日本のモータースポーツファンの憂鬱 世界選手権の日本ラウンドは全て10月開催

本日、ツインリンクもてぎにてWTCCが開催された。

FIA世界ツーリングカー選手権 日本ラウンド

私もテレビにて観戦していたが、メインレースは雨天赤旗で残念ながら全周回を消化せずに終わってしまった。

しかし、喧嘩レースと言われるWTCCのぶつけ合い!?︎や、地元ホンダシビックの勇姿を十分に堪能できた。

2017年6月11日 スーパー耐久にて(本文とは関係ありません)
CANON EOS5D MarkⅣ EF100-400 f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM 露光量1/15(f/25) 焦点距離255mm ISO100

これで今年日本で開催される世界選手権は、全て終了した。

FIA主催の世界選手権

FIAが主催する世界選手権の内、四輪サーキットレース(ラリー選手権を除く)は現在、FIAフォーミュラ1世界選手権(F1)・FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)・FIA世界耐久選手権(WEC)があり、全てのレースが日本でも開催されている。

モータースポーツの発祥の地は、ヨーロッパだ。

したがって、上記の世界選手権はヨーロッパを中心にカレンダーが組まれる。

世界選手権の日本開催日程

アジアラウンドは、そのヨーロッパでのレースの後が慣例となり、日本へは毎年10月の開催になることが多い。

2017年の開催で決勝日の日程を見てみると、

10月8日 F1
10月15日 WEC
10月29日 WTCC

…見事に全て10月開催だ。

私も3戦全てに観戦にはいけない 今年はWECのみ

2017年WEC富士戦の観戦記はこちら
↓  ↓  ↓
2017 WEC富士 観戦記 前編
2017 WEC富士 観戦記 後編

まとめ

モータースポーツ好きでも、さすがに経済面や体力面、家族の理解などその他諸々の事情で、月に何度も観戦に行ける方は少ないと思う。

全てのレースが10月…避けてもらいたい。

無論、これを改善するのは各カテゴリー・各サーキット・各主催者やその他さまざまな事情があり、現実的には難しいのはよくわかっている。

しかしできれば、いずれかのレースを、かつてTIサーキット英田(現岡山国際サーキット)が行なわれていたパシフィックGPのように、春先に開催してくれないかと切に思う。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS