他カテゴリーと比べてみてF1の凄さがわかった 年間予算・スタッフ数・ラップタイムまとめ

※前置きが長いので、急いでいる方は下記目次の『3 F1と他のフォーミュラカーの違い』をクリック願います。

初めて見たレース

『1996年 全日本選手権フォーミュラニッポン 第7戦 富士スピードウェイ』私がサーキットへ初めて観戦に行ったレースです。

それまでもテレビでは狂う程にF1は観てきたが国内レースの知識はなく、知っているドライバーは星野一義やラルフシューマッハぐらいだったか、あっ近藤真彦も知っていました、別の意味で。

この時初めて生で観たレースの感動は、20年以上経った今でも忘れていません。

ホームストレートを駆け抜けるフォーミュラカーの爆音とタイヤの焼けた匂い、オイルの焼けた匂い・・・。


2017312日撮影 1997LOLA T97/51

当時のプログラムを読み返してみます。

シャシーはローラありレイナードあり童夢あり、同じメーカーでもハイノーズにローノーズ、エンジンは無限・ジャッド・コスワースDFV、タイヤもブリヂストンとYOKOHAMA。

まだまだ残るF1人気の最中、改修前の富士スピードウェイの汚いグランドスタンドには大勢のファンが歓声をあげていました。

自由でいいねーこの時代。


2017312日撮影 1991F3000 LOLA T90/50 & 1992F3 RALT R35

現在のフォーミュラレース

それに比べて昨今のフォーミュラレースは、世界的にみても人気が低下しています。

日本のスーパーフォーミュラなども例に漏れず、2016年の富士戦は2日合計で3万5100人(参考=同年スーパーGT富士戦8万5800人)と閑古鳥が泣いている有様です。

それに比べF1は前年に比べ8%の来場者増加と、世界的に見れば人気が増加し続けています(参考=2017年日本GP3日合計13万7000人、母国ドライバー不在の為日本では低下傾向だが世界では増加)


201778日撮影 2017SF14

F1と他のフォーミュラカー違い

前置きが長くなってしまったがそれでは本題に入ります。

F1と他のフォーミュラカー、同じような形をしたマシンですが、特にF1とスーパーフォーミュラの違うところを書いてみたいと思います。

シャシー

フォーミュラレースの中でF1は他のカテゴリーと大きく違う事があります。

コンコルド協定(F1のルールを定めた協定)の中でチームはコンストラクター(レーシングカー製造者)でなくてはならない、と謳われています。

そこでF1チームを発足する際、他のカテゴリーとは大きく違いマシンをデザインする人材が必要となります。

他のカテゴリーではコスト削減とドライバーの力量を探るため、同じシャシー(=ワンメイク)でのシリーズが圧倒的に多いです。

そこで、2017年現在のフォーミュラカーシリーズのシャシー製造メーカーを下記の通りまとめてみました。

カテゴリー 製造メーカー
F1

新興チーム“ハース”を除き全て自社生産で、フェラーリ製・マクラーレン製・ウィリアムズ製…
ちなみにハースのみダラーラ製

スーパーフォーミュラ ダラーラ製ワンメイク
F2(旧GP2) ダラーラ製ワンメイク
F3 ダラーラ製が主流、ミゲール製ローラ製も少数存在
FIA-F4(日本) 童夢製ワンメイク
イギリスF4 ミゲール製ワンメイク
 ADACF4 タトゥース製ワンメイク
イタリアF4 タトゥース製ワンメイク
中国F4 ミゲール製ワンメイク
GP3 ダラーラ製ワンメイク
インディカー ダラーラ製ワンメイク
フォーミュラE スパーク製ワンメイク

分かってはいた事ですが、あらためて表にするとダラーラ製の車両が圧倒的に多いのが驚きですね。


2016612日撮影 2016F3

人員

レーシングチームでは多くの人間が働いています。

有名どころではチームマネージャーやチーフエンジニア、エアロダイナミストなどが日の目を浴びますが、メカニック・進行マネージャー・ドライバーマネージャー・トラックドライバー、またサーキットに訪れない人員も多数います。

その人の数からチームの規模が見えてきます。

古い資料ですが2006年のF1スタッフ人数をまとめてみました。

カテゴリー チーム スタッフ人数
F1 フェラーリ 800人
ルノー 650人
マクラーレン 800人
ホンダ 750人
トヨタ 650人
BMW 370人
ウィリアムズ 500人
レッドブル 450人
トロロッソ 150人
ミッドランド 200人
スーパーアグリ 140人
スーパーフォーミュラ 各チーム 30人

当時の新規参戦チームスーパーアグリでも140人規模で、急速に人員を採用していたと記憶しています。

それに比べてスーパーフォーミュラは約30人、ここでも下位カテゴリーとF1との規模の差が歴然ですね。

極限のマシンを生み出し、世界を飛び回るF1はまさに企業体です。


201753日撮影 2017FIA-F4

予算

F1はシャシーを開発し製造しなくてはならないし、パワーユニット(エンジン他動力源)に関しては、一部内製のチームを除き膨大な資金で購入しなくてはなりません。

人件費でもドライバーの契約料はトップドライバーともなると数十億に達する他、スタッフも数百人規模になります。

よってF1チームの年間総予算は膨大な金額になります。

それでは、F1の各チームとスーパーフォーミュラの年間予算を比べてみましょう。

※F1のチーム予算は2015年、スーパーフォーミュラは予測

カテゴリー チーム 年間総予算
F1 レッドブル 649億円
メルセデスAMG 647億円
マクラーレン 644億円
フェラーリ 580億円
ウィリアムズ 258億円
ロータス 192億円
トロロッソ 190億円
フォースインディア 180億円
ザウバー 143億円
マルシャ 115億円
スーパーフォーミュラ 各チーム 3〜4億円
※ダラーラSF14が1台1億円 2台走らせパーツ代スタッフ代エンジン代諸々で3〜4億円と推測

※ベストカーWeb参照

それにしてもF1上位4チームの予算には驚かされます。

スーパーフォーミュラはF1の100分の1の予算規模です。


201779日撮影 2017SF14

ラップタイム

次に1周あたりのラップタイムはどうでしょう。

そこで、F1開催の実績を持つ日本のサーキット、鈴鹿サーキットと富士スピードウェイのラップタイムを各カテゴリーごと比べてみました。

サーキット カテゴリー ラップタイム
鈴鹿サーキット F1 1分27秒319(2017)
スーパーフォーミュラ 1分35秒907(2017)
F3 1分50秒999(2017)
FIA-F4 2分08秒192(2015)
富士スピードウェイ F1  1分17秒287(2008年)
スーパーフォーミュラ 1分22秒572(2014年)
F3 1分33秒451(2009年)
FIA-F4 1分44秒733(2017年)

先ほど書いた予算差と比べると、F1とスーパーフォーミュラのラップタイム差は意外と少ないことに驚かされます。

富士スピードウェイでのF1とスーパーフォーミュラの差が約5秒。

今後富士スピードウェイでのF1開催の可能性は低いため、2019年新型車両導入とともにスーパーフォーミュラがラップレコードを塗り替える可能性があるのでしょうか?


2016612日撮影 2016F3

まとめ

冒頭に書いた1996年当時、F1と直下カテゴリーのフォーミュラニッポンとは今ほど大きな差はありませんでした。

しかしその直後から自動車メーカーが多くF1に参戦し、多くの資金と人材を注ぎ込み予算が高騰し続けました。

リーマンショックとともにホンダ・トヨタ・BMWなどの自動車メーカーはF1を去りましたが、F1に後退という言葉はなくその規模を維持し続けなければ上位争いはできなくなってしまいました。

逆にその他のフォーミュラシリーズは、参戦資金を抑えるためシャシー・タイヤとワンメイク化が進んでいきました。

F1とスーパーフォーミュラなど他のフォーミュラシリーズの差は大きくなってしまいましたが、ドライバーの熱いバトル、チームの情熱は変わらないと思います。

私はあの時見た1996年以来、その大好きなフォーミュラレースを観戦しに、サーキットに通い続けています。


2017312日撮影 2011年フォーミュラニッポンFN09

2018 F1日本グランプリ 観戦記 vol.1 〜 鈴鹿F1史を駆け抜けたあのマシンが蘇る 〜

2018年10月8日

F1マシンの購入をお考えの方必見! 中古F1マシンの相場を公開します!!

2018年5月20日

9年ぶりにF1日本GPチケット購入 17年前初めて行ったF1日本GPで見た『生きたF1』の衝撃

2018年7月25日

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぴぴ
クリックしていただくとワタクシぴぴ小躍りします。

モータースポーツランキング




SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




3 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS