F1を彩ったタバコブランド20選

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

私がF1にどハマりした1990年、F1チームのマシンにはほぼタバコブランドのロゴか描かれていました。

そのカラーリングは全てにおいて美しく、『あのブランドのタバコを吸ってみたい』と当時の若者はそう思ったものでした。

その後、タバコは健康被害を助長するとして、各国でスポーツイベントでのタバコ広告を規制され、F1も例に漏れず2006年までにマールボロを除く全てのタバコメーカーが撤退をする事になり、現在のF1マシンにはタバコブランドは見られません※。

※ フェラーリとマクラーレンだけはちょっと怪しいが・・・

しかし1970年代から2000年代までのF1マシンに描かれていたタバコブランドのカラーリングを見ると、当時を思い起こし、つい魅了されてしまいますよね。

そこで今回は、F1チームをスポンサードしたタバコブランドを紹介してみたいと思います。

Marlboro(マールボロ)

マクラーレンMP4/4にもいたるところにマールボロのロゴ 2019年10月東京モーターショー2019にて
期間1970年代初頭〜2006年
チームマクラーレン・フェラーリ・アルファロメオ・BRM他

マールボロといえばマクラーレンやフェラーリ、古くはBRMやアルファロメオのメインスポンサーとして、長年にわたりF1スポンサーの代表的存在として君臨していました。

1976年のチャンピオンマシンマクラーレンM23 2017年11月SUZUKA Sound of ENGINEにて

特にマクラーレンは1976年のM23から始まり、1996年のMP4/11まで20年以上の長きにわたりマールボロがメインスポンサーを務めていました。

マールボロのサポートを受けたアルファロメオ 2018年11月SUZUKA Sound of ENGINEにて

また1980年代のアルファロメオもマールボロのサポートを受けており、そのマクラーレンに似たカラーリングから一部で偽マクラーレンと言われていました。

そういえば1990年前後は、多くのF1ドライバーのレーシングスーツに大きくマールボロのロゴが貼られ、彼らはマールボロドライバーと呼ばれておりモナコグランプリではマールボロドライバーだけが参加できる、超華やかなパーティーが催されていました。

MISSON WINNOWはフィリップモリスのプロジェクト 2019年10月日本GPにて

マールボロブランドを持つフィリップモリスは、現在もフェラーリに多額のスポンサー資金を投入しており、マシンに大きく書かれた『MISSION WINNOW』はフィリップモリスのプロジェクトです。

だけど『MISSION WINNOW』って何??

CAMEL(キャメル)

キャメルが初めてF1のスポンサーをしたロータス99T 2019年8月ホンダコレクションホールにて
期間1987年〜1993年
チームロータス・ベネトン・ウィリアムズ
1989年のロータス101 2018年11月SUZUKA Sound of ENGINEにて

私たちF1ブーム世代にとって、キャメルと言えば中嶋悟選手のロータスです。

キャメルは中嶋悟選手がF1にフル参戦し、フジテレビのF1中継が始まった1987年にロータスのタイトルスポンサーとしてF1に進出しました。

前年まで真っ黒のJPSカラーが定番だったロータスを、黄色一色に染め上げましたね。

そのロータスには1990年までスポンサードし、1991年からベネトンとウィリアムズをサポートし1993年終了後F1チームのスポンサーを降りました。

John Player Special(ジョンプレーヤースペシャル)

ロータスはJPSのサポートを受け長年戦った 2018年11月SUZUKA Sound of ENGINEにて
期間1972年〜1978年・1981〜1986年
チームラルース・ティレル

往年のF1ファンは、ロータスと言えば黒にゴールドラインのJPSカラーですよね。

2018年11月SUZUKA Sound of ENGINEにて

JPSが撤退した後、1989年からF1を見始めた私でも、黒いロータスの印象は色濃く残っています。

JPSは1972年よりロータスをスポンサードし、1979年・1980年を除き、1986年までロータス一筋で支援しました。

2011年、グループロータスがF1ルノーを買い取りロータスルノーGPとしてエントリーしたマシンのカラーリングは、黒地にゴールドライン(無論タバコ広告は無い)の塗装がされていました。

やはりロータスと言えばこのカラーなのです。

WEST(ウエスト)

1998年のマクラーレンMP4/13B 2018年10月日本GPにて
期間1985年〜1989年・1997年〜2005年
チームマクラーレン・ザクスピード

ウエストと言えばミカ・ハッキネン選手が、2年連続でチャンピオンを獲得したマクラーレンを連想しますね。

しかしF1への進出はもっと早く、1985年から1989年までザクスピードのメインスポンサーを務めていました。

あの鈴木亜久里選手が全戦予備予選落ちした、日本人にとってあまり印象の良くないチームでしたが・・・。

1989年のザクスピード消滅とともにF1を撤退しますが、1997年にマクラーレンが長年パートナーを務めたマールボロと別れウエストがタイトルスポンサーを務めます。

その後タバコ広告規制が厳しくなり、2005年ハンガリーグランプリをもって撤退しました。

LUCKY STRIKE(ラッキーストライク)

B・A・R 006にはラッキーストライクのロゴ 2019年8月ホンダコレクションホールにて
期間1999年〜2006年
チームB・A・R・ホンダ

F1をスポンサードするタバコメーカーは多くありましたが、タバコメーカーがF1チームを買収したのはブリディッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)ただ一社です。

1999年にブリティッシュ・アメリカン・レーシング(後のB・A・R)の筆頭株主とメインスポンサーになり、マシンの半分をラッキーストライクカラー、もう半分を555カラーにして走らせ、翌2000年より全面ラッキーストライクカラーで参戦しました。

その後チームをホンダに売却した2006年までスポンサードし、タバコ広告規制とともにF1を去りました。

2004年F1日本グランプリで、佐藤琢磨選手を応援するあまりラッキーストライクを1カートン購入し、その後私の愛用するタバコはラッキーストライクになりました。

555(スリーファイブ)

期間1999年〜2006年
チームB・A・R・ホンダ
B・A・R 006のノーズに555のロゴ 2019年8月ホンダコレクションホールにて

ラッキーストライクの項で書きましたが、555は1999年のブリティッシュ・アメリカン・レーシング(後のB・A・R)のマシン右半分に描かれました。

その後2000年より同チームは、全面がラッキーストライクカラーになり、555のロゴはノーズやサイドに小さく貼られました。

MILD SEVEN(マイルドセブン)

2005年のルノーR25 タバコ広告規制時は『TEAM SPIRIT』などのロゴ
期間1994年〜2006年
チームベネトン・ルノー・ティレル・ミナルディ

マイルドセブンと言えば、若き日のミハエル・シューマッハ選手がチャンピオンを奪取したベネトンや、ベネトンを受け継いだルノーでチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソ選手のマシンを思い出す人も多いでしょう。

JTのブランドとしてはキャビンが片山右京選手が在籍していた1992年にラルース、翌年はティレルをスポンサードしており、マイルドセブンはそのキャビンを受け継ぐカタチで1994年よりティレルをスポンサードしました。

それと同時にトップチームの一角であるベネトンにタイトルスポンサーとして大々的にF1に進出しました。

その後、ベネトンを買収したルノーへも引き続きサポートし、タバコ広告規制が行われる直前の2006年までタイトルスポンサーでした。

片山右京選手の移籍に伴い、ミナルディのスポンサーも行なっていましたね。

CABIN(キャビン)

期間1992年〜1993年
チームラルース・ティレル

国内トップフォーミュラとゆかりの深いキャビンは、1986年から1995年まで日本のモータースポーツでCABIN RACINGとして活動していましたね。

そのCABIN RACINGでチャンピオンを獲得した片山右京選手とともにF1に進出し、1992年から1993年まで片山右京選手の乗るラルース(1992)・ティレル(1993)に同銘柄が描かれていました。

ちょっと一息

毎年11月に鈴鹿サーキットで行われるSUZUKA Sound of ENGINEでは、往年のF1マシンが当時のタバコロゴのまま走る姿がみられる。

SUZUKA Sound of ENGINE 2018 観戦記 vol.1  〜 もう一つのF1グランプリがやってきた! 〜

2018年11月23日

SUZUKA Sound of ENGINE 2017 観戦記

2017年11月23日

Rothmans(ロスマンズ)

マーチのメインスポンサーでF1に進出 2018年11月SUZUKA Sound of ENGINEにて
期間1977年〜?・1982年・1994年〜1997年
チームウィリアムズ・マーチ・RAM

1977年のマーチ、1982年のRAM、1994年から1997年のウィリアムズにスポンサードしました。

特にウィリアムズのメインスポンサーになった1994年のFW16は、アイルトン・セナ選手の最後のマシンとして、強烈な印象を残しました。

私が知るタバコブランドを纏ったレーシングマシンの中で、ロスマンズカラーが個人的には一番カッコいいと思います。

Winfield(ウィンフィールド)

期間1998年〜1999年
チームウィリアムズ

1998年、前年まで青を基調としたロスマンズカラーだったウィリアムズが、突如赤いウィンフィールドカラーに様変わり驚いたことを覚えています。

ウィンフィールドは結局1998年・1999年の2年間のみウィリアムズのタイトルスポンサーを務めましたが、エイドリアン・ニューウェイ氏のチーム離脱と重なり、私としてはこのカラーリングが弱くなったウィリアムズの象徴という印象しかないです。

BARCLAY(バークレー)

ウィリアムズFW11B(1987)のマシン下部にBARCLAYのロゴ
期間1984年〜1989年・1992年
チームウィリアムズ・アロウズ

1987年から1989年まで、ウィリアムズのモノコック下部に同銘柄が描かれていましたね。

当時のウィリアムズの黄色×青×白の車体色にあって、マシン下部バークレーのえんじ色が異様に浮いていた印象があります。

その他、1992年のジョーダンや1984年から1986年までアロウズにもサポートしていました。

GOLD LEAF(ゴールドリーフ)

1970年のロータス72C
期間1968年〜1971年
チームロータス

1968年ロータス49が赤とゴールドのインペリアルタバコのブランドゴールドリーフカラーで登場しました。

このロータス49がF1で初めてスポンサーを纏ったマシンで、その後現在に至るまでF1マシンに多くの広告が掲げられるようになりました。

ということでゴールドリーフはタバコ広告第1号というだけではなく、F1のスポンサー第1号です。

IMPERIAL(インペリアル)

期間1977年
チームロータス

ロータスが富士スピードウェイで行われた1977年日本グランプリにのみ施したのが、真っ赤なインペリアルカラーでした。

GITANES(ジタン)

1979年のJS11 タバコ広告が消されているが青白で塗装されておりマシン全体がジタンカラーだとわかる
期間1976年?〜2005年
チームリジェ・ラルース

往年のフランス名門チームリジェのマシンには、長い間ジタンのロゴが描かれており、ジタンブルーのマシンはリジェのアイデンティティでした。

これはリジェのチームオーナーであるギ・リジェ氏がフランス政府と強い結びつきを持っており、その関係からリジェをサポートしたと言われています。

またあまり知られていませんが、1993年ラルースに鈴木利男選手がスポット参戦した際に、JTの出資でジタンのロゴが掲げられました。

GAULOISES(ゴロワーズ)

期間1993年・1996年〜2000年
チームリジェ・プロストグランプリ・ラルース

ゴロワーズはジタンと並びフランスでは有名なタバコ銘柄です。

アラン・プロスト氏率いるプロストグランプリに大きくロゴが描かれていたのが印象的でしたが、そのロゴは年々小さくなりました。

また1993年にラルースをサポートしていました。

BENSON & HEDGES(ベンソン&ヘッジス)

このジョーダンEJ12からスポンサーを縮小 2019年8月ホンダコレクションホールにて
期間1996年〜2005年
チームジョーダン

1996年から2005年までジョーダングランプリをサポートしたのがベンソン&ヘッジスです。

黄色いボディのノーズコーンに、蛇や蜂の絵を描いたのが印象的でしたね。

写真は2002年に佐藤琢磨選手が乗ったマシンですが、この年よりスポンサー資金を縮小しノーズに絵が描かれなくなったのが残念でした。

Chesterfield(チェスターフィールド)

期間1993年
チームスクーデリアイタリア

1993年、スクーデリアイタリア最後のマシンが、チェスターフィールドカラーをまとっていました。

スクーデリアイタリアの白地に赤い炎のようなギザギザが入り、境目を黄色く縁取られたあのカラーリングを見たとき、

「うわ!ダサっ!!」

と思わず突っ込んでしましました。

通常タバコブランドのカラーは、吸ってみたいと憧れるカッコよさがありますが、このチェスターフィールドカラーはダサかった!!

SKOAL BANDIT(スコールバンディット)

期間1984年〜1985年
チームRAM

1984年から1985年までマーチから代わったRAMのスポンサーとしてF1に進出しました。

濃いグリーンの車体が印象的なマシンでしたね。

VICEROY(バイスロイ)

期間1974年?〜1982年?
チームパーネリ・ATS

1974年にパーネリを1982年にはATSをスポンサードした記録がありますが、それ以上のことはわかりません。

NiQuitin CQ(ニコチンCQ)

2004年のFW26 コクピットサイドに『NiQuitin CQ』のロゴ
期間2003年〜2004年
チームウィリアムズ

最後はタバコではなく禁煙商品のブランドです。

2003年にウィリアムズのスポンサーになったのはグラクソ・スミスクライン社のブランドニコチンCQというイギリスでポピュラーな禁煙ブランドでした。

2007年からのタバコスポンサー禁止を控え、禁煙商品をスポンサーに招くことにより、タバコスポンサー脱却を訴えました。

最後に

フェラーリのマシン各部に『MISSION WINNOW』のロゴ 2019年10月日本GPにて

2006年を最後にタバコ広告がF1から去り10数年が経過した昨今、タバコメーカーから広告に関する新たな試みが実施されています。

フェラーリのマシンに書かれた、

『MISSION WINNOW』

というロゴをご覧になった方も多いと思います。

これはミッションウィナウと読み、マールボロブランドなどを所有するフィリップモリスが展開する、「最も価値あるものを選別するミッション」というコンセプトらしいです。

何のこっちゃ??

またマクラーレンのマシンに描かれたロゴ、

『A Better Tomorrow』

は、ラッキーストライクブランドなどを所有するブリティッシュアメリカンタバコ(BAT)のプロジェクトらしいのですが、その意味さえもよくわかりません。

まあ、フィリップモリスのMISSION WINNOWは加熱式タバコiQOSを、ブリティッシュアメリカンタバコ(BAT)のA Better Tomorrowも同じく加熱式タバコのgloを間接的に宣伝したいのであろうと私は考えます。

今後このようなカタチでタバコブランドがF1に参加するのかはわかりませんが、あのかっこいいデザインロゴがふたたびF1マシンに描かれるのかと思うと、私個人としては嬉しく思います。

以上、今回はF1を彩ったタバコブランドを紹介してみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事(一部広告含む)

SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS