2019年スーパーGT参戦のFIA-GT3マシン車両価格ランキング!

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

前回は世界で大人気のレーシングマシンFIA-GT3を紹介しました。

スーパーGT・鈴鹿1000km・ブランパンなどで活躍する『FIA-GT3』とは?

2019年7月7日

FIA-GT3マシンは自動車メーカーがレーシングマシンの完成品を販売し、誰もが購入できるレーシングマシンです。

基本的に改造は許されていないため、ほぼそのままの状態で国内のスーパーGTや鈴鹿1000km、海外ではニュル24時間やスパフランコルシャン24時間、ブランパンGTシリーズなどに参戦できるレーシングマシンです。

ところでこのFIA-GT3マシンっておいくらなんでしょう。

そこで今回は、2019年のスーパーGTに参戦するFIA-GT3マシンの車両価格を、ランキング形式で一挙に公開してみたいと思います。

意外とピンキリだったりするかも!?

※ 本ページで記載された車両価格は全てぴぴ調べ

【第8位】アウディ R8 LMS

約 4,380万円

※ 1ユーロ=121.95円として計算

2019年3月撮影 一ツ山レーシングのアウディR8 LMS
重量1,225kg
全長4,583mm
全幅1,997mm
全高1,171mm
エンジン搭載位置ミッドシップ
エンジン仕様V10 NA
排気量5,200cc
価格359,000ユーロ

アウディR8 LMSは、GT300に参戦するFIA-GT3マシンの中で一番リーズナブルな約4,380万円。

FIA-GT3車両としては設計が古いマシンだが、直線基調のベース車両の良さが随所に出た写真映えするマシンです。

2018年アウディR8 LMSは名門チームタイサンと一ツ山レーシングの2台体制でしたが、チームタイサンの撤退により2019年は一ツ山レーシングのみの1台エントリーになります。

2012年よりアウディR8 LMSで参戦する一ツ山レーシングは、アウディジャパンのバックアップを得てスーパーGTに参戦します。

【第7位】ランボルギーニ ウラカン GT3

約 4,500万円

※ 1ユーロ=121.95円として計算

2019年5月撮影 JLOCのランボルギーニウラカンGT3
2019年3月撮影 同じくJLOCのランボルギーニウラカンGT3
重量1,230kg
全長4,458mm
全幅2,050mm
全高
エンジン搭載位置ミッドシップ
エンジン仕様V10 NA
排気量5,200cc
価格369,000ユーロ

スーパーカーメーカーの代名詞であるランボルギーニのウラカンは、意外とリーズナブルな価格設定です。

一目見てランボルギーニとわかるその特徴的なシルエットは、スーパーGTをより一層華やかにしますね。

全日本GT選手権時代はディアブロやムルシエラゴなどでGT500にエントリーしていた、ランボルギーニオーナーズクラブによって組織されるJLOCは、2019年も2台体制でエントリーします。

全日本GT選手権初年度から参戦するJLOCのランボルギーニは、スーパーGTになくてはならない存在です。

【第6位】メルセデス AMG GT3

約 5,120万円

(2019年6月発表の新型は約4,870万円

※ 1ユーロ=121.95円として計算

2019年3月撮影 昨年のチャンピオンLEONレーシングのAMG GT3
2019年3月撮影 グッドスマイルレーシングのAMG GT3
2019年3月撮影 アルナージュレーシングのAMG GT3
2019年3月撮影 R’QsモータースポーツのAMG GT3
重量1,285kg
全長4,609mm
全幅2,049mm
全高1,315mm
エンジン搭載位置フロント
エンジン仕様V8 NA
排気量6,208cc
価格現行 420,000ユーロ
新型 399,000ユーロ(約4,854万円)

2019年6月現在、世界で130台もの台数を販売したメルセデス AMG GT3は、マシン性能もさる事ながら車両価格がリーズナブルなことも販売台数を増幅させた原因のひとつでしょう。

そのGT3マシン世界シェアNo.1のメルセデス AMG GT3は、日本のスーパーGTでも例に漏れず、2019年は4台のマシンがエントリーします。

マシン特性としては、直線ではBoPによりかなり絞られていますが、コーナーリングは目を見張るものがあり、2017年・2018年にGT300クラスのダブルチャンピオンに輝き、2019年もチャンピオン最右翼の最速マシンのひとつです。

メルセデスAMG GT3は、2019年6月に大幅な改良とともに金額もさらにリーズナブルになった新型を発表、2019年末からデリバリーを開始し2020年シーズンにデビューします。

【第5位】ポルシェ 911 GT3R

約 5,230万円

※ 1ユーロ=121.95円として計算

2019年3月撮影 カーボン地の911GT3R
2018年8月撮影 2018年仕様のパシフィックレーシング911GT3R
重量1,220kg
全長4,604mm
全幅2,002mm
全高1,274mm
エンジン搭載位置リヤ
エンジン仕様F6 NA
排気量3,997cc
価格429,000ユーロ

車両価格はスーパーGTに参戦するFIA-GTマシンの中で平均的な約5,230万円です。

GTカーレースに無くてはならない存在のポルシェは、リヤにエンジンを搭載する唯一のマシンで、2019年もパシフィックレーシングが走らせます。

【第4位】ホンダ NSX GT3

約 5,670万円

※ 1ユーロ=121.95円として計算

2019年3月撮影 2019年よりNSX GT3に車種変更したチームUPガレージ
2019年3月撮影 GT300のARTAはBMW M6 GT3から2019年NSX GT3に変更
2019年3月撮影 昨年よりNSX GT3を使う道上龍率いるドラゴコルセ
重量1,240kg
全長4,612mm
全幅2,039mm
全高1,160mm
エンジン搭載位置ミッドシップ
エンジン仕様V6 ツインターボ
排気量3,500cc
価格465,000ユーロ

北米で製造されイタリアで組み立てられるNSX GT3は、2017年より5,670万円で販売されます。

日本のスーパーGTでは、2018年にドラゴコルセとカーガイにより導入され、他のFIA-GT3車両に比べてストレートスピードが速く、直線での追い抜きに長けています。

2019年はエボリューションモデルが投入され、3台に増えたNSX GT3はリヤウイングの大型化を中心に空力の見直しが計られました。

次のページではいよいよトップ3を紹介します。

そして最後は番外編として、驚きの価格を誇るマシンが登場!?

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す