人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

GP2/FIA-F2に挑戦した12人の日本人ドライバー

2005年の発足以来、F1直下カテゴリーとして多くのF1ドライバーを輩出してきたGP2と、そのGP2を継承したFIA-F2は、多くの日本人ドライバーがF1ドライバーを目標に挑戦してきた。

そこで今回は、GP2とFIA-F2のふたつのF1直下カテゴリーに挑戦した日本人ドライバーを時系列で紹介していこうと思う。

吉本大輝(2005-2006)

シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP22005-20062位15位

吉本大輝選手は、2005年から2006年にかけて日本人ドライバーとしてはじめてGP2に参戦し、マニクールで行われた第5戦のレース2で2位表彰台を獲得している。

2005年から2006年のGP2は、ニコ・ロズベルグやルイス・ハミルトン、ヘイキ・コバライネンなど、後にF1で活躍することになるドライバーが多く参戦していた時代で、吉本大輝選手は錚々たるメンバーとともにレースを走っていた。

現在はスーパーGT GT300クラスに参戦する。

山本左近(2007-2008)

2019年スーパーGT第2戦にて
シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP22007-20084位23位

山本左近選手は国内トップレースで活躍した後、2006年にスーパーアグリのドライバーとしてF1にデビューすると、翌2007年にGP2に参戦し11レースに参戦しポイントを獲得できなかったが、スパイカーのシートを得てF1にふたたび参戦した。

2008年はルノーのテストドライバーとしてチームに帯同し、第6戦からGP2に復帰し、ハンガロリンクのレース2で4位入賞をしたが、それ以降はリタイヤつづきでポイントを獲得することができず、この年を最後にGP2の参戦を終了した。

2010年にHRTからまたもF1に参戦し、その後2012年以降はほとんどレーシングドライバーとしての活動は行っていない。

中嶋一貴(2007)

2013年WEC富士にて
シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP220072位5位

トヨタヤングドライバーズプログラムの一員として2007年にGP2に参戦し、開幕戦ではファステストラップを記録すると、イギリスシルバーストンで行われた第5戦で3位表彰台し、第7戦ではシーズン最高位の2位(レース1)になり、最終戦のバレンシアではポールポジションを奪取した。

結局5戦連続の表彰台を獲得するなどの活躍もあり、シーズン順位は5位と健闘し、その2007年シーズンの最終戦でウィリアムズよりF1にデビューすると2009年まで同チームで参戦した。

その後は、WECのトヨタGAZOOレーシングでLMP1クラスに参戦し、ル・マン24時間では3連覇を達している。

平手晃平(2007)

2017年スーパーGT第2戦にて
シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP220072位19位

トヨタヤングドライバーズプログラムの一員として2007年にトライデントからGP2に参戦し、第5戦のニュルブルクリンクレース1で5位初入賞、レース2では2位を獲得した。

しかしそれ以外のレースではノーポイントに終わり、ランキングは19位であった。

その後国内を中心にトヨタドライバーとして参戦した後、2019年に日産に移籍し、スーパーGT GT500クラスのドライバーとして活躍する。

小林可夢偉(2008-2009)

2015年TGRFにて
シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP22008-2009優勝(1勝)16位

中嶋一貴選手や平手晃平選手と同様にトヨタヤングドライバーズプログラムの一員として、2008年にDAMSからGP2に参戦すると、カタロニアサーキットの開幕戦レース1で8位入賞を獲得すると、レース2では日本人ドライバー初となる優勝を遂げる。

GP2での活躍が期待されたが、その後はバレンシアの6位のみで、1年目はシリーズ16位だった。

2年目となる2009年シーズンは6度のレースで入賞をしたが、前年同様16位でGP2参戦を終了し、その年の最後の2レースでトヨタからF1に参戦した。

翌2010年には実力でザウバーのシートを射止め、2012年日本グランプリでは日本人として3人目の表彰台にあがった。

現在はトヨタGAZOOレーシングの一員としてWECのLMP1クラスに参戦し、2019-2020年シーズンにはシリーズチャンピオンを獲得している。

伊沢拓也(2014)

シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP220143位18位

小林可夢偉選手以来長らくGP2に参戦する日本人ドライバーは現れなかったが、2014年に伊沢拓也選手がDAMSから参戦し、ハンガロリンクで行われた第13戦では3位表彰台を獲得している。

翌年は国内に戻り、ホンダのエースドライバーのひとりとして現在も活躍する。

当時29歳だった伊沢拓也選手だが、翌年からのホンダF1復帰に向けてのF1ドライバー育成のためか・・・ご存知の方がいたら下のコメント欄で教えてください!

佐藤公哉(2014)

シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP220147位27位

佐藤公哉選手は、ユーロF3からドイツF3、AutoGPと、ヨーロッパのミドルフォーミュラで経験を積み、2014年にカンポスからGP2に参戦するも、セッティングがなかなか決まらず7位入賞1回に終わった。

その後は国内レースに復帰し、スーパーGT GT300クラスに参戦する。

前半はトヨタ系ドライバーが多く登場しましたが、次のページでは、ホンダ系ドライバーが登場します!

次のページは↓

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

115人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。