人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

スーパーGT GT500 タイヤメーカー別使用チームの推移【2005-2021】

日本でもっとも人気のあるモータースポーツといえばスーパーGTだ。

そのスーパーGTの魅力のひとつに、各タイヤメーカーがしのぎを削るタイヤ戦がある。

F1をはじめとした世界の多くのモータースポーツは、タイヤのワンメイク化が進んでいるが、スーパーGTでは現在ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ、ミシュランの4つのタイヤメーカーが参入し、レース毎に思考を凝らしたタイヤを持ち込む。

それにより各コースやコーナーによりマシンの特性が大きく変わるのが、私たちファンにとってはそれがじつに面白い。

さて、そんなスーパーGTのタイヤだが、トムスやチームインパル、ナカジマレーシングのように同じタイヤメーカーを使い続けるチームもあれば、ニスモやサードのように変えたチームもある。

そこで今回は、スーパーGTがはじまった2005年から2021年までの、タイヤメーカー別使用チームの推移を見ていきたいと思う。

では、2005年から順に行ってみよう!

2005年のタイヤメーカー別使用チーム

JGTC時代はBSを使用していたナカジマだがスーパーGT元年からDLにスイッチ
写真提供:Mさん
ブリヂストン

ニスモ(2台) ハセミ ルマン ARTA インパル 童夢 トムス(2台) セルモ サード クニミツ

ヨコハマ

つちや JLOC

ダンロップ

一ツ山(2台) ナカジマ クラフト(2台)

スーパーGTに名称を変えた2005年のGT500クラス参戦は15チーム19台で、供給するタイヤメーカーはブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップの3メーカー。

各タイヤメーカーの供給チームの内訳は、ブリヂストンが10チーム(12台)、ヨコハマが2チーム、ダンロップが3チーム(5台)だった。

ナカジマレーシングは全日本GT選手権時代はブリヂストンを履き数々の栄冠を手にしてきたが、スーパーGT元年にダンロップにスイッチし、以後長年にわたり使用し続けることとなる。

2006年のタイヤメーカー別使用チーム

YHユーザーとしてスーパーGTに参戦を開始したKONDOレーシング
写真提供:Mさん
ブリヂストン

ニスモ(2台) ハセミ ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ サード クニミツ

ヨコハマ

つちや KONDO

ダンロップ

ナカジマ クラフト

2006年はブリヂストン勢の供給は変わらず10チームだが、トムスが2台体制から1台体制になり、台数は12台から11台に減っている。

ヨコハマ勢はJLOCがGT300へクラス変更したが、KONDOレーシングが加わり2チームのまま。

ダンロップ勢は一ツ山レーシングが撤退し、クラフトが2台体制から1台体制になったため、3チーム5台供給から2チーム2台供給へ変更になった。

2007年のタイヤメーカー別使用チーム

この年からスーパーGTに参戦したリアルはBSと契約を結ぶ
写真提供:Mさん
ブリヂストン

ニスモ(2台) ハセミ ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ サード クニミツ リアル

ヨコハマ

つちや KONDO

ダンロップ

ナカジマ クラフト

2007年はリアルレーシングが参戦を開始しブリヂストン勢に加入したため、11チーム12台体制になる。

ヨコハマ勢とダンロップ勢は2006年シーズンから変わらず。

2008年のタイヤメーカー別使用チーム

サードはこの年からDLユーザーになる
写真提供:Mさん
ブリヂストン

ニスモ(2台) ハセミ ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ クニミツ リアル クラフト

ヨコハマ

つちや KONDO

ダンロップ

ナカジマ サード

2008年はサードがブリヂストンからダンロップに変更し、入れ替わりでクラフトがダンロップからブリヂストンにチェンジしている。

2009年のタイヤメーカー別使用チーム

この年からMIがハセミと契約しスーパーGTに参入
写真提供:Mさん
ブリヂストン

ニスモ ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ クニミツ リアル クラフト

ヨコハマ

KONDO ノバ

ダンロップ

ナカジマ サード

ミシュラン

ハセミ

2009年は新たなタイヤ供給メーカーとしてミシュランが加入(全日本GT選手権の2004年以来)し、4メーカーとなった。

ブリヂストン勢はニスモが1台体制になり、ハセミモータースポーツが離脱したため、10チーム10台になる。

そのブリヂストン勢を離脱したハセミモータースポーツは新加入のミシュランを履く。

ヨコハマ勢はつちやエンジニアリングが離脱し、この年参戦を開始したノバエンジニアリングが加入。

ダンロップ勢は前年から変わらず。

2010年のタイヤメーカー別使用チーム

ブリヂストン

ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ クニミツ リアル クラフト

ヨコハマ

KONDO

ダンロップ

ナカジマ サード

ミシュラン

ニスモ

2010年は、ブリヂストン勢のニスモが離脱して9チーム体制に。

ヨコハマ勢はノバエンジニアリングが1年で撤退し、KONDOレーシングの1台での参戦になった。

ミシュラン勢はハセミモータースポーツがGT300にクラス変更したが、ニスモが加入する。

ダンロップ勢は変わらずナカジマレーシングとサードの2台供給。

次のページでは、2011年から2016年のタイヤメーカー別使用チームの推移を紹介します!

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

52人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS