写真で振り返るレーシングマシン vol.2 トヨタ TS030 HYBRID

ル・マン24時間耐久レース。

F1モナコグランプリ・インディ500マイルと並び称され、世界三大レースに数えられる。

そのル・マンが2012年より、世界耐久選手権(以下WEC)となり世界を転戦するシリーズ戦が行われることとなった。

ルマンプロトタイプカーが日本でも見られる

そのシリーズのトップカテゴリーであるルマンプロトタイプ1ハイブリッドクラス(LMP1H)に参戦を表明したトヨタとともに、富士スピードウェイでも、シリーズが開催されることとなった。

私はかねてよりこのル・マンが好きで、地上波でテレビ放送がされている年は、必ず視聴していた。

ルマンプロトタイプカー(以下LMPカー)の流麗なボディワークは、世界最高峰のモータースポーツであるF1を凌ぐほど、美しく思える。

そのLMPカーが日本で、しかも地元である富士スピードウェイで見られると、即座にチケットを予約した事を覚えている。

初めてLMPカーを目の当たりにして

富士スピードウェイに到着し、この目でそのLMPカーを見たときのボディーラインの美しさに鳥肌が立ってしまった。

サーキットでの楽しみの一つは、テレビでは感じられないマシンのエキゾーストノートを体感する事だが、各車排気量の違いやターボの有無、ましてやディーゼルエンジン搭載車まであり、ワンメイク化が進むモータースポーツの世界の中、WECは耳でも本当に楽しめた。

トヨタ TS030 HYBRID

冒頭でも説明したが、このWECでのトップカテゴリーであるLMP1Hクラスで、2012年・2013年にアウディと戦ったのが今回紹介するトヨタ TS030 HYBRIDである。

TS030 HYBRIDは、2009年までF1を戦ったトヨタF1のベース基地であるドイツのケルンで、パスカルバセロンを始め多くの元F1に携わった人間で製作された。

ケルンの工場は最新鋭の風洞トンネルがあり、ライバルのアウディに比べると非常に洗練された空力デザインだと素人目には見える。

アウディには及ばぬ成績となったが、この2年間で優勝5回・ポールポジション6回・ファステストラップ4回と、長くルマンを戦ったライバルに参戦初期から随所に光るものを見せられたのではないかと思う。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS