人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

スーパーGTニスモGT-R(2018)松田次生&クインタレッリのGTでもっとも人気のマシン【ミニカー#21】

1/43のミニカーを実車のように撮影し、実車の現役時代を紹介するこのコーナー、今回はニスモが2018年スーパーGTに参戦するために製作した、ニスモGT-Rを取り上げていきたいと思います。

スーパーGTニスモGT-R(2018#23)の外観チェック

まずはスーパーGT参戦車両、ニスモGT-R(2018#23)の外観をチェックしてみます。

2018年GT-R勢唯一の優勝マシン

2018年5月スーパーGT第2戦で優勝したニスモGT-R(実車)
富士スピードウェイにて

2018年のスーパーGT GT500クラスで、唯一GT-R勢で優勝したのがニスモGT-Rでした。

その勝利はゴールデンウィークに富士スピードウェイで行われた第2戦でしたが、スーパーGTで一番の人気チームであり、特に富士スピードウェイでは多くのニスモファンおり、私も現地で観戦していましたが、スタンドは歓喜に沸いていたことを記憶しています。

しかしその第2戦以来、2019年終了まで勝利から遠ざかっているニスモ。

スーパーGTを盛り上げるためにも、新車両を投入する(ベースマシンはGT-Rのまま)2020年には是非とも多くの勝利をあげて、チャンピオンに返り咲いてもらいたいと願っています。

2018開催地順位
Rd1岡山国際サーキット5位
Rd2富士スピードウェイ1位
Rd3鈴鹿サーキット6位
Rd4チャーン
インターナショナルサーキット
12位
Rd5富士スピードウェイ9位
Rd6スポーツランドSUGO7位
Rd7オートポリス15位
Rd8ツインリンクもてぎ7位
総合GT500クラス8位

スーパーGTニスモGT-R(2018#23)を実車のように撮る!

それではスーパーGTのニスモGT-R(2018#23)を撮影していきます。

もちろんテーマはいつものように、『実車のように撮る!』です。

ピットでコースインを待つニスモGT-R。

となりにはNDDPレーシングのガレージが見えます。

ポールポジションの位置からパレードラップを待つニスモGT-R。

後ろにはニスモとともに名門チームであるトムスが見える。

ルーフの太いアンテナだけが少々残念ですが、実車も少々太めなんですよね。

ドア下の複雑なフィンもしっかり再現しており、さすがMade in JAPAN、さすがエブロといったところです。

フロントバンパーサイドのカナードも、装着されています。

以上、ニスモGT-R(2018#23)を実車のように撮影してみました。

今回登場したミニカー

今回撮影に登場したミニカーを紹介します。

【エブロ製】スーパーGTニスモGT-R(2018#23)

エブロ製で、2019年のゴールデンウィークに静岡市の直営店、エブロギャラリーで購入しました。

すでに絶版なのか、アマゾンでは販売されていなかったので、参考に2018年のテストカーを載せておきます。

【エブロ製】スーパーGTトムスLC500(2017#37)

エブロ製で、2019年12月にこちらも同じくエブロギャラリーで購入しました。

最後に

今回は、2018年のスーパーGTに参戦したニスモGT-R23号車のミニカーを、実車のように撮影してみましたが、いかがでしたでしょうか。

1万円に限りなく迫る高価なミニカーのため、細部までよく再現されていて、撮影をしていてもテンションが上がりました。

またF1をはじめとしたフォーミュラカーよりも、箱車のミニカーは写真映えがしてより本物に近く撮影できたと私なりには満足しております。

以上、今回はスーパーGTニスモGT-R(2018#23)を実車のように撮影し、実車の現役時代を振り返ってみました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ミニカー記事一覧は下のボタンをクリック

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

115人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。