人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

モンキー125(JB03)用タコメーター『デイトナvs.SP武川』徹底比較

モンキー125最高っす!

納車以来天気の良い週末はほぼお決まりのルートで、ショートツーリングを楽しんでいますが、乗れば乗るほどに楽しいオートバイだと思います。

とりわけ好きなところが、スコンスコンと気持ちよく入るシフトフィーリング。原付ながら上級機種のパーツが多分に奢られているのか、モンキー125のシフトチェンジは実に気持ちいいのです。

ただね、ついついスピードを上げてシフトアップすると・・・あっ!空振り!

幻の6速に右足をクイっとしちゃいます。シフトインジケーターが欲しい・・・。

いや、せめてタコメーターが欲しい。回転計があればシフトミスが防げるのですが、このモンキー125はマニュアルチェンジにはあるべきタコメーターが無いのです。

ということで、このモンキー125に合うタコメーターを探すことに。海外でもファンの多いモンキー125なので多くの国でサードパーティーのタコメーターが販売されているだろうけど、やっぱり日本製の完成度がピカイチだろう。

その中でも特に信頼度が高いのがモンキー125のパーツを多く販売するメーカー。

その中から検索すると、デイトナとSP武川の2つの信頼できるメーカーから5速モンキー(JB03)に装着できるタコメーターが発売されていました。

ということで、今回はデイトナ製とSP武川製のタコメーターを比較し、どちらを私の愛機に装着するか考えてみます。

デイトナ製は無骨でシンプルなデザインとモンキー125にぴったりの最大回転数が魅力

まずはデイトナ製から見ていくことにします。

デイトナ製のボディは艶消しのブラックで、無骨でクラシカルなデザインをしています。

メーターの最大回転表示は9000回転。モンキー125の最大回転数は8000回転中盤なのでピッタリの回転域ですね。

ただYouTubeで作動を見ると、アクセルを開けてから若干遅れて針が動きます。これは針のブレを防止するためなのですが、個人的にはアクセル開度に応じてリニアに動いてもらいたいので、ちょっと残念かな。

ちなみに文字盤はホワイト、ブルー、オレンジに色変更が可能になっています。

メーター内には赤いランプがありますが、これは事前に設定した回転数に到達するとランプが点灯し、シフトポイントを教えてくれます。うん、これがあれば幻の6速へのシフトアップも減るかも。いいじゃん!

またメーター内には液晶もあり、ここには最高回転数と電圧を表示します。電圧表示はバッテリーの低下を事前に確認できますが、まあ車体が軽く押し掛けが容易にできるモンキー125なので、バッテリー低下はあまり気にする必要がないのでは、と個人的には思います。

できればここには時計が欲しかったんだよなあ。

サイズはφ48。小さいながらも走行中でも問題なく回転数を確認できます。

重量は440gとかなり軽量。価格は17,183円(税込2023年8月時点でのAmazon価格)とリーズナブルです。

スペック
  • サイズ:φ48
  • 重量:440g
  • 最大回転表示:9000rpm
  • 液晶表示:最高回転数/電圧
  • 胴体カラー:ブラック
  • 価格:17,183円(税込 2023年8月時点 Amazon)

SP武川製は純正スピードメーターに合うシルバーメッキカラーと便利な時計表示が魅力

続いてSP武川製のタコメーターを見ていきます。

ボディはシルバーメッキ仕上げでモンキー125のスピードメーターと同調してよく似合いそうです。

最大回転数は16000回転。モンキー125の最大回転数は8000回転中盤なので、針はメーターの半分あたりを動くのみ。個人的には針が大きく動いて欲しいのでこれはちょっと残念ですね。

エンジン関係を大幅にカスタマイズしてリミッターを解除する方にはいいかもしれませんが、まあ私はそこまでの大きなカスタムは致しませんので・・・。

デイトナ製は針のブレを防止するために若干遅れて針が動きますが、SP武川製はアクセル開度に応じて針がリニアに動くタイプです。これはいいかも。

SP武川製もデイトナ製と同じく液晶があり、こちらは外気温と時計が表示されます。モンキー125のメーターは速度表示や必要最低限のインジケーターのみのシンプルな設定。そのためこの時計表示はありがたいですね。

サイズはデイトナと同じφ48。ただ最大回転数が16000回転なので文字盤がかなり細かくなり、視認性はあまりよくなさそうです。

重量は580gとデイトナ製よりも重いですが、まあ140gの差は誤差の範囲。価格は23,760円(税込2023年8月時点でのAmazon価格)と6,000円ほど高くなります。

スペック
  • サイズ:φ48
  • 重量:580g
  • 最大回転表示:16000rpm
  • 液晶表示:外気温/時計
  • 胴体カラー:シルバーメッキ
  • 価格:23,760円(税込 2023年8月時点 Amazon)

『デイトナ製vs.SP武川製』比較表

デイトナとSP武川の2つのタコメーターを簡単に比べると以下の通り。

項目デイトナSP武川
サイズφ48φ48
重量440g580g
最大回転表示9000rpm16000rpm
針の動き若干の遅れリニア
液晶表示最高回転数/電圧外気温/時計
胴体カラーブラックシルバーメッキ
価格
Amazon 2203年8月現在
17,183円(税込)23,760円(税込)

デイトナ製とSP武川製のタコメーターを比較すると大きな違いは最大回転表示、液晶表示、胴体カラー、価格設定、そして針の動き方。両メーカーともにかなり仕様が異なりますね。

最後に

ということで、今回はデイトナとSP武川の2つのモンキー125用タコメーターを比較し、どちらを私の愛機に装着するか検討してみましたが、結局私が選んだのは・・・デイトナ製です。

両メーカーで一長一短があり本当に悩みました。

特にSP武川のアクセル開度に応じてリニアに動く針は魅力的だし、時計表示も実に実用的だと思いました。

ただ、決めてはデザインと最大回転表示。

SP武川製はメッキ仕上げで純正のスピードメーターとよく馴染むと思いますが、デイトナ製のちょっとクラシカルでシンプルなデザインが私の好みでした。

最大回転表示はデイトナが9000rpmに対してSP武川は16000rpm。何度も書いているようにモンキー125のレブリミットは8000rpm中盤なので、計基板全体を使い表記できる方がいい。針はちょこまか動くよりも大きく動いて欲しいので、デイトナ製がとっても魅力に感じました。

ということで本日デイトナ製のタコメーターが私の愛機に装着されましたが・・・そのレビューは次回書いていきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。