SUZUKA Sound of ENGINE 2019 観戦記vol.2 F1ブームを再現?グリッドウォーク編

モータースポーツ中毒者のぴぴと申します。

今回も前回に引き続きSUZUKA Sound of ENGINE 2019の観戦記で、グリッドウォークの様子をたくさんの写真とともに紹介していきたいと思います。

ちなみにVol.1はこちら

SUZUKA Sound of ENGINE 2019 観戦記vol.1 伝説の6輪タイレルが登場!

2019年11月20日

憧れのマシンを間近で撮影!

2コーナー内側の激感エリアでヒストリックF1マシンを撮影し、次はホームストレートで行われるグリッドウォークまで10分のインターバルということで、同じく2コーナー内側で撮影していたファンが一気に居なくなる。

またしてもセナさんに遭遇!

そして皆がパドックまで一気に駆け上がり、私もなんとかグリッドウォークの順番待ちの列に間に合った。

スーパーGTやスーパーフォーミュラのグリッドウォークは高価なため手が出ず、両カテゴリーのピットウォークでは狭いピットにファンが群がり、ピットの中のマシンを撮影するのも一苦労。

ましてやレースクイーンのキレイなおねえさんの撮影もしなくてはならない??ので、マシン撮影はなかなか厳しい。

レースクイーン記事一覧

その点SUZUKA Sound of ENGINEはグリッドで四方八方から撮影できて、本当に嬉しい。

さあ数十分間の戦い?が始まる・・・。

ティレル019 #3 中嶋悟

まずはF1ブーム世代の憧れ、ティレル019に多くのファンが群がっている。

ティレル019は、アンヘドラルウィングと呼ばれたフロントウイングが最高にカッコいい。

このノーズもドルフィンノーズと称され素晴らしいデザイン!

コクピット前方には中嶋悟氏のサイン、日付は2016.11.18・・・SUZUKA Sound of ENGINE 2016で中嶋悟氏が息子さんの中嶋大祐選手とともに、ティレル019でランデブー走行した時のものだ。

明日は『SUZUKA Sound of ENGINE』 昨年のイベントを振り返る

2017年11月17日

ロータス101 #12 中嶋悟

続いても中嶋悟氏が乗ったマシン、1989年のロータス101。

1989年雨のオーストラリアグランプリで、ファステストラップを連発してウィリアムズを追い上げた伝説のマシンだ。

そのオーストラリアグランプリの64ラップ目に出したタイムが、日本人初のファステストラップ記録だったことから、ナカジマレーシングのカーナンバーが64になったことはあまりにも有名。

【レーシングチーム紹介】第2弾 Nakajima Racing(ナカジマレーシング)

2019年4月28日

現役当時同様ジャッドエンジンが不調で、SUZUKA Sound of ENGINEでは例年走行できなかったが、今回は白煙を上げながらもエンジン音を聴かせてくれたのが嬉しかった。

このマシンにも中嶋悟氏のサインが書き込まれ、現オーナーも中嶋悟に憧れたF1ブーム世代なのだろう。

ティレルP34 #3 ロニー・ピーターソン

そしてグリッド後方に歩いていくと、大勢のファンが取り囲んでいるマシンを発見!

この中へ飛び込んで行くのにはかなり勇気がいったが、当然今回の目玉である6輪たいれることティレルP34を間近で観てみたく、突入を決意!

出たー!!!

憧れのティレルP34だ〜

最前列までなんとかたどり着き、ローアングルから。

カッコ良すぎるでしょ!!

このマシンの代名詞である10インチの小径フロントタイヤ。

そしてスポーツカーノーズ。

リヤに回り込んで・・・この絵もかなりエロくない?

ティレルP34は1976年から1977年に渡り使用され、その間多くのバリエーションがある。

その中で1976年型のエンジンむき出しではなく、1977年型はエンジンがカウルで覆われて、カラーリングも前年のブルーにイエローラインからブルーとホワイトのツートンカラーになり、私が最も好きなタイプだ。

晩年はフロントタイヤのトレッドが拡大され、スポーツカーノーズからはみ出して見た目に難が出たが、このマシンはしっかり収まっているタイプのものだ。

ティレルP34コレクターで知られる、元F1ドライバーのピエルルイジ・マルティニ氏が所有する個体だけあり、保存状態も完璧!

今まではプラモデルやミニカーでしか見たことはなかったが、初めて実車を間近で観て、あらためて史上最も美しいF1マシンのうちの1台だと確信したのであった。

1/43 ティレル P34 (1977) ミニカーコレクションvol.3

2018年6月11日

ウィリアムズFW12 #5 ナイジェル・マンセル

前述のティレルP34とともに、今回のSUZUKA Sound of ENGINE 2019で初めて披露されたのがウィリアムズFW12だ。

ホンダエンジン搭載のFW11は、ホンダコレクションホールで観ることができるが、このジャッドエンジン搭載車両は日本国内では希少な存在。

ホンダコレクションホールで日本モータースポーツの宝を見てきた!【ホンダF1第2期編】

2019年9月3日

レッド5からナイジェル・マンセル氏がドライブしたマシンだとすぐにわかる。

ステアリングやダッシュボードは、今のF1マシンとは違い非常にシンプル。

以前にも書いたことがあるが、個人がドンガラではなく動くF1マシンを所有する場合、メーカー系エンジン搭載マシンは非常にハードルが高くなる。

F1マシンの購入をお考えの方必見! 中古F1マシンの相場を公開します!!

2018年5月20日

その点名門ウィリアムズのなかで、1987年までのホンダエンジン時代と1989年からのルノーエンジン時代のはざまである1988年のこのFW12は、珍しいカスタマーエンジン搭載マシンであり、個人所有が実現できたのかもしれない。

実際にはこのマシンの所有者は知らないが・・・。

ベネトンB189 #19 アレッサンドロ・ナニーニ

1989年日本グランプリと聞いてファンが思い出すのは、シケインでのセナとプロストの接触だが、そのレースで優勝したのがこのベネトンB189を駆るアレッサンドロ・ナニーニ氏だった。

2000年代にフェラーリで一時代を築いたデザイナーのロリー・バーン氏が、ごく初期にデザインしたマシンがこのベネトンB189だが、エアインテークがサイドポンツーンの上に配置されていたり、一枚もののフロントウイングや、尖った形状のフロントノーズなど、随所に他のマシンとは違う特徴が見られる、特徴的な車両であったことが伺える。

その他のF1マシン

その他クラシックF1マシンとしては、JPS時代のロータス78と88B、SUZUKA Sound of ENGINE常連のブラバムT86とアルファロメオ179C、最近日本人が購入したのかクラシックF1イベントでよく見かけるAGS JH23などが登場した。

以上、SUZUKA Sound of ENGINE 2019グリッドウォーク編はここまで、次回は午後に行われたクラシックF1マシンの模擬レースや、ティレルP34のデモ走行の模様を記事にします。

関連記事(一部広告含む)

SNSでシェアお願いします!




サーキットでの興奮をあなたに伝えたい
MOTORSPORT観戦記

サーキットは非日常を味わえる特別な空間です。そんな素晴らしいモータースポーツの世界を、ひとりでも多くの方に伝えたい・・・。そんな思いでMOTORSPORT観戦記と題し、記事に認めました。







奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS