写真で振り返るレーシングマシン vol.1 ティレル 019




私がF1を好きになった原点のレーシングカーが、このティレル019だった。

当時通っていた高校の図書室に置かれていた雑誌『NUMBER』を何気なく手に取ると、そこにはF1特集の記事があり、その特集ページを何度も何度も読んだ事を思い出す。

それまでプライムタイムに放送されていたF1日本グランプリは見たことがあったが、他国開催は深夜に放送されている事をこの雑誌で知り、初めて見た海外開催のF1が1990年モナコグランプリであった。

古舘伊知郎が煽るF1放送の国際映像のカメラは、ポールポジションの赤白マクラーレンでもなく、深紅のフェラーリでもなく、このモナコでデビュー2戦目、非力なV8エンジンで3番グリッドを獲得した奇抜なフロントウイングを持ったマシン、ティレル019に向けられていた。

ティレル019は1990年モナコグランプリを席巻するのであった。

ティレル019は、当時第二次F1ブームを牽引した中嶋悟と、新進気鋭のドライバージャン・アレジのドライブで、その後のF1のデザインに新しいトレンドを巻き起こした画期的なマシンとなった。

 

この写真は2016年『SUZUKA Sound of ENGINE 2016』での一コマである。

ホンダやトヨタが主催する感謝祭などで、ヒストリックカーを目にすることはあるが、当然ながら走行する車両は自社製車両や自社製エンジン搭載車である。

このティレル019はフォードDFRエンジンを搭載のため、なかなかお目にかかることができず、この日初めて見たときには本当に感動した。

グリッドで穴の空くほど見過ぎでデモ走行の撮影ポイントに間に合わず、息急き切って一番近いグランドスタンドに行き数枚だけ撮ったため、ろくな写真が無い。

グランドスタンドを駆け抜ける2台のティレル019のカーナンバーはともに♯3。

1台は当時と同じ中嶋悟が、もう1台には中嶋の息子大佑が操る。

 

この日の鈴鹿サーキットが当時の気持ちを思い起こさせてくれた・・・。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




3 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS