人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

同じ車種でも全然違う!?同一車種のGT500・GT300・市販車比較

スーパーGTはいわゆる箱車の日本最高峰レース。

スープラやNSX、GT-Rなど、日本で馴染みのある車名のマシンが参戦するスーパーGTだが、じつは同じなのは車名だけで、特にGT500マシンの市販車との共通部品は、ドアノブとメーカーエンブレムだけとも言われている。

外観は同じだが・・・いや、外観もよく見ると、市販車とは大きく違う車両がチラホラ・・・。

そしてエンジンもまったく違い、中にはターボが付いたり大排気量になったり・・・。

そこで今回は、GT500やGT300で多く参戦するマシンを、外観やエンジン仕様そして排気量など、市販車のベース車両と見比べてみようと思う。

【2021年】トヨタ・GRスープラ(DB型)

GT500GT300市販車
全長× 全幅× 全高4725× 1950× 1150mm4490× 1940× 1106mm4380× 1865× 1290mm
ホイールベース2750mm2490mm2470mm
駆動方式FRFRFR
エンジン仕様直列4気筒シングルターボV型8気筒NA直列6気筒ターボ
排気量2.0L5.4L3.0L

まず、トップバッターはGT500とGT300に参戦する、トヨタのスポーツカー最高峰のGRスープラから見ていこう。

GT500マシンは、全長・全幅・全高、そしてホイールベースともに、各GT500マシンで同一のサイズだ。

そのためショートホイールベースを売りとしているGRスープラは、GT500マシンになるとじつに28cmも長くなっており、全長はなんと30cm以上も長くなっている。

この数値でGRスープラの見た目に仕立てるには、相当の試行錯誤があったのだろうと窺い知れる。

GRスープラのGT500マシン(クラス1)
2021年スーパーGT最終戦にて

ただし形状をよく見ると、ご覧のとおりキャビンが相当に大柄になっている。

そして何より、フロントのトヨタエンブレムのまわりに、大きなエアインテークが空いており、それによりGRスープラのイメージから大きく脱しているのが残念だ。

この大きな穴を塞いでくれたら、もっと市販車のイメージに近づけるのだが、これはレギュレーションによるものなのか・・・。

それに対し、2020年埼玉トヨペットにより製作され、2021年から各チームにも供給を開始したGRスープラのGT300マシンはどうだろう。

GRスープラのGT300マシン(JAF-GT)
2021年スーパーGT最終戦にて

メーカーが製造するFIA-GT3ではなく、ディーラーによりJAF-GT規定で製作されたGT300マシンだが、比較的市販車の形状に近く、ホイールベースの数値も市販車に限りなく近い。

だが、エンジンは!?

そう、市販車の最上位機種が3.0L直列6気筒ターボなのに対し、GT300マシンは5.4L V型8気筒NAと全然違う!

当然排気音も、市販車がシューッとスマートに加速するのに対して、GT300マシンはドロドロドロっと、アメ車のような下品な音。

こうしてみてみると、GRスープラはGT500・GT300・市販車と、まったく別のもの3台だということがわかる。

【2021年】日産・GT-R(R35型)

GT500GT300市販車
全長× 全幅× 全高4725× 1950× 1150mm4832× 2036× 1280mm4690× 1895× 1370mm
ホイールベース2750mm2817mm2780mm
駆動方式FRFRFR
エンジン仕様直列4気筒シングルターボV型6気筒ツインターボV型6気筒ツインターボ
排気量2.0L3.8L3.8L

続いてはGT500クラスでは2021年まで、GT300クラスは現在も参戦するGT-R。

GRスープラのGT500マシンはクラス1規定により、ホイールベースが大きく伸ばされ、市販車のイメージが大きく損なわれていたが、GT-RのGT500マシンは、ホイールベースの数値がほぼ市販車と同一で、サイドのからの印象ではまさにGT-Rの市販車のような形状だ。

GT-RのGT500マシン(クラス1)
2021年スーパーGT最終戦にて
クラス1導入前(2011年)のGT-RのGT500マシン
写真提供:Mさん

クラス1規定はDTMとスーパーGT(GTA)との間で決められたため、DTMマシンが4座のマシンをベースにしていたからホイールベースの数値も伸ばされたのだろう。

そしてサイドだけではなく、正面からの形状も市販車そのもの。

以前は前面投影面積を上げるために、市販車とはまったくの違うぺったんこなカタチだったが、クラス1導入後はボンネットに厚みが増し、まさにGT-Rになったと思った。

GT-RのGT300マシン(FIA-GT3)
2021年スーパーGT最終戦にて

メーカーがFIA-GT3規定で製作したGT300のGT-Rは、市販車のGT-Rとホイールベースがほぼ同じで、エンジン仕様や排気量は同一だ。

市販車の形状に近くなったGT500のGT-Rだが、比べてみるとGT300とはやはり別物。

そして注目すべきはマシンの全幅。

GT300マシンの方が8cm以上もGT500マシンよりも幅広なのだ。

次のページでは、ホンダNSX-GTとレクサスRC FのGT500・GT300・市販車を比べてみます!

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

70人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。