998年から最強チームとして2年連続でドライバーズチャンピオンを獲得し、メルセデスとは20年に渡る協力関係を築き上げていきました。

以上、今回はマクラーレンMP4/8を取り上げてみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ミニカー記事一覧は下のボタンをクリック

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す