人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

スーパーGT GT500 タイヤメーカー別使用チームの推移【2005-2021】

2011年のタイヤメーカー別使用チーム

この年からバンドウがGT500に参戦しYHと契約
ブリヂストン

ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ クニミツ リアル クラフト ニスモ

ヨコハマ

KONDO バンドウ

ダンロップ

ナカジマ

ミシュラン

サード モーラ

2011年はニスモがふたたびブリヂストンを履くことになり、ブリヂストン勢は10チーム体制になる。

ヨコハマ勢はGT300からステップアップしたレーシングプロジェクトバンドウが加入して、KONDOレーシングとの2台体制になる。

ダンロップ勢はサードが離脱してナカジマレーシングの1台に体制に。

そのサードはミシュラン勢に加わり、GT300からステップアップしたモーラとともにミシュラン勢は2台体制になった。

2012年のタイヤメーカー別使用チーム

ブリヂストン

ルマン ARTA インパル 童夢 トムス セルモ クニミツ リアル クラフト ニスモ

ヨコハマ

KONDO バンドウ

ダンロップ

ナカジマ

ミシュラン

サード モーラ

2012年シーズンはスーパーGT発足以来はじめて、タイヤメーカーの供給先に変化のないシーズンだった。

2013年のタイヤメーカー別使用チーム

トムスはこの年から2台体制になり両マシンともにBSを履く
写真提供:Mさん
ブリヂストン

ルマン ARTA インパル トムス(2台) セルモ クニミツ リアル サード

ヨコハマ

KONDO バンドウ

ダンロップ

ナカジマ

ミシュラン

モーラ ニスモ 童夢

2013年シーズンは、ブリヂストン勢から童夢とニスモが離脱し、変わりにサードが加入。

またクラフトがスーパーGTを撤退しブリヂストン勢から離脱するも、トムスが2台体制となり、ブリヂストン勢は8チーム9台体制となる。

そのサードが離脱したミシュラン勢は、ブリヂストン勢を離脱したニスモと童夢が加入して、参戦以来もっとも多い3チーム体制となった。

ヨコハマ勢、ダンロップ勢、ミシュラン勢に前年からの変化はなかった。

2014年のタイヤメーカー別使用チーム

ブリヂストン

ルマン ARTA インパル トムス(2台) セルモ クニミツ リアル サード

ヨコハマ

KONDO バンドウ

ダンロップ

ナカジマ

ミシュラン

モーラ ニスモ 童夢

2014年はタイヤメーカーの供給先に変化のないシーズンだった。

2015年のタイヤメーカー別使用チーム

2015年からドラゴコルセがスーパーGTに参戦しBS勢に加わる
2015年スーパーGT第2戦にて
ブリヂストン

ルマン ARTA インパル トムス(2台) セルモ クニミツ リアル サード ドラゴコルセ

ヨコハマ

KONDO バンドウ

ダンロップ

ナカジマ

ミシュラン

モーラ ニスモ

2015年シーズンは、ドラゴコルセがスーパーGTに参戦を開始し、ブリヂストンからタイヤ供給を受けた。

そのためブリヂストン勢は前年から1チーム増え、9チーム10台体制に。

また童夢がスーパーGTから撤退し、ミシュラン勢はモーラとニスモの2台体制になる。

ヨコハマ勢、ダンロップ勢に変化はなかった。

2016年のタイヤメーカー別使用チーム

参戦以来BSを装着するインパル
2016年スーパーGT第5戦にて
ブリヂストン

ルマン ARTA インパル トムス(2台) セルモ クニミツ リアル サード ドラゴコルセ

ヨコハマ

KONDO バンドウ

ダンロップ

ナカジマ

ミシュラン

モーラ ニスモ

2016年シーズンのタイヤ供給体制は、前年の2015年シーズンと同様だった。

次のページでは、2017年から2021年のタイヤメーカー別使用チームの推移を紹介します!

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

118人の購読者に加わりましょう
よかったらSNSでシェアお願いします!



奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US
大福
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。