人気記事:『ミニカーで振り返るF1マシン』シリーズ

マクラーレンドライバーNo.1は誰だ?在籍時の優勝回数トップ10(1966-2021)

F1界の名門チームであるマクラーレンは、1966年の初参戦以来、138勝という多くの勝利をあげてきた。
※2021年シーズン終了時点

その138回の勝利はどのドライバーによって、チームにもたらされたものなのか?

そこで今回は、マクラーレンでの勝利数の多いドライバー10人を、ランキング形式で見ていきたいと思う。

【第10位】デニス・ハルム

6勝

在籍期間・・・7年(1968-1974)

マクラーレンでの優勝回数で10位にランクインしたのはデニス・ハルム。

チームの創設者であるブルース・マクラーレンと同郷のハルムは、マクラーレンのチームメイトとして1968年に加入した。

1970年にマクラーレンが事故でこの世を去った後もチームに残り、長くエースドライバーとして活躍し、8回の優勝をチームにもたらした。

マクラーレン在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
119689イタリア
2196810カナダ
3196911メキシコ
419722南アフリカ
519737スウェーデン
619741アルゼンチン

【第8位タイ】ジェンソン・バトン

8勝

在籍期間・・・8年(2010-2017)

マクラーレンでの優勝回数第8位は二人いるが、そのひとりがジェンソン・バトン。

バトンは2009年にブラウンGPでチャンピオンを獲得した翌年にマクラーレンに加入した。

チームメイトのルイス・ハミルトンに速さでは敵わなかったたが、レースでは巧みなレース運びでチームメイトと互角に渡り歩き、マクラーレンで通算8勝をあげている。

マクラーレン在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
120102オーストラリア
220104中国
320117カナダ
4201111ハンガリー
5201115日本
620121オーストラリア
7201212ベルギー
8201220ブラジル

【第8位タイ】ニキ・ラウダ

出典:autosport Web

8勝

在籍期間・・・4年(1982-1985)

同じくマクラーレンで8勝をあげて第8位に入ったのが、伝説のチャンピオンであるニキ・ラウダ。

ラウダは1979年を最後にF1を離れるが、1982年にマクラーレンから復帰して4年間を過ごし、1984年には同チームで5勝して、キャリア最後となる3度目のチャンピオンを獲得している。

マクラーレン在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
119823アメリカ西
2198210イギリス
319842南アフリカ
419845フランス
5198410イギリス
6198412オーストリア
7198414イタリア
8198511オランダ

【第7位】ジェームス・ハント

ハントがチャンピオンを獲得した1976年仕様のM23
富士スピードウェイ50周年イベントにて

9勝

在籍期間・・・3年(1976-1978)

第7位はイギリスのジェームス・ハントが入った。

1976年にマクラーレンに加入したハントは、デビューから4年目を迎えていた名車M23との相性がよく、この年にフェラーリのニキ・ラウダと死闘の末に6勝をあげてチャンピオンに輝いている。

ハントは1978年までの3年間しか在籍していないが、短い期間にマクラーレンで9回の勝利をあげている。

マクラーレン在籍時の優勝レース一覧

勝利順Rd.グランプリ
119764スペイン
219768フランス
3197610ドイツ
4197612オランダ
5197614カナダ
6197615アメリカ東
7197710イギリス
8197715アメリカ東
9197717日本

名門マクラーレンで、さらに多く優勝しているドライバーはだれだ?

つづきは次のページからご覧ください!

面倒ですがポチッとお願いします

自動車レースランキング

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

58人の購読者に加わりましょう

よかったらSNSでシェアお願いします!




奥が深いモータースポーツ撮影の世界
MOTORSPORT撮影術

モータースポーツ撮影歴18年。腕に覚えは全く無いが、知識だけは豊富なワタクシぴぴが、レース撮影について偉そうに解説します。




コメントを残す

ABOUT US

ぴぴ
モータースポーツをこよなく愛す、セナプロ世代の四十代。 サーキット観戦デビューは、1996年フォーミュラニッポン第7戦の富士スピードウェイ。ど迫力のエキゾーストノートとタイヤの焼ける匂いを実感し、それまでテレビでしか観戦してこなかった事を悔やむ。以降、F1・WEC・スーパーGT・スーパーフォーミュラなどを富士スピードウェイ・鈴鹿サーキットを中心に多数観戦する。 一眼レフデビューは2001年頃、CANON EOS7(フィルム機)。腕に覚えは全くないが、年数だけはそこそこ長い。 【一眼レフ遍歴】 CANON EOS 7 → CANON EOS kiss N → CANON EOS 60D → CANON EOS 7D MarkⅡ → CANON EOS 5D MarkⅣ & SONY α7R Ⅲ 【所有カメラ】 CANON EOS 5D MarkⅣ SONY α7R Ⅲ SONYサイバーショット DSC-RX1R 【所有レンズ】 CANON EF100mm-400mm f/4.5-5.6L IS Ⅱ USM CANON EF70-200mm f/2.8L IS Ⅱ USM CANON EF24mm-70mm f/4L IS USM CANON EF50mm f/1.2L USM CANON EF85mm f/1.4L IS USM SONY FE24-105mm F4 G OSS