人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

ルノーR25【ミニカーで振り返るレーシングマシン84】アロンソ&ルノー初のチャンピオンマシン

1/43のミニカーを実車のように撮影し、実車の現役時代を紹介するこのコーナー、今回はルノーが2005年のF1に参戦するために開発した、ルノーR25を取り上げていきたいと思います。

マシンデータと戦績

まずはルノーR25の主要諸元をチェック。

年式2005年
カテゴリーF1
コンストラクタールノー
マシン名R25
デザイナーボブ・ベル
ティム・デンシャム
ティノ・トソ
エンジンルノーRS25
主要諸元表

つづいてルノーR25の戦績を見てみる。

コンストラクターアロンソフィジケラ
シーズン順位1位1位5位
シーズンポイント191P133P58P
優勝8回7回1回
ポールポジション7回6回1回
ファステストラップ3回2回1回
戦績表

アロンソ&ルノー初のチャンピオン!

ルノーR25は空力面で非常に優れたマシンだった。

ノーズ先端が垂れ下がった形状で、前年型ルノーR24に比べて細く絞られたルノーR25は、それに装着される複雑な3D形状のフロントウイングも特徴的。

サイドポンツーンはタイトに絞り込まれていて、上面には放熱用のルーバーが何本も刻まれている。

フロントサスペンションのロワアームのボディー側マウントはV字型のステーで取り付けられ、その形状はVキールと呼ばれた。

2005年シーズンはそれまで圧倒的な強さを誇ったフェラーリが低迷し、ルノーとマクラーレンが強さを誇ったシーズンだった。

開幕戦でルノーR25を駆るジャンカルロ・フィジケラがポールトゥウィンを飾ると、第2戦から第4戦までは同じくルノーR25を駆るフェルナンド・アロンソが3連勝を達成。

特に第4戦のサンマリノグランプリでは、フェラーリのミハエル・シューマッハの猛追を振り切った素晴らしいレースとして、今でも語り草になっている。

結局シーズンはルノーのアロンソとマクラーレンのキミ・ライコネンが7勝で並んだが、信頼性で勝るルノーのアロンソが表彰台フィニッシュ15回の抜群の安定感で、自身初のドライバーズチャンピオンに輝いた。

またルノーも1977年のF1参戦以来、初のコンストラクターズチャンピオンを獲得したシーズンだった。

では、そのルノーRS25のミニカーを詳しく見ていこう。

ルノーR25のミニカーを実車のように撮る!

それでは1/43のルノーR25を撮影していこうと思う。

もちろんテーマはいつものように、『実車のように撮る!』。

細く尖ったノーズを持つルノーR25。

ドライバーはこの年に自身初のチャンピオンを獲得するフェルナンド・アロンソだ。

この時代はブリヂストンとミシュランのタイヤ戦争真っ只中で、ルノーはこの年性能を一気に上げたミシュランタイヤを装着していた。

当時はタイヤに4本の溝が入ったグルーブドタイヤだった。

ルノーは長く水色とイエローのカラーリングで戦った。

水色は我が国JTのマイルドセブン(現メビウス)のカラーで、イエローはルノーのコーポレートカラーだ。

この年エアロダイナミクスの大幅な見直しを行ったルノーは、サイドポンツーンがタイトに絞られており、多くの空力フィンが装着される。

サイドポンツーン上部には、フェラーリF2003-GAからインスパイヤーされた放熱用のシャークルーバーが何本も刻まれている。

この年7回獲得したポールポジションの位置にルノーR25を停車させる。

奥に見えるのはミハエル・シューマッハのフェラーリF2005。

フロントセクションやリヤウイング翼端板、バージボードに描かれる『i』の文字は、日本のdocomoが手がけていた携帯電話用のメールやインターネットサービスのiモード。

現在はスマートフォンへの移行のため、2019年9月30日に新規受付を終了したらしい。

ルノーR25に搭載されるエンジンは前年型R24に搭載された物と同じバンク角72度の正常進化型。

当初は新設計のバンク角90度のV10エンジンを使用する予定だったが、2006年からの2.4LV8エンジン規定や、この年から義務付けられる2レース1エンジンでの信頼性を考え投入は見送られた。

タバコ広告規制のグランプリでは、ご覧のとおり通常MILD SEVENのロゴが入る場所にTEAM SPIRITという文字が入った。

F1ではこの翌年の2006年を最後にタバコ広告が禁止されたため、マイルドセブンは1994年から続いたエンストンのチーム(ベネトン〜ルノー)のタイトルスポンサーを2006年で降りている。

ルノーR25(左)と前年型のルノーR24(右)。

ルノーR25の方がノーズが細く、リヤセクションが絞り込まれているのがわかる。

以上、1/43のルノーR25を実車のように撮影してみた。

今回登場したミニカー

今回撮影に登場したミニカーを紹介する。

【ixo製】ルノーR25

デアゴスティーニのF1マシンコレクション20号で、イタリアのixoが製造を担当している。

【マテル製】フェラーリF2005

2006年初頭に購入したマテル製の通常ラインナップに、社外のマールボロデカールを装着した。

発売から15年ほど経過しているため、現在新品での購入は困難だと思われる。

【ixo製】ルノーR24

デアゴスティーニのF1マシンコレクション52号で、ixo製。

最後に

2度の世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、その経歴の長きをルノーR25を製作したエンストンのチームと共にしている。

2000年、国際F3000参戦中に当時ベネトンのチーム代表(翌年からルノーのチーム代表)だったフラビオ・ブリアトーレとマネージメント契約を結ぶと、ルノーとの契約下ながら2001年にミナルディでF1デビューすると、すぐに才能が注目される。

2002年はルノーのテストドライバーになり、2003年にルノーのレギュラードライバーに抜擢され初優勝を飾り、ランキング6位の成績を上げる。

そしてルノー在籍3年目となる2005年には、今回特集したルノーR25を駆り当時の最年少記録でドライバーズタイトルを獲得し、2006年もミハエル・シューマッハとの選手権争いに勝利してルノーで選手権連覇を達成。

その後2007年にマクラーレンに移籍するも若きルイス・ハミルトンとの間に確執が生まれ、翌年にはふたたび古巣のルノーに復帰する。

2年間をルノーで過ごしたのちに、2010年からフェラーリ、2015年からはマクラーレンに在籍するも、2018年を最後にF1を引退し、インディカーや世界耐久選手権(WEC)に活躍の場を変える。

そして2021年、アルピーヌと名称を変えたエンストンのチームから、3年ぶりにF1に復帰している。

名手アロンソとエンストンのチームは、切っても切れない縁で結ばれているのだ。

以上、今回は1/43のルノーR25を実車のように撮影し、実車の現役時代を振り返ってみた。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ミニカー記事一覧は下のボタンをクリック

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

48人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS