SUPER GT GT500 優勝回数トップ10 〜 トップドライバーの優勝データからみえてくるものとは? 〜




国内モータースポーツで一番人気のSUPER GT。

全日本GT選手権を引き継ぐカタチで2005年より始まったシリーズですが、早くも14シーズンが経過しました。

今回は、そのSUPER GTの14シーズンで優勝回数の多いドライバートップ10を紹介し、そのドライバーが優勝したサーキット・メーカー・マシン・チーム・タイヤなどのデータも書いてみたいと思います。

そのデータからドライバーの特徴がみえてくるかもしれません。

それでは第1位からいってみましょう!

【第1位】松田 次生 15勝

データ
GT500参戦 2005-
優勝回数 15
サーキット 富士スピードウェイ 5
オートポリス 3
セパンサーキット 2
ツインリンクもてぎ 2
岡山国際サーキット 2
鈴鹿サーキット 1
メーカー 日産 15
マシン GT-R 14
フェアレディZ 1
チーム ニスモ 9
インパル 6
タイヤ ミシュラン 8
ブリヂストン 7

1位は現在も日産のワークスチームであるニスモで活躍する、松田次生選手です。

JCTC(全日本GT選手権)時代はホンダ系チームで活躍していましたが、2006年に日産に移籍しニスモ→インパル→ニスモと日産のトップチームで活躍します。

日産が得意としている富士スピードウェイでは、5勝という強さを誇っています。

【第2位タイ】ロニー・クインタレッリ 14勝

日産ワークスチームニスモGT-Rを駆るクインタレッリ選手
データ
GT500参戦 2005-
優勝回数(非選手権) 14(2)
サーキット ツインリンクもてぎ 3
オートポリス 3
富士スピードウェイ 3
セパンサーキット 2
スポーツランドSUGO 1
鈴鹿サーキット 1
岡山国際サーキット 1
メーカー 日産 14
マシン GT-R 14
チーム ニスモ 8
モーラ 3
ハセミ 2
インパル 1
タイヤ ミシュラン 12
ブリヂストン 2

SUPER GTが始まった年である2005年にGTデビューしたロニー・クインタレッリ選手は、元々トヨタ系のチームに所属していました。

日産に移籍したのは2008年で、ハセミ→インパル→モーラと移籍し所属した全てのチームで勝利をあげ、その実績を買われ2013年にワークスチームであるニスモと契約し、松田次生選手とともに多くの勝利を獲得し現在に至ります。

ハセミ・インパル・モーラ・ニスモと4チームで優勝をしているなんて驚きですね。

特筆すべきは、クインタレッリ選手日本語が非常に堪能で、WEC中継などで日本語のレース解説も行うほどです。

【第2位タイ】立川 祐路 14勝

2018年5月の富士戦で見事なポールタイムを記録した立川祐路選手 年を重ねても一発のタイムは失われていない
データ
GT500参戦 2005-
優勝回数(非選手権) 14(1)
サーキット 富士スピードウェイ 6
鈴鹿サーキット 4
スポーツランドSUGO 2
岡山国際サーキット 1
ツインリンクもてぎ 1
メーカー レクサス 11
トヨタ 3
マシン SC430 8
スープラ 3
RC F 2
チーム セルモ 14
タイヤ ブリヂストン 14

同メーカー系列チーム内でドライバーをシャッフルすることが多いSUPER GTの中で、立川祐路選手はJGTC時代の1999年から20年!に渡り同一チームのセルモで戦い、現在も一線級の一発のスピードを持っています。

同一チームに20年なんて速さがないと絶対にムリ! 先ほどのクインタレッリ選手と別の意味で凄いです。

富士スピードウェイではめっぽう強くJGTC時代を含めると7勝をあげています。

【第4位】本山 哲 12勝

2018年はGT500に返り咲いたハセミから出場する本山哲選手
データ
GT500参戦 2005-
優勝回数 12
サーキット 富士スピードウェイ 3
オートポリス 3
セパンサーキット 1
鈴鹿サーキット 1
岡山国際サーキット 1
スポーツランドSUGO 1
ツインリンクもてぎ 1
チャーン・インターナショナルサーキット 1
メーカー 日産 12
マシン GT-R 9
フェアレディZ 3
チーム ニスモ 11
モーラ 1
タイヤ ブリヂストン 11
ミシュラン 1

フォーミュラニッポンで27勝をあげ、4度のチャンピオンに輝いたフォーミュラ使いの本山哲選手ですが、SUPER GTでもその活躍は目覚ましく12回の勝利を誇ります。

得意不得意が無くどのサーキットでもでも速さを発揮し、全ドライバー中最大の8つのサーキットで勝利をあげました。

長く日産ワークスのニスモに所属していましたが、年齢とともにその座は後輩に譲り、近年は後輩の教育係という一面もあります。

【第5位タイ】ブノワ・トレルイエ 9勝

SUPER GT引退後はアウディチームでル・マンを3度制覇する
データ
GT500参戦 2005-2011
優勝回数 9
サーキット 鈴鹿サーキット 2
富士スピードウェイ 2
オートポリス 2
岡山国際サーキット 1
スポーツランドSUGO 1
ツインリンクもてぎ 1
メーカー 日産 9
マシン GT-R 8
フェアレディZ 1
 チーム ニスモ 8
インパル 1
タイヤ ブリヂストン 9
ミシュラン 1

ブノワ・トレルイエ選手は全日本F3から上がってきた、いわば日本育ちのドライバーです。

JGTC時代の2012年にホンダ系チームからGT500に参戦し、翌年から日産系のインパル・ニスモで活躍、長く日本で活躍し日本語も堪能になり、チームメイトからベンちゃんの愛称で呼ばれていました。

SUPER GT引退後はWEC(世界耐久選手権)を中心に戦い、アウディチームでル・マン3勝を誇ります。

日本から世界に巣立ったドライバーと言えるでしょう。

【第5位タイ】ラルフ・ファーマン 9勝

データ
GT500参戦 2005-2010・
2012-2013
優勝回数 9
サーキット オートポリス 2
スポーツランドSUGO 2
セパンサーキット 1
岡山国際サーキット 1
富士スピードウェイ 1
ツインリンクもてぎ 1
鈴鹿サーキット 1
メーカー ホンダ 9
マシン NSX(旧型) 7
HSV-010 GT 2
チーム ARTA 9
タイヤ ブリヂストン 9

JGTC時代の1997年にGT500にポルシェからデビューし、日産→三菱(GT300)→トヨタ→ホンダと多くのメーカー系チームを渡り歩きました。

そして2003年にはジョーダンからF1デビューを果たした名ドライバーです。

【第5位タイ】小暮 卓史 9勝

2018年も開幕戦で優勝し、まだまだ一線級の速さがあることを証明した小暮卓史選手
データ
GT500参戦 2005-
優勝回数 9
サーキット 岡山国際サーキット 4
セパンサーキット 2
ツインリンクもてぎ 1
スポーツランドSUGO 1
鈴鹿サーキット 1
メーカー ホンダ 9
マシン HSV-010 GT 5
NSX(旧型) 3
NSX 1
チーム 童夢 7
クニミツ 1
リアル 1
タイヤ ブリヂストン 9

松田次生選手や脇阪寿一選手、伊藤大輔選手など、ホンダ系ドライバーが他社へ移籍する中、小暮卓史選手は長年ホンダ系のトップドライバーの一人として活躍しています。

ホンダのマシンのテクニカルサーキットの強さもあり、岡山国際サーキットでの強さは相当で2018年も勝利し4勝をあげています。

若い頃は、速さはあるがよくクラッシュするドライバーと印象がありましたが、近年は年齢とともに安定感のある走りをみせています。

【第5位タイ】ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 9勝

現在はKONDOレーシングで参戦するオリベイラ選手
データ
GT500参戦 2006-
優勝回数 9
サーキット セパンサーキット 3
富士スピードウェイ 3
岡山国際サーキット 2
鈴鹿サーキット 1
メーカー 日産 9
マシン GT-R 8
フェアレディZ 1
チーム インパル 5
KONDO 4
タイヤ ブリヂストン 5
ヨコハマ 4

2004年に全日本F3を戦うために来日し、以来現在に至るまで日本の多くのレースに出場し続けており、トップ10に出てきた他の外国人ドライバー同様オリベイラも日本人に馴染みの深いドライバーです。

ブリヂストンやミシュランなどに比べると劣勢が否めないヨコハマタイヤで、全ドライバー中最大の4勝をあげていることは特筆すべきでしょう。

【第9位】伊藤 大輔 8勝

2017年5月の富士スピードウェイ戦では、伊藤監督自ら中嶋一貴選手の代役として1戦限りの復活を遂げたが、決勝で痛恨のスピン
データ
GT500参戦 2005-2017
優勝回数 8(1)
サーキット オートポリス 2
岡山国際サーキット 2
スポーツランドSUGO 2
セパンサーキット 1
鈴鹿サーキット 1
メーカー ホンダ 5
レクサス 3
マシン NSX(旧型) 5
RC F 2
SC430 1
チーム ARTA 5
トムス 2
ルマン 1
タイヤ ブリヂストン 8

ホンダのワークスチームである無限や童夢で活躍し、ARTAでシリーズチャンピオンに輝いた伊藤大輔選手は、2008年にトヨタ系のルマンへ電撃移籍します。

その後トヨタでもワークスチームであるトムスへ所属、メーカーを跨いで優勝した数少ないドライバーのひとりとなりました。

トムスで活躍した後、現在はauトムスにてチーム監督として活躍し現在に至ります。

【第10位】平手 晃平 7勝

2018年はGT300で戦う平手晃平選手 もう一度GT500での活躍を見てみたい
データ
GT500参戦 2009-2017
優勝回数 7
サーキット 富士スピードウェイ 2
ツインリンクもてぎ 2
スポーツランドSUGO 2
岡山国際サーキット 1
メーカー レクサス 7
マシン SC430 4
RC F 2
LC500 1
チーム セルモ 5
サード 2
タイヤ ブリヂストン 7

若くからトヨタ育ちのドライバーとしてステップアップし、2000年代後半には中嶋一貴選手・小林可夢偉選手とともにトヨタの次代を担うドライバーと目され、トヨタ支援の下 F1の直下カテゴリーであったGP2に参戦するほどのドライバーでした。

GP2では2位に入る活躍も見せましたが、翌年の2008年からは活躍の場を日本に移しGT300にトヨタ系のaprから参戦し、2009年からGT500に昇格しレクサスより2017年まで参戦し2018年からはふたたびaprに戻りGT300を戦っています。

まだ1986年生まれと、優勝回数トップ10の中ではもっとも若く才能のあるドライバーなので、ふたたびGT500に参戦してくれることを私は願っています。

SUPER GT GT500 全優勝ランキング

SUPER GT GT500で優勝した全ドライバー58名のランキングです。

順位 ドライバー 優勝回数 非選手権優勝 GT500参戦
1 松田 次生 15   2005-
2 R・クインタレッリ 14 2 2005-
2 立川 祐路 14 1 2005-
4 本山 哲 12   2005-
5 B・トレルイエ 9   2005-2011
5 R・ファーマン 9   2005-2013
5 小暮 卓史 9   2005-
5 J・P・デ・オリベイラ 9   2006-
9 伊藤 大輔 8 1 2005-2017
10 平手 晃平 7   2009-2017
11 J・ロシター 6   2013-
11 中嶋 一貴 6   2011-2014・2017-
11 伊沢 拓也 6 1 2007-
11 柳田 真孝 6   2005-2008・2011-2016
15 L・デュバル 5   2006-2012
15 平川 亮 5   2014-
15 石浦 宏明 5   2008-
15 脇阪 寿一 5   2005-2015
15 高木 虎之介 5   2005-2008
20 A・ロッテラー 4   2005-2011
20 R・ライアン 4 1 2005-2010・2012
20 S・フィリップ 4   2005-2009
20 大嶋 和也 4 1 2009-
20 安田 裕信 4   2009-2017
20 山本 尚貴 4   2010-
26 A・カルダレッリ 3   2012-2017
26 H・コバライネン 3   2015-
26 N・キャシディ 3   2016-
26 佐々木 大樹 3   2014-
26 荒 聖治 3   2005-2009・2011-2013
26 道上 龍 3   2005-2013
26 野尻 智紀 3   2015-
33 F・マコヴィッキィ 2   2013-2014
33 J・デュフォア 2   2005-2007
33 国本 雄資 2   2012-
33 塚越 広大 2 1 2008-
33 小林 崇志 2   2010-2012・2017
33 松浦 孝亮 2   2008-2009・2013-
33 関口 雄飛 2   2013-
40 B・バゲット 1   2014-
40 C・ヴァン・ダム 1   2008・2010・2012
40 D・シュワガー 1   2005・2007-2008
40 F・カルボーン 1   2006-2008
40 J・バトン 1   2018-
40 M・クルム 1   2005-2009・2012-2015
40 O・ジャービス 1   2007・2014
40 P・ダンブレック 1   2005-2008
40 井出 有治 1   2005-2010
40 小林 可夢偉 1   2017-
40 星野 一樹 1   2006-2007
40 服部 尚貴 1   2005-2007
40 横溝 直輝 1   2005-2006
40 武藤 英紀 1   2006・2011・2014-
40 片岡 龍也 1   2005-2008・2011
40 細川 慎弥 1   2006-2009
40 織戸 学 1   2005-2007
40 金石 年弘 1   2005-2014
40 山本 左近 1   2005-2006

最後に

SUPER GTが始まった2005年から日産勢の活躍が目立っていましたが、日産はワークスチームであるニスモに勝利が集中し、またニスモは同一ドライバーが長く所属するためランキングで上位に位置します。

トヨタ勢では立川祐路選手が唯一上位に位置していますが、JGTC以来1999年から20年もの長い間セルモに所属し、そのセルモとともに全ての勝利を紡いできました。

JGTC時代は強さを誇ったホンダ勢ですが、SUPER GTになってからはやや劣勢で、現役ドライバーでは小暮卓史だけがランクインしました。

以上、SUPER GTの優勝回数ランキングでした。

SUPER GT GT500 全優勝ドライバー (2005-2018)

2018年11月13日

2018 スーパーGT 第5戦 富士スピードウェイ 観戦記 vol.1

2018年8月10日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS