2018 スーパーGT公式テスト 富士スピードウェイ




昨年7回も訪れた富士スピードウェイだが、2017年10月の『WEC』以来、実に5ヶ月以上ぶりの来場だ。
サーキット自体も昨年11月の『SUZUKA Sound of ENGINE』以来である。

前の晩から気持ちの高揚が抑えきれず、滅多にしないレンズの手入れまでしてしまった。
興奮のあまりなかなか寝付けず、寝坊をし10時30分サーキット到着、ほとんどの駐車場が埋まる中レース開催中はイベントステージ設置の為置けないグランドスタンド真裏の特等席に駐車。

 まずは腕慣らし 合同撮影テストスタート!

それでは腕慣らしのつもりで、2018年シーズンを前に富士スピードウェイに訪れた多くのアマチュアカメラマンとともに合同撮影テストを開始したいと思います。

レクサスコーナー

 まずは昨年一番撮影をしたレクサスコーナーで4ヶ月ぶりの流し撮りを開始。
♯96 K-tunes Racing LM corsa レクサスRCの野太い音いいですね 今年もいい音響かせてます

 

#8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI

#23 NISMO 未塗装カーボン地のまま走行 かなり飛ばしてました

 

#777 CARGUY Racing このNSX-GT3は今年より登場

 

 

オープンピット

昼はピット作業の様子が観客に解放された。
それにしてもテスト日なのにとんでもない人だかりで、さながらGT開催中のピットウォーク並み。
どうですこの人だかり レース開催日並みの混雑でした

 

 
寿一監督発見 ファンへ丁寧にサインをしていました

 

 
トムスはサイン会も行なっていました 中嶋一貴選手と関口雄飛選手

 

 
今年から新加入のローゼンクヴィスト選手もいました

 

 
WedsSports BANDOHの坂東正敬監督 今年も爆笑のトークショー期待しています

 

 
今年からWedsSports BANDOのエグゼクティブアドバイザーに就任した織戸学選手

 

 
小林可夢偉選手が乗るLEXUS TEAM SARD コバライネン選手と元F1コンビで挑む

 

 
今年から新車を投入のGOODSMILE RACING & TEAM UKYOはまだ未塗装

 

 
本日ワンツータイムだったTOKOHAMA

 

 

13コーナー

午後はまず2016年以来久しぶりに13コーナーから撮影。
富士スピードウェイでは珍しいマシンの左側を撮影できるポイントだ。
#36 LEXUS TEAM SU TOM`S 今年のカラーリングかっこいいじゃん

 

 
#17 KEIHIN REAL RACING

 

 
#50 Arnage Racing

 

 

ダンロップコーナー

本日最後は撮影の定番ポイントであるダンロップコーナーへ。

今年からGT500に昇格する #3 NDDP RACING with B-MAX

 

寿一監督率いる #6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO`S

 

F1チャンピオンジェンソンバトン選手が今年から参戦する #100 TEAM KUNIMITSU 久々の富士スピードウェイのためかダンロップコーナーで何度も大きくオーバーランしていました

 

#34 Modulo Drago CORSE 元GT500王者の道上龍がNSX-GT3で帰ってきました

 

#16 TEAM MUGEN

 

まとめ

久々のサーキット、久々のモータースポーツ撮影で最初はなかなか打率が上がらなかったが、そんなことよりもサーキットは本当に楽しい。
準備万端・気分高揚!
本日F1開幕戦も行われ、国内も4月7日より岡山国際サーキットでのスーパーGT開幕戦がまもなくだ。
 

これよりモータースポーツシーズン開幕!!

2018 スーパーGT 第2戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1 予選編

2018年5月5日

2018 スーパーGT 第5戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年8月10日

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




3 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS