可夢偉無念!  2018スーパーフォーミュラ第3戦 スポーツランドSUGO

F1モナコグランプリとインディ500が同日に開催される本日ですが、国内モータースポーツの話題を。

はじめに

国内でもモータースポーツが毎週のように開催される初夏の我が国日本。

本日は仙台のスポーツランドSUGOにて、スーパーフォーミュラ第3戦が行われました。

静岡在住の私は仙台なんて行けるはずもなく、Jスポーツを見て、翌第4戦の富士スピードウェイ観戦向けてイメージトレーニングをしていました。

今日の最速は可夢偉だったのに・・・

いや〜、今回こそは勝てると思ったのに・・・。

えっ、なにがって?

勿論、観ていた方なら皆さんわかると思いますが、今回こそは小林可夢偉選手が勝つレースだったんです!

因みに私、トヨタF1でジェンソンバトンをブロックし続けたF1デビュー戦のブラジルグランプリ以来、可夢偉選手の大ファンです。

2009年10月3日撮影 可夢偉日本GPF1フリー走行デビュー時の写真がiPhoneにありました

可夢偉のスーパーフォーミュラSUGO戦を振り返る

フロントロー2番グリッドからスタートした可夢偉。

十数周後にトップの野尻をオーバーテイクし、2位との差を広げ始めた矢先のことでした。

ロシターと千代の接触、マシン撤退のためセーフティーカー。

後続のマシンは間髪入れずピットイン、可夢偉はステイアウト。

なんでいれないの!?。

セーフティーカーが終了すると、当然後続車が詰まり、ピットイン組が完全に有利な展開に。

しかし可夢偉はファステストラップを連発し、ピットイン組を30秒近く引き離し、ピットイン組の前にたてるギャップを作る。

しかしタイヤ交換ミス・・・。

因みに、去年のSUGO戦もピットミスで優勝を逃しました。

これで可夢偉が優勝出来るチャンスは、完全に失いました。

今回のSUGO最速の男は6位でした・・・。

2015年7月9日撮影 富士スピードウェイにて

最後に

国内トップフォーミュラであるスーパーフォーミュラは、TOM’Sや無限、IMPULなど、多くの実績を持った超名門チームが参戦しています。

しかし可夢偉の所属するKCMGは、2010年に参戦を始めた新興チームであり、また多くのチームが2台体制で参戦する中、1台のみのエントリーです。

そのため、レース戦略やメカニックの熟練度なども他の名門チームに遅れをとっており、チームメイトからのフィードバックもありません。

世界耐久選手権WECで、トヨタとともに世界のトップで走る可夢偉なら、トヨタと深い関わりを持つTOM’Sなど、名門チームからの参戦も可能だと思われます。

しかし可夢偉は名門チームを選ばず、この新興チームであるKCMGを強くし、このチームで勝利することをあえて選んだのだと思います。

今回のレースは非常にショックだったと思いますが、この悔しさを乗り越え、次戦の富士スピードウェイで、私の目の前で国内トップフォーミュラ初優勝を期待します!

 

2018 スーパーGT 第5戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年8月10日

マッチ監督10年ぶりの優勝! 2018 スーパーフォーミュラ 第4戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.2

2018年7月12日

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す