人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

GP2/FIA-F2に挑戦した12人の日本人ドライバー

松下信治(2015-2017 2019-2020)

2018年スーパーフォーミュラ第4戦にて
シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
GP2/F22015-2017
2019-2020
優勝(6勝)6位

松下信治選手は2014年に全日本F3でチャンピオンを獲得すると、翌2015年にARTグランプリからGP2に参戦すると、バーレーンで行われた開幕戦でいきなりフロントローを獲得する。

オーストリアでは表彰台を獲得すると、ハンガリーでは自身としては初、日本人としては2008年の小林可夢偉選手以来となる初優勝を達成する。

結局ARTグランプリでは3年間で4勝をあげたが、レース1では優勝できなかった。

2018年は日本のスーパーフォーミュラで1年間を過ごしたが、2019年にFIA-F2に名称が変わったシリーズにカーリンから再挑戦すると、レッドブルリンクで行われたレースで念願のレース1初勝利し、モンツァでのレース1でも優勝する。

翌2020年も混戦になったカタロニヤのレース1で優勝したが、シーズン終盤でシートを追われてしまった。

今後は日本国内でレースをするのか、動向に注目したい。

牧野任祐(2018)

シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
F22018優勝(1勝)13位

2017年にヨーロッパF3に参戦した牧野任祐選手は、2018年からロシアンタイムよりFIA-F2に参戦する。

シーズン後半のモンツァではグリッド14番手からスタートすると、タイヤ戦略が功を奏し6周目にはトップに浮上するとそのまま首位を譲ることなくFIA-F2初優勝を決めた。

しかしその他のレースでは上位フィニッシュすることができず、この年限りでFIA-F2の参戦を終了し、その後は国内レースを主戦場に戦う。

2020年スーパーGT最終戦で決めた、涙のチャンピオン獲得が印象的。

福住仁嶺(2018)

シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
F220186位17位

ホンダがF1ドライバー育成プログラムを開始すると、その一員として2016年にGP3に参戦し、翌2018年よりアーデンからFIA-F2に参戦する。

活躍が期待されたが、チーム力の低さに苦しめられランキング17位でシーズンを終えた。

2019年からは日本に戻り、スーパーフォーミュラとスーパーGTで才能を発揮している。

佐藤万璃音(2019-2020)

シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
F22019-20208位21位

ヨーロッパを中心にレース活動を行ってきた佐藤万璃音選手は、2019年にユーロフォーミュラオープンでチャンピオンを獲得すると、同時にカンポスからFIA-F2に参戦し、翌2020年にはトライデントに移籍する。

しかし下位チームからの参戦で、現在のところFIA-F2では目立った成績は残せていない。

2020年シーズン終了後のF1ヤングドライバーテストにアルファタウリから参戦。

角田裕毅(2020)

2017年日本FIA-F4に参戦する角田裕毅
シリーズ参戦年レース最高位シーズン最高位
F22020優勝(3勝)3位

2018年に日本のFIA-F4でチャンピオンを獲得した角田裕毅選手は、この年の末にレッドブルジュニアチームへ加入するとヨーロッパに渡り、ユーロフォーミュラオープンを経て2020年にカーリンからFIA-F2に参戦する。

3レース目となるオーストリアでポールポジションを獲得すると、レースでも2位に入り自身初めての表彰台を獲得すると、10レース目のシルバーストンではレース2で初めての優勝を経験する。

13レース目のスパフランコルシャンではレース1で初めて優勝し、23レース目のバーレーンでもレース1で優勝すると、参戦初年度でシリーズ3位に入り、F2最優秀新人賞のアントワーヌ・ユベール・アワードを獲得した。

ちなみにレース1だけの獲得ポイントでは、2020年全参戦ドライバー中No.1だった。

シリーズ終了後にF1アルファタウリから2021年シーズンのドライバーとして発表され、晴れて小林可夢偉選手以来7年ぶりの日本人F1ドライバーの誕生となる。

まとめ

ドライバー参戦年成績F1参戦歴
吉本大輝2005-20062005/16位
2006/15位
山本左近2007-20082007/30位
2008/23位
2006/スーパーアグリ
2007/スパイカー
2010/HRT
中嶋一貴20072007/5位2007-2009ウィリアムズ
平手晃平20072007/19位
小林可夢偉2008-20092008/16位
2009/16位
2009/トヨタ
2010-1012/ザウバー
2014/ケータハム
伊沢拓也20142014/18位
佐藤公哉20142014/27位
松下信治2015-2017
2019-2020
2015/9位
2016/11位
2017/6位
2019/6位
2020/15位
牧野任祐20182018/13位
福住仁嶺20182018/17位
佐藤万璃音2019-20202019/21位
2020/22位
角田裕毅20202020/3位2021/アルファタウリ(予定)

GP2とFIA-F2はF1の直下カテゴリーという位置付けから、毎戦のようにレベルの高いレースが繰り広げられており、今回紹介した12人の日本人ドライバーは、その中で戦うことによりレーシングドライバーとして大きな経験を積み羽ばたいていった。

トヨタがF1に参戦した時代は、次期トヨタのF1ドライバーの期待を担い、中嶋一貴選手、平手晃平選手、小林可夢偉選手がGP2に参戦し、中嶋一貴選手と小林可夢偉選手が見事に期待に応え、平手晃平選手も国内レースで大活躍した。

そしてホンダも、松下信治選手や牧野任祐選手、福住仁嶺選手や角田裕毅選手をサポートしてきた。

今回の記事を見てわかると思うが、角田裕毅選手は参戦初年度でありながら3勝を含むシリーズ3位に入り、その活躍は歴代の日本人GP2/FIA-F2の中では群を抜いている。

2021年シーズンからはアルファタウリでF1に参戦することが決定しており、今後の彼の活躍を大いに期待したい。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。