人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

【新人の当たり年は何年?】F1デビューシーズン別ドライバー生涯成績表(1990年代編)

F1には毎年新人ドライバーが参戦をする。

デビューからトップチームに所属するドライバーもいるが、大抵は下位チームでデビューし、のちにトップチームに移籍したキャリア中盤以降に活躍する者も少なくない。

そう、成功するかどうかは数年後に分かるのだ。

そこで今回は、『F1デビューシーズン別ドライバー成績表』と題し、1990年代にデビューした新人のその後の活躍をシーズン毎に見てみた。

はたして新人の当たり年は、何年のシーズンだったのか?

表の説明
・チャンピオン獲得ドライバーを赤字で、優勝ドライバーを太字で記載
・ドライバーの成績は2020年シーズン終了時

1990年デビュードライバーの生涯成績

ドライバー出走PP優勝表彰台FLpts
G.ブラバム200000
D.ブラバム2400000
J.モルビデリ7000108.5
C.ランジェス1400000

1990年にデビューしたF1ドライバーは4人。

この中で出世頭はジャンニ・モルビデリで、フットワークに所属していた1995年に最終戦のオーストラリアグランプリにて3位表彰台を獲得した。

しかしF1で優勝を記録したドライバーはおらず、1990年の新人は・・・すみませんハズレ年でした。

1991年デビュードライバーの生涯成績

ドライバー出走PP優勝表彰台FLpts
E.ヴァン・デ・ポール2900000
K.ヴェンドリンガー42000014
E.コマス6300007
A.ザナルディ4400001
M.シューマッハ3086891155771566
P.チャベス1300000
M.バーテルス400000
M.ハッキネン16526205125420
服部尚貴200000
F.バルバッツァ2000002
M.ブランデル63003032

前年から一転、1991年シーズンは新人豊作の年だった。

この年ジョーダンからデビューしたミハエル・シューマッハ

まずは、ミハエル・シューマッハがジョーダンから予選7位というセンセーショナルなデビューを果たす。

その後はご存知のとおり翌戦からベネトンに移籍して、チームメイトのネルソン・ピケを引退に追いやり、同時にアイルトン・セナやナイジェル・マンセル、アラン・プロストなどの当時のトップドライバーを脅かす存在になる。

そして1994年にセナなきF1の主役となりチャンピオンを獲得すると、1995年も連覇。

1996年にフェラーリに移籍すると、2000年からフェラーリ最強の黄金期最大の立役者として通算7度の世界チャンピオンを獲得することになる、F1界きってのレジェンドドライバーとなった。

そしてもうひとりがミカ・ハッキネン。

彼は当時下位チームだったロータスからデビューし、1993年に低迷期のマクラーレンに移籍するも、1998年にマクラーレンMP4-13を駆り、自身初のワールドチャンピオンを獲得すると、1999年も連覇。

最強ミハエル・シューマッハが認める最大のライバルとして、その名を刻んだ名ドライバーだった。

ということで1991年は、ふたりの世界チャンピオンを生み出した、新人超豊作の年だった。

1992年デビュードライバーの生涯成績

1992年にデビューしたデーモン・ヒル
2018年日本GPにて
ドライバー出走PP優勝表彰台FLpts
ジョバンナ・アマティ300000
片山右京9700005
A.キエーザ1000000
E.ナスペッティ600000
D.ヒル12220224219360
C.フィッティパルディ43000012
P.ベルモンド2700000
P.マッカーシー1100000

1991年に続き1992年もその後のワールドチャンピオンを生み出した年になった。

その名はデーモン・ヒル。

往年のチャンピオンであるグラハム・ヒルの息子として、最晩年のブラバムからデビューしたヒルだったが、走らないマシンでは光る走りを見せることができなかった。

しかし翌1993年にアラン・プロストのチームメイトとして当時最強のウィリアムズ入りを果たすと、時折プロストを凌ぐドライビングを見せる。

1994年、1995年とミハエル・シューマッハとチャンピオンを賭けて戦うも敗れるが、1996年に悲願のチャンピオンを獲得した。

1993年デビュードライバーの生涯成績

ドライバー出走PP優勝表彰台FLpts
E.アーバイン14804261191
M.アピチェラ100000
M.アンドレッティ1300107
J =マルク・グーノン900000
鈴木利男200000
L.バドエル5800000
R.バリチェロ32614116817658
P.ラミー3200001

1993年は、ふたりのベストセカンドドライバーが誕生した年だった。

まずは通算勝利数は4回のエディ・アーバイン。

彼はジョーダンからデビューした後にフェラーリに移籍すると、上り調子のチームとともにミハエル・シューマッハをガッチリとガードしセカンドドライバーの役に徹し、シューマッハが負傷し欠場した1999年シーズンの後半にはミカ・ハッキネンとチャンピオンを賭けて争った。

そしてもうひとりがルーベンス・バリチェロ。

バリチェロもまたアーバインと同様にジョーダンからデビューし、スチュワートを経てからアーバインの後継としてフェラーリ入り。

アーバイン同様にシューマッハのセカンドドライバーとして、時には優勝を譲るなど、チームに貢献し、通算11回の優勝を記録している。

ということで1993年も新人豊作の年だった。

次のページでは、1994年以降にデビューしたドライバーの生涯成績を紹介します。

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

52人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS