人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

スーパーGTを撤退した7つのGT500チーム

全日本GT選手権から名称を変更し2005年からはじまった、国内で最も人気のあるカテゴリー、スーパーGT。

そのスーパーGTの上位クラスが、15チームでしのぎを削るGT500クラスだが、過去に撤退したレーシングチームは7つある。

その中にはシリーズチャンピオンを獲得したチームや、名門と呼ばれメーカーと深い関係があると考えられていたチームも含まれている。

その7チームとはどんなチームだったのか・・・。

そこで今回は、そのチームが残した記録や足跡、撤退に至った経緯などとともに、その7チームを紹介してみよう。

チームルマン

メーカートヨタ
カーナンバー6
GT500活動期間1994-1997・1999-2019
実働21年
ドライバーズ
シリーズ最高位
1位(2019)
チームズ
シリーズ最高位
2位(2016・2019)

※ データは全日本GT選手権時代を含む

2020年2月7日、トヨタの2020年スーパーGT GT500クラスの体制が発表されたが、そこには名門チームルマンの名前はなかった。

前年2019年にスーパーGT GT500として初のドライバーズチャンピオンを獲得しただけに、ファンの間ではなぜ撤退するのか疑問の声が上がっている。

レイナードやダラーラの国内総代理店として、元来フォーミュラ色の強いチームルマンだったが、全日本GT選手権初年度の1994年から参戦。

当時のマシンは300ZX(フェアレディZ)で、日産系のチームだった。

1999年よりトヨタ系としてスープラで参戦を開始し、トピックは2002年、脇阪寿一氏と飯田章氏のドライブでシリーズタイトルを獲得する。

このESSOカラーのマシンは、ミスターGTと呼ばれる脇阪寿一を語る上で欠かせないマシンだ。

その脇阪寿一は、ドライバーを勇退した翌年の2016年からチームルマンの監督としてチームに復帰し、当初は勝てないシーズンが続いたが徐々にチームを立て直し、2019年に悲願のドライバーズタイトルを獲得したことは記憶に新しい。

先日ツイッターで、『トヨタ系GT500チームの中でどこを一番応援しているか』と質問してみたところ、トムスに次いで2番目に人気のチームであることがわかった。

そんな人気も実力もあるチームがなぜ撤退?

2020年に念願だったカーナンバー1は見れないのか?

とファンは嘆きますが、真意の程は我々ファンの耳には入ってこない。

チームはその後、2020年に一ツ山レーシングと業務提携をしてGT300クラスに参戦し、2021年には本山哲の本山レーシングとタイアップし、同じくGT300クラスにエントリーした。

特に2021年は、カーナンバー6とエントラント名チームルマンが2年ぶりにスーパーGTに帰ってきた。

童夢

2012年11月 JAF GPにて
メーカーホンダ
カーナンバー18
GT500活動期間1997-2014
実働18年
ドライバーズ
シリーズ最高位
1位(2010)
チームズ
シリーズ最高位
1位(2010)

※ データは全日本GT選手権時代を含む
※1999-2002は無限×童夢プロジェクトとして無限と同チームとしてエントリー
※2005・2006はチームホンダレーシングとしてARTAと同チームとしてエントリー

日本のレーシングチームの中において、童夢は異色の存在だ。

スーパーGTのチーム部門のチャンピオンはチームズチャンピオンと言うが、F1の場合はコンストラクターズチャンピオンと言う。

その違いを簡単に言うと、スーパーGTのチームはマシンを仕入れて、そのマシンを整備チューニング(整備すらも外注するチームもある)するが、F1はマシンを製造する(コンストラクター=製造者)ので、チャンピオンシップの名称が違うのだ。

その点で、童夢は我が日本において唯一風洞やカーボン技術を持ちマシンを製造できるコンストラクターだ。

童夢は、スーパーGTのホンダNSXのマシンの開発を手掛けていることからも、他のチームとは異色の存在なのだ。

その童夢は、1997年にホンダの全日本GT選手権本格参戦とともに参戦を開始した。

1999年から2002年は、ホンダのワークス的な存在と言ってもよい無限と同一チームで参戦をし、2005年と2006年はARTAとともにホンダレーシングとしてエントリーをする。

そんな実績からもホンダと非常に近しい関係であったことが伺える。

2010年には、ドライバーズチャンピオンとチームズチャンピオンの二冠に輝いたほどの実績を誇るが、2014年を最後にスーパーGTを撤退した。

理由はプレスリリースも無いため関係者しかわかりませんが、2012年に創業者の林みのるが社長退任し、2013年にはカーボン製造子会社と風洞設備の売却したことから、大きな事業転換が行われたのではないか、と私は推測する。

現在童夢は、創業者である林みのる氏の手から離れたが、日本のFIA-F4マシンの製造を手掛け、一時トヨタの関連会社に譲渡した風洞施設も買い戻した。

今後ふたたび日本が誇るレーシングコンストラクターの、スーパーGT参戦を見てみたいものだ。

クラフト

2012年11月 JAF GPにて
メーカートヨタ・レクサス
カーナンバー34・35
GT500活動期間2002-2012
実働11年
ドライバーズ
シリーズ最高位
6位(2010)
チームズ
シリーズ最高位
5位(2006)

※ データは全日本GT選手権時代を含む
※ レクサスはブランドだが便宜上メーカーとした

クラフトと聞いて最近のスーパーGTファンはGT-Rを走らせるクラフトスポーツを連想するかもしれないし、往年のファンは、由良拓也氏率いるムーンクラフトを思い出すかもしれない。

しかしこのGT500チームのクラフトは、例に挙げた2社とはまったく関係がない。

1992年に設立したクラフトは、1997年に全日本GT選手権GT300クラスに参戦を開始する。

1999年には現在も人気があるAE86のトレノをレーシングマシンに改造し、全日本GT選手権にエントリーした。

私も富士スピードウェイではじめてみた時、まわりのレーシングマシンに混じり、1台だけいかにも『市販車を頑張って改造しました』と言わんばかりの形状を見て、度肝を抜かれた。

2001年までAE86トレノで参戦し、2002年からはGT500クラスにステップアップし、スーパーGTに名称が変わった2005年には、2台体制でスープラを走らせる。

2006年に1台体制に戻り、その後2012年までスーパーGT GT500クラスに参戦するが、この年を最後にGT500クラスの参戦を断念した。

参戦断念に際し橋本代表は、

「誠に残念ではございますが、今シーズンGT500クラスへの参戦は断念致しました」

「この結論に至るまでには色々と難しい問題がございましたが……ここにそのすべてを書く事はできません。GT500クラスはメーカー同士の戦いであり、チームの意思だけではいかんともし難いクラスであるという事をご理解頂ければ幸いと存じます」

auto sport webより引用

というコメントを残した。

自動車メーカーが大きく関与するカテゴリーだけに、大企業の戦いの中で自チームの参戦継続のために、非常にご苦労があったのだとコメントから推測できる。

その後2013年にボンズレーシングと名称を変更しGT300クラスへ参戦するが、第2戦を最後にスーパーGTから完全に撤退した。

ハセミモータースポーツ

メーカー日産
カーナンバー3
GT500活動期間1994-2000・2004-2009
実働13年
ドライバーズ
シリーズ最高位
2位(1994・1995)
チームズ
シリーズ最高位
3位(1994・1995)

※ データは全日本GT選手権時代を含む
※ 1994・1995はGT500ではなくGT1

ハセミモータースポーツは、長年にわたり日産のワークスドライバーとして活躍した、長谷見昌弘が代表を務めるレーシングチームだ。

スーパーGTの前身である全日本GT選手権には、発足初年度より最上位のGT1クラス(GT500クラスに相当)に、代表の長谷見昌弘と関わりの深い日産のスカイラインGT-Rで参戦し、1年目・2年目ともにクラス2位という好成績を記録した。

その後も2000年まで日産系GT500チームとして全日本GT選手権に参戦する。

そして2001年からの3年間は戦いの場をGT300クラスに変更し、強豪チームとしてチャンピオンを獲得。

2004年からふたたびGT500クラスに上がり、シリーズ名称がスーパーGTと変更になった後2009年まで参戦。

その後2010年にまたもGT300にクラス変更しチャンピオンに輝くが、その年をもってスーパーGTから撤退する。

撤退の理由は定かではないが、チーム曰く、

「翌年のメインスポンサーも決まっておりましたが、諸般の理由により参戦を断念します」

とのこと。

何か奥歯に物が挟まったような言い回しで、スッキリしない。

メーカーから圧力があるのだろうか・・・。

ハセミモータースポーツは現在、レーシングチームとしての活動はしていないが、アフターパーツの販売等で会社としては存続しているようだ。

次のページでは、残す3チームを紹介します。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。