人気記事 モータースポーツ撮影術シリーズ

フェラーリF2008【ミニカーで振り返るレーシングマシン59】激レア!?メタリックレッドのフェラーリF1マシン

1/43のミニカーを実車のように撮影し、実車の現役時代を紹介するこのコーナー、今回はフェラーリが2008年のF1に参戦するために開発した、フェラーリF2008を取り上げていきたいと思います。

マシンデータと戦績

まずはフェラーリF2008の主要諸元をチェック。

年式2008年
カテゴリーF1
チームフェラーリ
マシン名F2008
デザイナーアルド・コスタ
エンジンフェラーリ
Tipo056

つづいてフェラーリF2008の戦績を見てみる。

コンストラクターライコネンマッサ
シーズン順位1位3位2位
シーズンポイント172P75P97P
優勝8回2回6回
ポールポジション8回2回6回
ファステストラップ13回10回3回

超激レア!?メタリックレッドのフェラーリF1マシン

今回取り上げるフェラーリF2008は、メタリックレッドで塗装されている珍しいフェラーリF1マシンなのだ。

2006年までのフェラーリF1マシンはすべてソリッドの赤で塗装されていた。

しかし2007年モナコグランプリからフェラーリF2007がメタリックレッドに塗装される。

そして迎えた翌2008年。

このフェラーリF2008では若干明るさを増したが、同じくメタリックレッドで塗装されていた。

2009年のフェラーリF60ではふたたびソリッドの赤に戻るのだが、チーム代表のジャン・トッドは後年、メタリックカラーはマクラーレンに倣っているようで好きではなかったと語っている。

ちなみにフェラーリF2008といえば、フェリペ・マッサがワールドチャンピオンに限りなく近づいたマシンとして有名であるが、今回はキミ・ライコネンのマシンということで割愛。

詳しくはライバルマクラーレンMP4-23の項で詳しく説明しているので、そちらを参照されたい。

マクラーレンMP4-23【ミニカーで振り返るレーシングマシン58】ハミルトン初のチャンピオンマシン

フェラーリF2008のミニカーを実車のように撮る!

それでは1/43のフェラーリF2008を撮影していこうと思う。

もちろんテーマはいつものように、『実車のように撮る!』。

前年ワールドチャンピオンになったキミ・ライコネンが、唯一カーナンバー1を付けて戦ったマシン。

フロントウイングからリヤウイングの裏側まで、すべてメタリックレッドの塗装が施されたフェラーリF2008。

フロントノーズは前年のトヨタTF107をオマージュしたような形状。

そしてフロントウイング上面にはブリッジウイングが装着される。

2000年代のF1マシンは空力的に有利になるよう年々ロングホイールベース化が進んでいたが、2007年からは低速サーキットに対応するために一転ショートホイールに舵を取り、フェラーリもこのF2008からホイールベースを短縮している。

スターティンググリッドに移動。

奥に見えるのはライバルルイス・ハミルトンのマクラーレンのMP4-23。

フェラーリF2008をはじめとする当時のF1マシンは、幅の狭いフロントウイングに低いリヤウイングが特徴だった。

しかし翌2009年よりレギュレーションが変更され、チリトリ型と比喩された幅の広いフロントウイングに、幅が狭く背の高いリヤウイングになり、大きくマシンの形状が変化して、見るも無様な形状に・・・。

なかなか画像では表現できないが、この写真でわかるだろうか?

じつはフェラーリF2008、冒頭でも書いたとおり、メタリックレッドで塗装されている珍しいフェラーリF1マシンなのだ。

2007年からミハエル・シューマッハが引退し、当時の黄金期との差別化を図ったのかは定かではないが、ジャン・トッドと同じく私的にもあまり好きにはなれなかった。

やっぱりフェラーリといえば真紅でしょ!?

F1は2006年を最後にタバコ広告を規制したが、フェラーリはマールボロブランドで有名なフィリップモリス社との契約を延長させ、エンジンカバーやリヤウイングに大きくバーコードが描かれていて、マールボロを連想させていた。

しかしミニカーではそのバーコードすらも、タバコ規制の一環として再現されていなく、のっぺりとした寂しいデザインに・・・。

F1を彩ったタバコブランド20選

無数のエアロパーツが装着され複雑な形状のサイドポッド周辺。

当時のF1マシンはまさにエアロの化け物といったところか。

しかし激化するエアロパーツ戦争を受けて、翌2009年シーズンからレギュレーションで規制されることとなる。

以上、1/43のフェラーリF2008を実車のように撮影してみた。

今回登場したミニカー

今回撮影に登場したミニカーを紹介する。

【マテル製】フェラーリF2008

2008年ごろ発売したアメリカマテル製の通常ラインナップ。

【ixo製】マクラーレンMP4-23

デアゴスティーニのF1マシンコレクション35号で、製造はイタリアのixoが行なっている。

マクラーレンMP4-23【ミニカーで振り返るレーシングマシン58】ハミルトン初のチャンピオンマシン

【ixo製】トロロッソSTR3

デアゴスティーニのF1マシンコレクション33号で、製造はイタリアのixoが行なっている。

トロロッソSTR3【ミニカーで振り返るレーシングマシン】vol.52 ベッテル初優勝&トロロッソ唯一の優勝マシン

最後に

このフェラーリF2008は、シェイクダウンから他のマシンを凌駕する速さを見せていた。

シーズンでもポールポジションが8回で、ファステストラップに至っては13回と、速さに関しては全マシンで随一であったが、シーズン中は終始マシントラブルに悩まされた。

取りこぼしの多かったシーズンだったが、それでもマッサがドライバーズ選手権で1ポイント差まで迫り、コンストラクターズタイトルは獲得することができた。

しかしこのシーズンを最後にフェラーリは低迷を続けることになり、これ以降(2020年現在)ドライバーズならびにコンストラクターズタイトルの獲得には至っていない。

以上、今回は1/43のフェラーリF2008を実車のように撮影し、実車の現役時代を振り返ってみた。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【まとめ】ミニカーで振り返るF1マシン

ミニカー記事一覧は下のボタンをクリック

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

31人の購読者に加わりましょう

関連記事

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

アバター
ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS