人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

【フォト日記10(仮称)】頑張れベッテル!フェラーリでの最後の勇姿を見せてくれ!

現役最強F1ドライバーは誰か?と問われたら多くのファンはルイス・ハミルトンを思い浮かべる。

なんせ彼はここ何十年も上回ることはないだろうと言われたミハエル・シューマッハの優勝記録まであと3勝と迫っており、今シーズンのドライバーズチャンピオンシップもほぼ手中に収めている。

さて、そのハミルトンにつづくドライバーは誰か?

通算53勝、ドライバーズチャンピオン獲得が4回の、セバスチャン・ベッテルが追随する。

この勝利数はアラン・プロストの記録を抜き、歴代3位の素晴らしい成績だ。

しかしそのベッテル、近年のパフォーマンス不足が気がかりだ。

2018年、チャンピオンシップ争いの最中の、地元ドイツグランプリでのスピンや、2019年フェラーリの地元イタリアグランプリ、アスカリシケインでのスピンなど、注目されるレースでのミスが印象に拍車をかける。

追い込まれた状態でのプレッシャーに弱いのか、それとも年齢のせいなのか・・・。

いや、まだ33歳なので速さを失うには早い。

昨年の日本グランプリ、私は現地で観戦していたが、予選でポールポジションを決めたラップでの鈴鹿のファンの盛り上がりは凄かった!

とう言うことで、今日の一枚は昨年の日本グランプリ予選、ポールポジションを決めたラップ。

撮影日2019年10月13日
イベント2019年 F1日本GP
観戦記2019F1日本GP観戦記vol.1 レッドブルの火花に興奮!予選編
場所鈴鹿サーキット
カメラキヤノンEOS5D MarkⅣ
レンズキヤノンEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
+1.4×Ⅲ
シャッタースピード1/50
F値F10
焦点距離560mm
ISO100

いつもは非常に好青年だが、一度ステアリングを握ると別人のように闘志むき出しのベッテルの性格が、日本人に非常に好まれるのかもしれない。

ベッテルには最後のフェラーリで、今年1レースでもいいから、ファンの記憶に残るようなレースを見せてもらいたいと、心から願っている。

さあ、今日からイタリアグランプリ、頑張れベッテル!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

16人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS