人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

トヨタ・日産・ホンダの歴代スーパーGT GT500マシン一覧

全日本GT選手権を受け継いで始まったスーパーGTは、トヨタ・日産・ホンダの三大自動車メーカーがしのぎを削る、日本でもっとも人気のあるモータースポーツカテゴリーです。

各自動車メーカーは、自社のブランドをPRするためにさまざまなスポーツカーをベースにマシンを開発し参戦させてきました。

そこで今回は、スーパーGT GT500クラスに参戦するトヨタ・日産・ホンダ3メーカーの歴代GT500マシンを振り返ってみたいと思います。

トヨタ(レクサス)のスーパーGT GT500マシン

まずはトヨタ(レクサス)のGT500マシンから振り返ってみます。

スープラ(2005-2006)

ZENTがスポンサーだった頃のトムススープラ2005年仕様
写真提供:Mさん
マシン参戦期間エンジン
スープラ2005-20063UZ-FE 4,500cc V8 NA

トヨタは全日本GT選手権時代から引きつづき、スープラでスーパーGTに参戦しました。

エンジンはレクサスLSやクラウンマジェスタに搭載される、大排気量の4,500cc自然吸気3UZ-FEを搭載。

その後トヨタ勢は翌2006年より新型のSC430を投入したが、初年度にデリバリーされたSC430はセルモ・チームルマン・クラフト・トムスの4チームにとどまり、つちやエンジニアリングとサードはひきつづき2006年までスープラを使用しています。

SC430(2006-2013)

チームルマンSC430 2012年仕様
2012年JAF GPにて
マシン参戦期間エンジン
SC4302006-20133UZ-FE 4,500cc V8 NA(2006-2009)
RV8KG 3,400cc V8 NA(2009-2013)

前述のとおりSC430は2006年に4チームに対して供給し、2007年よりすべてのトヨタ系チームにデリバリーされました。

SC430はレクサスブランドの車両ですが2006年から2008年はトヨタブランドで参戦し、2009年からベース車両と同じくレクサスブランドに変更としています。

エンジンはスープラ時代からひきつづき4,500ccの3UZ-FEを使用しましたが、2009年からフォーミュラニッポンで使用するRV8KGを搭載。

そんなSC430は2006年から2013年までの8年の長きにわたりスーパーGTで活躍しました。

RC F GT500(2014-2016)

チャンピオンを獲得したサードのRC F GT500 2016年仕様
2016年スーパーGT第5戦にて
マシン参戦期間エンジン
RC F GT5002014-2016RI4AG 2,000cc 直4 直噴ターボ

2016年にレクサスRCの最上級グレードであるRC Fをベースに開発したレクサスRC F GT500にマシンをチェンジし、レクサスのアイデンティティーであるスピンドルグリルのフロントフェイスになりました。

エンジンはスーパーフォーミュラ用のRI4AをベースにスーパーGT用に改良したRI4AGを投入。

RC F GT500は最終年にサードがシリーズチャンピオンを獲得し、3年という短い参戦を締めくくりました。

LC500(2017-2019)

レーシングプロジェクトバンドウのLC500
スーパーGT×DTM特別交流戦にて
マシン参戦期間エンジン
LC5002017-2019RI4AG 2,000cc 直4 直噴ターボ

2017年よりトヨタ(レクサス)は、ベースマシンをレクサスの高級ラグジュアリークーペのLC500にスイッチします。

エンジンはRC F GT500からひきつづきRI4AGを搭載。

LC500はデビューシーズンの2017年に初戦から1位から5位を独占すると、開幕から5連勝と圧倒的な強さでシリーズを席巻し、シリーズタイトルを獲得します。

2018年は惜しくもホンダ勢に破れましたが、最終年の2019年もWタイトルを獲得。3年間という短い参戦期間でしたがシリーズタイトルを2度獲得し、素晴らしい成績を残してスーパーGTを去りました。

GRスープラ(2020-)

2020年スーパーGTにデビューしたGRスープラ
2020年スーパーGT最終戦にて
マシン参戦期間エンジン
GRスープラ2020-RI4AG 2,000cc 直4 直噴ターボ

2020年、長年つづいたレクサスブランドから久しぶりにトヨタブランドにチェンジし、2006年以来の(GR)スープラを投入します。

エンジンはLC500からひきつづき2,000cc直4ターボのRI4AG。

大荒れになった2020年シーズンは、最終戦で勝ったチームがシリーズチャンピオンを獲得するシュチュエーションの中、トヨタスープラのトムス37号者が最終コーナーまでトップを走行していましたが、チェッカー寸前でガス欠により失速。ホンダNSXに逆転を許してしまいます。

それまでマシンのデビューシーズンには必ずチャンピオンを獲得してきたトヨタでしたが、GRスープラのデビューシーズンはチャンピオンを獲得することができませんでした。

しかし2021年最終戦では、NSX-GT完全有利の中、GRスープラは逆転でチャンピオンを獲得し、前年の借りを返します。

そして2023年もWタイトルを獲得。デビューから4シーズンで2度のWタイトルを獲得しています。

次のページでは、日産・ホンダの歴代スーパーGT GT500マシンを紹介します。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。