1/43 ティレル P34(1976) ミニカーコレクションvol.12 〜実車のように撮り実車を語る〜

モータースポーツ 中毒者のぴぴと申します。

私の200台に及ぶミニカーコレクションから1台を選び、実車のように撮影し実車を語るこの企画、第12弾はF1史上唯一の6輪マシン、ティレルP34を取り上げます。

ミニカー紹介

今回登場するミニカーを紹介します。

ティレルP34(1976) #3 ジョディー・シェクター

デアゴスティーニ『F1マシンコレクション』10号、IXO製です。

ティレルP34(1977) #3 ジョディー・シェクター

ポールズモデルアート社のミニチャンプスシリーズです。

2001年頃手に入れましたが、現在は絶版です。

マクラーレンM23 #11 ジェームス・ハント

デアゴスティーニ『F1マシンコレクション』16号、IXO製です。

後世に語り継がれる名マシン

1976年、日本で初めてF1が開催されたシーズン、イギリスのコンストラクターティレルから後世に語りつがれる名マシンが発表されました。

デレック・ガードナーが設計したそのマシンは、それまでのレーシングマシンの常識を覆し、フロントタイヤが4輪、合計6つのタイヤが装着されてていました。

6輪のマシンはF1史上P34が唯一

このような奇抜なデザインにした理由は、フロントタイヤを小径にすることで前面投影面積を抑え、前4輪により設置面積確保とブレーキ性能向上を狙ったものでした。

他のマシンとは全くと言っていいほど異なるデザインのティレルP34は、実戦デビューとなった1976年シーズンの開幕戦ブラジルグランプリでいきなりパトリック・デパイユが2位フィニッシュし、第7戦スウェーデングランプリではジョディー・シェクターとパトリック・デパイユがワンツーフィニッシュを達成、シーズンを通して速さを見せた結果、コンストラクターズで3位に入る快進撃をみせました。

速さと圧倒的な存在感を見せたティレルP34は、前述した通り後世に語り継がれる名マシンになったのでありました。

実車のように撮る!

それではティレルP34を撮影します。

今回もテーマは『実車のように撮る!』です。

まずはファクトリーに見立てたジオラマで、マシンをチェックします。

当時流行ったスポーツカーノーズに小径のフロントタイヤが隠れ、それにつづくサイドポンツーンへと一体化しています。

サイドには『たいれる』『しえくたあ』の文字、F1インジャパン※仕様だということがわかります。

※1976年は、11月に全日本F2000選手権で日本グランプリが予定されていたため、F1ではF1インジャパンという名前が使われた

全日本F2000選手権 全優勝者 (1973-1977)

2018年11月6日

日本トップフォーミュラ データベース 【全日本F2000・全日本F2・全日本F3000・フォーミュラニッポン・スーパーフォーミュラ】

2018年11月11日

ドライバー斜め前の小窓は、ドライバーがフロントタイヤ先の状況を見るためのものです。

1976年のチャンピオンマシン、マクラーレンM23のフロントタイヤと比べてみると、ティレルP34のフロントタイヤの小ささがわかります。

1/43ミニカーは10cmほどの大きさのため、ウイング翼端板の厚みやエンジン・ミッションなどの塗装は省略されています。

1977年仕様との比較です。

私個人的には、スマートなカラーリングとエンジンにもカウリングした1977年仕様が好みです。

同じく1977年仕様との比較です。

フロントタイヤをワイドトレッド化し、スポーツカーノーズから飛び出てしまっており、当初のコンセプトが完全にブレています。

1/43 ティレル P34 (1977) ミニカーコレクションvol.3

2018年6月11日

それではサーキットで当時を再現してみましょう。

富士スピードウェイで行われた1976年F1世界選手権インジャパン、シェクターは予選5番手からスタートしたが、雨の中行われた決勝では58周目にオーバーヒートのためリタイヤ、僚友デパイユは一時トップを走行し最終的に2位でフィニッシュしました。

1976年スウェーデングランプリではポールポジションからスタートし、見事ポールトゥーフィニッシュ、ティレルP34が記録した唯一の優勝と唯一のポールポジション記録でした。

最後は1976年シーズンのチャンピオンマシン、マクラーレンM23とともに。

最後に

ティレルP34は、1976年から1977年まで2シーズン33戦を戦い、優勝1回・ポールポジション1回・ファステストラップ3回・表彰台フィニッシュ14回の記録を残しました。

しかしこの記録以上に、記憶に残るマシンとして40年以上経った今でも私たちの脳裏に強く残っています。

ティレルP34は、チームごとにマシンの特徴があった時代の中で、一番個性があったマシンでした。

最後に余談ですが、私の通っていた高校の近くにタミヤ模型の本社があり、そのロビーにティレルP34の実車が展示されており、プラモデルの部品購入を口実に頻繁にそのロビーに通っていたことを思い出しました。

タミヤ模型はティレルと親密な関係であり、ティレルP34のプラモデルやRCカーを多く発売しており、その研究のために購入したと思われます。

あれから四半世紀が過ぎましたが、今でもタミヤ模型本社に展示してあるのでしょうか・・・。

1/43 ブラウンGP BGP001 ミニカーコレクションvol.11 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年3月1日

1/43 メルセデス MGP W01 ミニカーコレクションvol.10 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年2月18日

1/43 トヨタ TS050ハイブリッド 2017 ミニカーコレクションvol.9 〜実車のように撮り実車を語る〜

2019年1月29日

1/43 ホンダ RA106 ミニカーコレクションvol.8 〜実車のように撮り実車を語る〜

2018年12月20日

1/43 BMWザウバー F1.08 ミニカーコレクションvol.7 〜実車のように撮り実車を語る〜

2018年9月27日

1/43 マクラーレン MP4/5B ミニカーコレクションvol.6

2018年9月10日

1/43 ベネトン B190 ミニカーコレクションvol.5

2018年9月2日

1/43 フェラーリ F92A ミニカーコレクションvol.4

2018年6月12日

1/43 ティレル P34 (1977) ミニカーコレクションvol.3

2018年6月11日

1/43 フェラーリ 641/2 ミニカーコレクションvol.2

2018年6月10日

1/43 ロータス 99T ミニカーコレクションvol.1

2018年6月9日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS