人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

フェラーリドライバーNo.1は誰だ?在籍時の優勝回数トップ10(1950-2021)

フェラーリといえばF1がはじまった1950年から参戦している唯一のチームで、当然優勝回数もF1チームの中でもっとも多く、これまでに238回の勝利をあげている。
※2021年終了時点

さて、そのフェラーリに多くの勝利をもたらしたのはどのドライバーなのか?

そこで今回は、フェラーリ在籍時の勝利数をランキング形式で発表したいと思う。

【第9位タイ】ジル・ヴィルヌーヴ

6勝

在籍期間・・・6年(1977-1982)

フェラーリ在籍時の勝利数第9位は2人いるが、そのひとりが伝説のフェラーリドライバーであるジル・ヴィルヌーヴで、6度の優勝を記録している。

ヴィルヌーヴ在籍時代のフェラーリは低迷期だったが、アクセルを大胆に踏みカウンターステアを当てながらその戦闘力のないマシンを振り回すドライビングでレースを戦い、記録よりも記憶に残るドライバーとして現代も語り継がれている。

フェラーリ在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
1197816カナダ
219793南アフリカ
319794アメリカ西
4197915アメリカ東
519816モナコ
619817スペイン

【第9位タイ】ジャッキー・イクス

6勝

在籍期間・・・4年(1968 1970-1972)

ヴィルヌーヴとともにフェラーリに6回の勝利をもたらしたのがジャッキー・イクス。

ル・マン24時間6度の優勝から『ル・マンキング』と呼ばれ、耐久レースのイメージが強いイクスだが、F1のフェラーリでも活躍した過去がある。

フェラーリ在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
119686フランス
219709オーストリア
3197011カナダ
4197013メキシコ
519714オランダ
619728ドイツ

【第8位】ルーベンス・バリチェロ

9勝

在籍期間・・・6年(2000-2005)

2000年代のフェラーリ最大の黄金期に、ミハエル・シューマッハとともに活躍したルーベンス・バリチェロは、フェラーリに9度の優勝をもたらしている。

だが当時はシューマッハの完全No.2ドライバーとして契約していたため、チームオーダーによりシューマッハに勝利を譲るレースがたびたび見られた。

フェラーリ在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
1200011ドイツ
220029ヨーロッパ
3200213ハンガリー
4200215イタリア
5200216アメリカ
6200311イギリス
7200316日本
8200415イタリア
9200416中国

【第7位】キミ・ライコネン

2019年日本GPにて

10勝

在籍期間・・・8年(2007-2009 2014-2018)

フェラーリでの優勝回数第7位は、10勝のキミ・ライコネンだった。

ミハエル・シューマッハの後任として2007年にフェラーリ入りしたライコネンは、この年6勝して初の年間王者に輝いている。

2009年を最後にフェラーリそしてF1を引退してWRCに移籍したライコネンだが、2012年にロータスF1チームからF1に復帰すると、その活躍が認められ2014年にフェラーリに復帰した。

その第2期フェラーリ時代はエースのセバスチャン・ベッテルの陰に隠れるレースが多くあったが、2018年アメリカグランプリで生涯最後の優勝を飾った。

フェラーリ在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
120071オーストラリア
220078フランス
320079イギリス
4200714ベルギー
5200716中国
6200717ブラジル
720082マレーシア
820084スペイン
9200912ベルギー
10201818アメリカ

次のページでは、フェラーリでの優勝回数6位以上のドライバーが登場!

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

58人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS