人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

スーパーGTマシンのベース車両(市販車)価格ランキング!

スーパーGTに参戦するマシンのベース車両はスーパーカーから大衆車まであり、その多くがディーラーで購入することができるが、価格は千差万別だ。

ではスーパーGTに参戦するマシンのベース車両でどのマシンが一番高いのか?

そこで今回は、スーパーGTマシンのベース車両(市販車)の価格をランキング形式でみていきたいと思う。

2020年のスーパーGTに参戦するマシンと同じ車種の、基本的にクーペ型市販車を選定し、もっとも高価なグレードの車両本体価格(日本価格)をランキングの対象としました。

※車両本体価格は価格.comを参考

【第14位】トヨタ・86

新車価格
267万円〜358万円

使用チームカテゴリー
チームマッハGT300(マザーシャシー)
インギングGT300(マザーシャシー)

チームマッハとインギングが使用するトヨタ86MCのベースとなる車両はトヨタ86。

この車両は、2020年のスーパーGTに参戦するマシンのベース車両としてはもっともリーズナブルな車両価格で、一番高価なグレードでも358万円と、一般人でも手に届く値段。

スーパーGTに参戦するマシンのベース車両を所有してみたいならば、トヨタ86がもっとも現実的だ。

【第13位】スバル・BRZ

新車価格
247万円〜365万円

使用チームカテゴリー
R&DスポーツGT300(JAF-GT)

トヨタ86と兄弟車のスバルBRZもかなりお安い価格設定。

しかしスバルBRZは2020年7月20日に受注を終了したため、現在は新車での購入ができない。

【第12位】トヨタ・プリウスPHV

新車価格
331万円〜439万円

使用チームカテゴリー
aprGT300(JAF-GT)

日本が世界に誇る大衆向けハイブリッドカープリウスのPHV仕様も、スーパーGTのベース車両として使われている。

しかし写真を見ていただければ分かるとおり、市販車のルックスとは大きくかけ離れている・・・。

【第11位】トヨタ・スープラ

新車価格
499万円〜741万円

使用チームカテゴリー
ルーキーレーシングGT500
レーシングプロジェクトバンドウGT500
トムスGT500
セルモGT500
サードGT500
埼玉トヨペットGT300(JAF-GT)

2020年からトヨタのスーパーGTの顔となったスープラは、GT500からGT300まで7台ものマシンが参戦する。

この新生GRスープラの市販車を購入すれば、今後長きにわたりスーパーGTベース車両の所有者となれる。

【第10位】レクサス・RC F

新車価格
1042万円〜1432万円

使用チームカテゴリー
トヨタチームタイランドGT300(FIA-GT3)
LMコルサGT300(FIA-GT3)
K-tunesレーシングGT300(FIA-GT3)

2014年から2016年はレクサスのGT500クラスベース車両となったRC Fは10位。

レクサスが誇る高性能クーペも、世界のスーパーカーが参戦するスーパーGTの中では下位に位置していた。

前面投影面積を犠牲にしたこの迫力ある顔面が、わたし的には非常に好きなマシン。

【第9位】日産・GT-R

新車価格
1082万円〜1463万円

使用チームカテゴリー
NDDPレーシングGT500
チームインパルGT500
トムスGT500
KONDOレーシングGT500・GT300(FIA-GT3)
ゲイナーGT300(FIA-GT3)
NILZZレーシングGT300(FIA-GT3)
東名レーシングGT300(FIA-GT3)

長きにわたり日産の最上級スポーツカーGT-Rは、2007年のデビュー当時、高性能の割にリーズナブルな車両本体価格770万円も話題になったが、13年を経て随分と値段が上がってきたようだ。

【第8位】ロータス・エヴォーラ

新車価格
1281万円〜1866万円

使用チームカテゴリー
カーズ東海GT300(マザーシャシー)

カーズ東海がマザーシャシーのベースとして使用するロータスエヴォーラは、スーパーGT全参戦マシン中8位だった。

モータースポーツに深い縁があるロータスが、スーパーGTに参戦してくれることが嬉しい。

【第7位】BMW・M6

新車価格
1891万円〜1929万円

使用チームカテゴリー
スタディGT300(FIA-GT3)

2020年からスーパーGTに復帰したBMW・M6は、全14台中真ん中の7位。

2018年までARTAも仕様したこの大柄なBMW M6のFIA-GT3車両のベース車両、じつは現行の第4世代の6シリーズではなく、2012年から2017年まで販売されていた第3世代の6シリーズがベースなのだ。

おそらく第4世代6シリーズのFIA-GT3車両が存在しないからだろうが、BMWファンからすれば最新型を走らせてもらいたいと思うのだが・・・。

【第6位】ホンダ・NSX

新車価格
2420万円

使用チームカテゴリー
ARTAGT500・GT300(FIA-GT3)
チーム無限GT500
リアルレーシングGT500
ナカジマレーシングGT500
チームクニミツGT500
チームアップガレージGT300(FIA-GT3)
ドラゴコルセGT300(FIA-GT3)

スーパーGTに参戦する日本車ベースの市販車価格としての最高額はホンダNSXだ。

ホンダNSXは、初代のNA1がバブル期の1990年に当時の日本車最高額として800万円から860万円の車両本体価格でデビューしたが、2016年に販売された2代目NSXは車両本体価格2420万円と、随分と高くなったものだ。

次のページでは、スーパーGTに参戦するマシンのベース車両の
車両本体価格トップ5を公開!

はたしてあのスーパーカーは何位なのか!?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

15人の購読者に加わりましょう

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS