現役F1ドライバー20人の歴代チームメイト対決vol.1

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

F1は各チーム2台のマシンを走らせます。

そのマシンに乗る2名のドライバーは協力しあって、チームのために貢献を・・・いやいや、究極のモータースポーツであるF1は、同じマシンに乗るチームメイトが最大のライバルなのです。

そこで今回は、2020年のF1に参戦する全20名のドライバーの過去を振り返り、歴代のチームメイトとの勝敗をシーズンポイントで比べてみたいと思います。

それではカーナンバー順に見ていきます。

今回のvol.1はダニエル・リカルド選手、ランド・ノリス選手、セバスチャン・ベッテル選手、ニコラス・ラティフィ選手、キミ・ライコネン選手、ロマン・グロージャン選手、ピエール・ガスリー選手の7名です。

歴代チームメイト対決のルール
  • フル参戦したシーズンを対象とする(ケガやペナルティーで数戦離脱した場合は含む)
  • チーム移籍等でチームメイトが変更になった場合、チームメイトのポイントはシーズンポイントではなく、当該ドライバーと同チーム時のポイントとする

【3】ダニエル・リカルド歴代チームメイト対決

2019年日本GPにて
年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
2012
トロロッソ
10P×ベルニュ
16P
2013
トロロッソ
20Pベルニュ
13P
2014
レッドブル
238Pベッテル
167P
2015
レッドブル
92P×クビアト
95P
2016
レッドブル
256Pクビアト
21P

フェルスタッペン
191P
2017
レッドブル
200Pフェルスタッペン
168P
2018
レッドブル
170P×フェルスタッペン
249P
2019
ルノー
54Pヒュルケンベルグ
37P

ダニエル・リカルド選手は、2011年の第9戦からヒスパニアレーシングでデビューし、2012年にトロロッソからフル参戦を開始しました。

フル参戦1年目は、同じく初のフル参戦となるベルニュ選手を予選ではほとんど上回っていましたが、ポイントで負けてしまいます。

しかし翌年は安定的にポイントを稼ぎ、2014年からはレッドブルへ昇格し、その初年度でベッテル選手を大きく上回るポイントを稼ぎ、レッドブルのエースになるまでに成長しました。

現在は非常に評価の高いドライバーであるフェルスタッペン選手ですが、若手時代(現在も十分に若いが)は粗さが目立ち、対するリカルド選手は安定感が勝っていて、シーズンを通してのポイントはリカルド選手が上回っていました。

しかし2018年は相次ぐマシンのトラブルで完走もままならない状態の中、成長したフェルスタッペン選手にシリーズポイントで破れると、2019年に約37億円の契約で中堅チームのルノーに移籍します。

そのルノーではマシンの性能が劣り中団での戦いながらも、ヒュルケンベルグ選手を上回るポイントを稼ぎました。

【4】ランド・ノリス歴代チームメイト対決

2019年日本GPにて
年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
2019
マクラーレン
49P×サインツ
96P

2019年にデビューしたランド・ノリス選手は、マシントラブルもありチームメイトのサインツ選手を相手にポイントでは大きく水をあけられましたが、予選ではイーブンと速さは相当なものです。

F1で成功をおさめたレーシングドライバーでも、1年目から経験豊富なチームメイトを相手にして決勝で大きく差をつけたドライバーは数少なく、予選で速さを見せたドライバーが経験とともに決勝でも安定感が増し成績が向上していくため、ノリス選手もこれからが期待ですね。

【5】セバスチャン・ベッテル歴代チームメイト対決

2019年日本GPにて
年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
2008
トロロッソ
35Pブルデー
4P
2009
レッドブル
84Pウェバー
69.5P
2010
レッドブル
256Pウェバー
242P
2011
レッドブル
392Pウェバー
258P
2012
レッドブル
281Pウェバー
179P
2013
レッドブル
397Pウェバー
199P
2014
レッドブル
167P×リカルド
238P
2015
フェラーリ
278Pライコネン
150P
2016
フェラーリ
212Pライコネン
186P
2017
フェラーリ
317Pライコネン
205P
2018
フェラーリ
320Pライコネン
251P
2019
フェラーリ
240P×ルクレール
264P

2007年にBMWザウバーから負傷したクビサ選手の代役として第7戦のアメリカグランプリでF1にデビューすると、そのレースでいきなり8位入賞をして、当時の最年少入賞記録を樹立します。

その後、第11戦からトロロッソのレギュラードライバーになり、2008年からフル参戦を開始します。

すると性能の劣るトロロッソのマシンで、第14戦のイタリアグランプリでポールトゥーフィニッシュを決めてみせ、ベッテル選手はスター街道を進むことになります。

2009年にレッドブルに昇格すると、当時のエースだったウェバー選手を上回る成績をおさめます。

2010年から2013年は4年連続でワールドチャンピオンに輝き、ウェバー選手を大きく引き離します。

そういえば当時、F1界のボスであったバーニー・エクレストン氏のお気に入りのドライバーでしたね。

しかし2014年にトロロッソから昇格してきたリカルド選手に、70ポイント以上の差をつけられて大敗し、その年を最後に4年連続でチャンピオンになったレッドブルを離れフェラーリに移籍します。

フェラーリでは気の合うライコネン選手を相手に、予選決勝とも常に上回る成績でした。

しかし2019年、ライコネン選手に代わるチームメイトのルクレール選手に及ばず、焦りからかスピンを繰り返す姿を見て、ピークは過ぎたのでは、という声も上がっています。

【6】ニコラス・ラティフィ歴代チームメイト対決

年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
2020年デビューのため過去のデータ無し

2020年に名門ウィリアムズからデビューするニコラス・ラティフィ選手。

2020年唯一の新人は、初めてのチームメイトとなる評価の高いラッセル選手を相手に、どのような戦いを見せるのか注目です。

【7】キミ・ライコネン歴代チームメイト対決

2019年日本GPにて
年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
2001
ザウバー
9P×ハイドフェルド
12P
2002
マクラーレン
24P×クルサード
41P
2003
マクラーレン
91Pクルサード
51P
2004
マクラーレン
45Pクルサード
24P
2005
マクラーレン
112Pモントーヤ
60P

デ・ラ・ロサ
4P

ヴルツ
6P
2006
マクラーレン
65Pモントーヤ
26P

デ・ラ・ロサ
19P
2007
フェラーリ
110Pマッサ
94P
2008
フェラーリ
75P×マッサ
97P
2009
フェラーリ
48Pマッサ
22P

バドエル
0P

フィジケラ
0P
2012
ロータスF1
207Pグロージャン
96P

ダンブロシオ
0P
2013
ロータスF1
183Pグロージャン
132P
2014
フェラーリ
55P×アロンソ
161P
2015
フェラーリ
150P×ベッテル
278P
2016
フェラーリ
186P×ベッテル
212P
2017
フェラーリ
205P×ベッテル
317P
2018
フェラーリ
251P×ベッテル
320P
2019
アルファロメオ
43Pジョビナッツィ
14P

2001年にデビューした大ベテランのライコネン選手は、以外にも若い頃はハイドフェルド選手やクルサード選手に負けています。

というのもライコネン選手はF3すらも経験することなくF1にデビューしたため、最初の数年は学習の時期でした。

F1マシンに慣れてからは、そのクルサード選手にもポイントで上回り、モントーヤ選手にも大勝します。

まあモントーヤ選手は、少々やる気が失せていた時期ですが・・・。

フェラーリに移籍してからは、マッサ選手を相手にほぼ互角の勝負をしますが、アロンソ選手にシートを奪われ一時F1を離れます。

2012年にロータスF1から復帰してからは、グロージャン選手をポイントで大きく上回り、その実力が評価され(圧倒的な人気も評価され)フェラーリに復帰し、アロンソ選手とファンにとっては夢のラインナップが実現します。

しかし2014年のフェラーリF14 Tは近年稀に見る失敗作で、優勝もさることながらアロンソ選手が表彰台に1度上がったのみという燦々たる結果で、ライコネン選手は、アロンソ選手の約3分の1のポイントしか稼げない有様でした。

翌2015年から2018年まではベッテル選手がチームメイトになりますが、ライコネン選手の成績はベッテル選手に遠く及ばない4年間でした。

2019年からアルファロメオに移籍し、40歳も間近になりピークは過ぎたライコネン選手ですが、決勝でベテランらしい老練な戦いをして多くのポイントを稼ぎ、まだまだ若手のジョビナッツィ選手より実力があることを証明した結果でした。

【8】ロマン・グロージャン歴代チームメイト対決

2019年日本GPにて
年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
2012
ロータスF1
96P×ライコネン
207P
2013
ロータスF1
132P×ライコネン
183P

コバライネン
0P
2014
ロータスF1
8Pマルドナド
2P
2015
ロータスF1
51Pマルドナド
27P
2016
ハース
29Pグティエレス
0P
2017
ハース
28Pマグヌッセン
19P
2018
ハース
37P×マグヌッセン
56P
2019
ハース
8P×マグヌッセン
20P

2012年にデビューしたロマン・グロージャン選手は、速いがクラッシュがめっぽう多いドライバーで、所属したロータスF1は良いマシンでしたが、ライコネン選手に遠く及ばない成績でした。

その後チームメイトとなったマルドナド選手や、ハースに移籍してからのグティエレス選手には大勝しましたが、現在はマグヌッセン選手を相手に劣勢の戦いが続いています。

【10】ピエール・ガスリー歴代チームメイト対決

2019年日本GPにて
年度
チーム
ポイント勝敗チームメイト
201829Pハートレイ
4P
2019
レッドブル

トロロッソ
95P×フェルスタッペン
181P

クビアト
10P

2018年にトロロッソからF1フル参戦を開始したピエール・ガスリー選手。

開始初年度のチームメイトはWECのポルシェなどで活躍したハートレイ選手でしたが、ガスリー選手は予選決勝ともチームメイトに対して大差をつけて完勝しました。

翌2019年はレッドブルに昇格しましたが、特殊なマシンに手を焼きチームメイトのフェルスタッペン選手を相手に大幅に遅れをとり、第13戦のハンガリーグランプリ以降はトロロッソに戻されます。

すると第13戦からシーズン終了にかけて32ポイントを稼ぎ、チームメイトのクビアト選手の10ポイントに対して大きく勝ち越しました。

以上、今回は7名のF1ドライバーの歴代チームメイト対決について書いてみました。

No.ドライバーチームメイト
勝敗
3ダニエル・リカルド5勝3敗
4ランド・ノリス0勝1敗
5セバスチャン・ベッテル10勝2敗
6ニコラス・ラティフィ0勝0敗
7キミ・ライコネン9勝8敗
8ロマン・グロージャン4勝4敗
10ピエール・ガスリー1勝1敗

次回のvol.2は、セルジオ・ペレス選手、シャルル・ルクレール選手、ランス・ストロール選手、ケビン・マグヌッセン選手、アレクサンダー・アルボン選手、ダニール・クビアト選手、エステバン・オコン選手の7名の歴代チームメイト対決を書いていきますので、よかったら下の水色のボタンをクリックしてください。

現役F1ドライバー20人の歴代チームメイト対決vol.2

2020年3月9日

関連記事

記事がイイねと思ったらクリック!

SNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS